セラミック治療とは具体的にどんな治療ですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「セラミック治療について」です。
近年、歯科で最も注目されている分野は審美治療です。

人工の歯の根を埋め込むインプラント、歯を白くするホワイトニング、さらに歯列矯正など、
これらの治療は徐々に一般化しつつあります。とは言え、現状どれもお手軽な治療とは言えません。
現状多くの方が希望するのはセラミック治療であり、ここではそんなセラミック治療の説明をしていきます。

セラミック治療とは

虫歯の治療を行った際、削った患部は最終的に詰め物や被せ物で覆います。
そして、この詰め物や被せ物の材質には銀…すなわち銀歯を使用するのが一般的でした。
しかし、最近では銀歯ではなくセラミックの詰め物や被せ物を希望する方が増えているのです。

つまりセラミックの詰め物や被せ物にするわけで、それがセラミック治療です。
ちなみに今回のタイトルにお答えする表現をするなら、
「セラミック治療とは詰め物や被せ物の材質をセラミックにする治療」です。

セラミックにするメリット

そもそも詰め物や被せ物をセラミックにすることにどんなメリットがあるのでしょうか。
銀歯と比較しながらセラミックのメリットを説明していきます。

審美性が高い

いわゆる見た目の美しさで、目立つ銀歯と違ってセラミックは高い審美性を誇ります。
ただ白いだけでなく天然の歯に近く光沢も持っているため、一見詰め物や被せ物だと分からないほどです。

二次カリエスを予防しやすい

二次カリエスとは、虫歯治療によって詰め物や被せ物で覆った歯が再度虫歯になることです。
銀歯の場合は材質上、二次カリエスになるリスクが高いのですが、セラミックだと予防しやすいのです。

長持ちする

詰め物や被せ物は人工物です。このため、どうしても寿命があって永久に使用することはできません。
セラミックもそれは同じですが銀歯に比べて寿命が長く、10年以上使用することが可能です。

<セラミックが二次カリエスを予防しやすい理由>

上記で挙げた中に「二次カリエスを予防しやすい」というメリットがありますが、この理由を説明しておきます。
そもそも二次カリエスは詰め物や被せ物に隙間が生じ、そこから細菌が侵入することで起こります。
しかしセラミックは歯と接着の相性が良く剥がれにくいため、簡単に隙間が生じることがないのです。
さらにツルツルとした材質上、プラークも付着しにくいので二次カリエスを予防しやすいのです。

セラミックにするデメリット

セラミックには魅力的なメリットがいくつかありますが、
それだけでセラミック治療を受けると決めるのではなく、デメリットもきちんと把握しておきましょう。

費用が高い

セラミック治療には健康保険が適用されません。このため、銀歯に比べて治療費が高くなります。
また、選ぶセラミックの種類によっても費用は異なります。

割れたり欠けたりする

陶器であるセラミックは、あまり強い力で噛んでしまうと割れたり欠けたりすることがあります。
大きな破損でなければ修復は可能ですが、強度においては銀歯に劣ります。

…メリットとあわせてこれらのデメリットも把握し、その上でセラミック治療を受けるかどうかを決めましょう。

セラミックの種類

セラミック治療を受けるとして、次に決めなければならないのはセラミックの種類です。
セラミックと言っても実際にはいくつかの種類があり、その中から希望のタイプを選ぶことになります。
以下でセラミックの種類を紹介しますが、歯科医院によっては取り扱っていないタイプのものもあります。

オールセラミック

セラミックの中で最も美しいタイプです。
100%セラミックなので金属アレルギーが起こることもありません。費用は高めになっています。

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジンを混合したタイプです。100%セラミックでないため美しさはオールセラミックに劣りますが、
その分安めに設定されているお手軽なセラミックです。

ジルコニアセラミック

割れや欠けといったセラミックの欠点を補った、非常に硬いタイプのセラミックです。
オールセラミック同様に100%セラミックのため、費用は高めになっています。

メタルボンド

見えない裏側が金属になっています。このため金属の強度を兼ねており、丈夫なセラミックです。
金属を使用しているため、セラミックとは言え金属アレルギーの対象になります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミック治療についてまとめます。

1. セラミック治療とは :詰め物や被せ物の材質をセラミックにする治療
2. セラミックにするメリット :審美性が高い、二次カリエスを予防しやすい、長持ちするなど
3. セラミックにするデメリット :費用が高い、割れたり欠けたりすることがある
4. セラミックの種類 :オールセラミックやハイブリッドセラミックなど、複数の種類がある

これら4つのことから、セラミック治療について分かります。
セラミック治療とは詰め物や被せ物をセラミックのタイプのものにする治療です。
治療を行うかどうかの判断をするために、セラミックのメリットとデメリットを知っておきましょう。
また、セラミックの種類を決めておくことも大切です。