ホーム >Blog > セラミックよりも銀歯の方が硬いので、銀歯にするべきですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

セラミックよりも銀歯の方が硬いので、銀歯にするべきですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「セラミックの硬さは問題があるのか」です。
セラミックの材質は陶器、銀歯の材質は金属…これらを比較すると銀歯の方が硬いように思えます。

確かに単純な強度においては銀歯の方が優れており、セラミックは欠けたり割れたりすることがあります。
と言うことは、詰め物や被せ物はセラミックよりも銀歯にした方が良いのでしょうか?
実際にはそうとは言えないですし、またセラミックの強度においても問題があるわけではありません。

硬いセラミック

最近はセラミックも強度に長けてきており、オールセラミックも充分な硬さを誇ります。
確かにあまり強い力で噛むと欠けたり割れたりすることがありますが、それは余程強く噛んだ場合です。
また、セラミックの中にはより硬さにこだわったタイプもあり、
それらを選ぶことで銀歯同様、もしくはそれ以上に硬くなります。

メタルボンド

メタルという名前から連想できるとおり、一部金属を使用したセラミックです。
見える外側はセラミックになっていますが、見えない裏側が金属で仕上げられているのです。
これによってセラミックの美しさを誇りつつ、なおかつ金属の硬さを実現しています。

ジルコニアセラミック

ジルコニアはダイヤモンドの代わりに用いられるほど硬く、硬すぎると表現されることがあるほどです。
硬い上に100%セラミックなので金属を一切使用しておらず、このため金属アレルギーも起こりません。
ジルコニアセラミックは近年登場した新しいタイプのセラミックです。

ハイブリッドセラミック

硬いというわけではないですが、レジンが混ざっていることで柔軟性に長けています。
100%セラミックでない分費用も安く、お手軽なセラミックとして位置づけられています。
審美性においてはオールセラミックに劣りますが、充分なセラミックの美しさを誇ります。

…こうしたタイプのセラミックを選択することで、欠けや割れのリスクを減らすことができます。
特に硬さに優れてジルコニアセラミックなら、安心して奥歯に使用することができるでしょう。

硬さ以外の重要なポイント

そもそも詰め物や被せ物に重要なのは硬さだけではありません。
虫歯の治療跡でもある詰め物や被せ物は人に見られたくない箇所でもあり、
その意味でも審美性の高さはとても大切です。

また、詰め物や被せ物は治療した歯を守るために覆っているため、
歯を守る役割を果たせなければ意味がありません。
しかし、銀歯の場合はこれら2つにおいてセラミックに大きく劣っているのです。
その理由を以下で説明していきます。

審美性の問題

銀歯は健康保険が適用されるだけあって、あくまで最低限の治療の範囲です。
このため審美性には一切こだわっておらず、目立つ銀歯にコンプレックスを抱く方がいるほどです。
その点セラミックは見た目が美しく、特にオールセラミックは天然の歯と変わらないほどの美しさを誇ります。
白いだけでなく光沢もあるため、パッと見るだけでは詰め物や被せ物だと分かりません。

 歯を守る問題

銀歯はそもそも歯と接着する材質ではなく、専用のセメントによって接着させています。
このため、長く使用しているとセメントが弱まってしまい、覆った歯との間に隙間が生じてしまうのです。
そうすると隙間から細菌が入り込み、虫歯の再発が起こってしまうのです。
一方セラミックはそういった接着の剥がれもなくプラークも付着しにくいため、二次虫歯を予防できるのです。

セラミックの種類について

セラミックにはいくつかの種類があり、その中から希望のタイプを選ぶことができます。
このため、それぞれのセラミックの種類ごとの特徴を知っておくことも大切です。
最も美しいのはオールセラミックで、光沢のある白さを誇っている上に長持ちします。

さらにレジンを混ぜたハイブリッドセラミック、一部金属を使用したメタルボンドというタイプがあります。
ちなみに今回のテーマのように硬さを重視する場合は、
セラミックの中でも最も硬いジルコニアセラミックを選択すると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックの硬さは問題があるのかについてまとめます。

1. 硬いセラミック :メタルボンドは一部金属を使用、ジルコニアセラミックは硬すぎると言われるほど硬い
2. 硬さ以外の重要なポイント :詰め物や被せ物にとって重要なのは硬さだけではない
3. 審美性の問題 :銀歯は目立つので審美性が低い。一方セラミックは光沢のある美しい白さを誇る
4. 歯を守る問題 :銀歯は虫歯の再発が起こりやすいが、セラミックなら予防しやすい
5. セラミックの種類について :セラミックにはいくつかの種類があり、それぞれ特徴が異なる

これら5つのことから、セラミックの硬さは問題があるのかが分かります。
セラミックの硬さに問題があるわけではないですし、
こだわるのであればジルコニアセラミックにすることで銀歯以上に硬くできます。
また、その他のメリットを考えると銀歯よりもセラミックの方が優れていることが分かります。

PAGE TOP