ホーム >Blog > セラミックのメリットは見た目の美しさだけですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

セラミックのメリットは見た目の美しさだけですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「見た目の良さ以外のセラミックのメリット」です。
セラミックは健康保険が適用されないため、銀歯に比べて費用は高くなります。

最も、セラミックには銀歯とは比較にならないほどの美しさがありますが、
費用の差を考えると審美性の高さだけを理由にセラミック治療を行うのには抵抗を感じる方もいるでしょう。
そこで、ここではセラミックのメリット…それも見た目の良さ以外のメリットについて説明していきます。

1. 二次カリエスの予防

セラミックは陶器ですから表面もツルツルした感触になっており、プラークが付着しにくくなっています。
また、銀歯のように劣化して接着が剥がれることもないため、
詰め物や被せ物を使用している歯に細菌が侵入する隙間がなく、二次カリエスを予防しやすいのです。

二次カリエスとは虫歯の再発のことで、一度虫歯治療をした歯が再度虫歯になることです。
銀歯の場合はこの二次カリエスが起こりやすく、虫歯の再発と治療の繰り返しに悩んでいる方が多いのです。
その点セラミックは二次カリエスを予防しやすいため、
それを理由に銀歯からセラミックに交換するケースも少なくありません。

2. 長持ちする

詰め物や被せ物は人工物ですから、使用することでいずれ寿命が訪れます。
それはセラミックにおいても例外ではないですが、セラミックは寿命が長い特徴も持っています。
ケア次第で寿命は変わるので一概には言えませんが、オールセラミックなら20年使用している方もいます。

寿命が長ければ数年で交換する必要はないですし、
数年で交換する必要がなければその分余計な治療費がかかってしまうこともありません。
その意味では、トータルの長い目で考えればセラミックはお得な部分もあるのです。

3. 金属アレルギーでも使用できる

セラミックの材質は陶器ですから、銀歯のような金属アレルギーの心配はありません。
このため、金属アレルギーの方でも安心して使用することができるのです。
ただし、一部金属を使用しているセラミックがあることも忘れてはいけません。

セラミックにはいくつか種類があり、その中にはメタルボンドというタイプのものがあります。
これは見えない裏側が金属になっている特殊なタイプであり、金属アレルギーの対象になるのです。
このため、金属アレルギーを理由にセラミックを希望する場合はその旨を歯科医に伝えておきましょう。

4. 目立った劣化が起こらない

セラミックも永久に使用することはできないですが、使用している間に目立った劣化は起こりません。
銀歯の場合は金属が溶け出してきますし、その影響で歯肉も黒く変色してしまいます。
また、レジンの場合は長年使用することで材質そのものが変色を起こします。

一方、セラミックは溶けることもないですし、変色を起こすこともありません。
このため、審美性の高さを維持したまま使用することができるのです。
ただし、レジンの混ざったハイブリッドセラミックだと変色が起きることもあります。

5. デメリットも把握するべき

セラミックには審美性以外にも多くのメリットがありますが、デメリットも知っておかなければなりません。
セラミックのデメリットは2つで、1つは費用の高さ、もう1つは銀歯に比べて脆い点です。
ただし、これらのデメリットを克服するセラミックもあります。

まず費用の高さですが、セラミックは健康保険が適用されないため、銀歯に比べて費用は高くなります。
しかし、レジンを混ぜたハイブリッドセラミックは比較的安く、お手軽なセラミックとして希望する方もいます。
次に脆さですが、決して脆いわけではないものの、陶器でセラミックは欠けたり割れたりすることがあります。

これについても、ジルコニアセラミックを選択することで克服が可能です。
ジルコニアはダイヤモンドの代わりとして用いられるほど硬く、耐久性は申し分ありません。
このため、奥歯で使用しても欠けや割れが起こりにくく、硬いセラミックとして注目されています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、見た目の良さ以外のセラミックのメリットについてまとめます。

1. 二次カリエスの予防 :セラミックはプラークが付着しにくい材質のため、二次カリエスが起きにくい
2. 長持ちする :あくまでケア次第だが、オールセラミックなら20年使用している方もいる
3. 金属アレルギーでも使用できる :100%セラミックなら安心だが、メタルボンドは金属を使用している
4. 目立った劣化が起こらない :オールセラミックなら劣化による変色もなく、美しさを維持できる
5. デメリットも把握するべき :費用の高さや脆さが欠点だが、それを克服したタイプのセラミックもある

これら5つのことから、見た目の良さ以外のセラミックのメリットが分かります。
セラミックが優れているのは審美性だけではありません。
二次カリエスの予防や金属アレルギーの起こらない身体へのやさしさなど、
機能性においても銀歯より優れた特徴をいくつも持っているのです。

PAGE TOP