ホーム >Blog > 銀歯からセラミックに交換したいです

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

銀歯からセラミックに交換したいです

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。今回のテーマは「銀歯からセラミックへの交換」です。詰め物や被せ物には、一度入れたらそのまま使用しなければならないというルールはありません。

このため、既に銀歯を使用している方がセラミックに交換することも可能です。ただしそれにはセラミック治療を受ける必要があるため、交換にあたって費用はかかります。さて、ここではそんな銀歯からセラミックへの交換をテーマにしたお話をしていきます。

1. 銀歯とセラミックの特徴を知っておく

患者さんとして最も避けたいのは、セラミックに交換した後にやはり銀歯にしたいというケースです。

こうした事態を防ぐためには、あらかじめセラミック治療を慎重に検討する必要があり、そのためには銀歯とセラミックの特徴…すなわちそれぞれのメリットとデメリットを知っておくことが大切です。

また、セラミックにはいくつかの種類があります。このため、単にセラミック治療を希望するだけでなく、どのセラミックにするかも考えなければなりません。そこで、以下の項目でこれらについて順に説明していきます。

2. 銀歯の特徴について

v銀歯は健康保険適用となるだけあって、詰め物や被せ物として最低限の機能性しかありません。プラークが付着しやすい上に歯との接着の相性も悪く、隙間が生じやすいので二次虫歯のリスクも高いです。また、銀歯の材質は金属ですから金属アレルギーの対象にもなってしまいます。

ちなみに銀歯は審美性が低いということは知っているでしょうが、歯の見た目の悪さだけでなく歯肉にも影響があります。と言うのは、劣化することで金属イオンが溶け出し、その影響で歯肉が黒く変色してしまうのです。メリットを挙げるなら安さと硬さ…これら以外は全てにおいてセラミックに劣ります。

3. セラミックの特徴について

セラミックは審美性が高く、さらに詰め物や被せ物の質としても銀歯を上回る機能性を持っています。まず材質上プラークが付着しにくく、歯ともしっかり接着するため隙間が生じにくいのです。このため、セラミックは二次虫歯が予防しやすいとも言われています。

100%セラミックのタイプなら金属アレルギーの対象にもならないですし、セラミックは長持ちします。二次虫歯の予防、審美性、寿命…詰め物や被せ物として重要なこれらの点を全て高水準で満たしています。デメリットを挙げるとすれば費用の高さ、それに金属である銀歯に比べて若干脆いことくらいです。

4. セラミックの種類について

上記の説明から、銀歯とセラミックの特徴、さらにそれぞれのメリットとデメリットが把握できたでしょう。さて、それらのメリットとデメリットを把握した上でセラミックを希望するとして、次に考えなければならないのはセラミックの種類です。セラミックにはいくつかの種類があり、それぞれ特徴が異なるため、自分に合ったタイプのセラミックを選択してください。

オールセラミック

100%セラミックを使用したもので、セラミックの中で最も美しいタイプです。
劣化による変色も起こらず長持ちするため、ケア次第で10年以上美しい白さを維持できます。美しさ、機能性、ともにセラミックの中でトップクラスですが、その分他のセラミックよりも高くなります。

ジルコニアセラミック

100%セラミックでなおかつ硬いため、割れや欠けといったセラミックの欠点を克服したタイプです。光沢の点で美しさはオールセラミックに若干劣るものの、硬さにおいてはオールセラミックより優れています。費用は高めになっており、新しいタイプのセラミックなので取り扱っていない歯科医院もあります。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドという名が示すとおり、セラミックとレジンが混ぜ合わさったタイプです。
レジンが混ざっている分柔軟性がありますが、美しさにおいてはオールセラミックに劣ります。100%セラミックでないことから費用は安めになっているため、お手軽なセラミックと言えるでしょう。

メタルボンド

見える側をセラミック、見えない側を金属にした少し特殊なタイプです。金属を使用していることでセラミックの脆さが補われている反面、金属アレルギーの対象にもなります。つまり、金属を使用していることがメリットにもデメリットにもなっています。

まとめ

いかがでしたか?最後に、銀歯からセラミックへの交換についてまとめます。

  1. 銀歯とセラミックの特徴を知っておく :交換後に後悔のないよう、まずはそれぞれの特徴を知っておく/li>
  2. 銀歯の特徴について :安さと硬さはメリットだが、二次虫歯になりやすく審美性も低い
  3. セラミックの特徴について :審美性だけでなく機能性も高いが、費用が高いのが欠点
  4. セラミックの種類 :オールセラミックをはじめ、セラミックにはいくつかの種類がある

これら4つのことから、銀歯からセラミックへの交換について分かります。まとめると、交換は可能なものの審美性だけで判断してはいけません。セラミックのメリットとデメリットを知った上で判断し、さらに希望するセラミックの種類も考えておきましょう。

PAGE TOP