ホーム >Blog > 詰め物をした歯が臭うのですが、詰め物に問題があるのでしょうか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

詰め物をした歯が臭うのですが、詰め物に問題があるのでしょうか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「詰め物をした歯が臭う時に考えられる原因」です。
詰め物をした歯から嫌な臭いがする…それは決して珍しいケースではありません。

これは一つの口臭となりますが、口臭には必ずそれが起こっている原因があります。
つまり詰め物をした歯が臭うのであれば、そこには必ず臭いが起こっている原因があるのです。
そこで、ここでは詰め物をした歯が臭う時に考えられる原因について説明していきます。

1. 二次虫歯の可能性

詰め物をした歯が再度虫歯になることを二次虫歯、もしくは二次カリエスと呼びます。
そして、詰め物をした歯が臭う時はこの二次虫歯である可能性が高いでしょう。
詰め物をしていることで一見綺麗に思える歯が、詰め物の下で虫歯菌に侵されている状態です。

詰め物を長い期間使用していると劣化が起こり、接着が剥がれてくることで隙間が発生してしまい、
その隙間に虫歯菌が侵入することで二次虫歯が起こるのです。
また、治療の精度が低い歯科医院で治療を受けた場合、元々わずかな隙間が生じているケースもあります。
その意味では、最初に虫歯になった際の治療を受ける歯科医院選びも重要だと言えます。

2. 二次虫歯の要因

さて、二次虫歯はどのようにして起こるのでしょうか。
そもそも、本当に詰め物がしっかりと入っている状態なら二次虫歯は起こりません。
二次虫歯が起こるきっかけになるのは、詰め物に生じた隙間です。

詰め物を長い期間使用していると劣化が起こり、接着が剥がれてくることで隙間が発生してしまい、
その隙間に虫歯菌が侵入することで二次虫歯が起こるのです。
また、治療の精度が低い歯科医院で治療を受けた場合、元々わずかな隙間が生じているケースもあります。
その意味では、最初に虫歯になった際の治療を受ける歯科医院選びも重要だと言えます。

3. 二次虫歯の予防方法

予防のメインはもちろん毎日の歯磨きですが、二次虫歯ならではの予防方法は主に2つです。
1つは定期検診を受けることです。お口の中を歯科医がチェックすることで詰め物の異変に気付けるため、
自分では気付きにくい詰め物の劣化や隙間の発生にいち早く気付いて対処できるのです。

もう1つの方法は詰め物の材質にセラミックを選ぶことです。
セラミックは歯の接着の相性が良いことで隙間が生じにくく、プラークも付着しにくいのです。
このため、セラミックには二次虫歯を予防しやすいというメリットがあるのです。

4. その他の可能性

詰め物をした歯が臭う時、二次虫歯以外の原因について考えてみます。
もし詰め物をした歯ではなく歯肉が臭うのであれば、二次虫歯ではなく歯周病の可能性が高いでしょう。
歯周病になると歯肉が炎症を起こして膿みができますし、細菌の繁殖によって口臭が起こるのです。

正確に詰め物をした歯が臭うのであれば別ですが、その付近が臭う場合は臭いの元が歯肉の可能性もあり、
その場合は歯周病を疑ってみるべきでしょう。また、詰め物の腐食が嫌な臭いを招くこともあり、
この場合は詰め物を新品に取り替えなければ、間もなく二次虫歯を引き起こしてしまいます。

5. 詰め物をした歯が臭った場合の対処

詰め物をした歯が臭った場合、必要な対処は歯科医院に行って診察を受けることです。
と言うのも、この詰め物をした歯が臭った場合の対処では自分では不可能だからです。
もし二次虫歯が原因だとしたら、歯科医院で治療を受けなければなりません。

もし歯周病が原因だとしたら、その際も歯科医院で治療を受けなければなりません。
詰め物の腐食が原因だとしても歯科医院で詰め物を新品に交換する必要がありますし、
何が原因であったとしても歯科医院でしか対処できないのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、詰め物をした歯が臭う時に考えられる原因についてまとめます。

  1. 二次虫歯の可能性 :詰め物をした歯が再度虫歯になるケースで、詰め物の下が虫歯菌に侵されている
  2. 二次虫歯の要因 :詰め物の劣化などによって隙間が生じ、その隙間から虫歯菌が侵入することで起こる
  3. 二次虫歯の予防方法 :定期検診を受けて詰め物をチェックしてもらう、セラミックの詰め物にする
  4. その他の可能性 :歯肉から臭いがするなら歯周病の可能性もあり、詰め物が腐食している可能性もある
  5. 詰め物をした歯が臭った場合の対処 :どの原因であったとしても、歯科医院に行かなければ解決できない

これら5つのことから、詰め物をした歯が臭う時に考えられる原因が分かります。
詰め物をした歯が臭う時に最も可能性が高いのは二次虫歯です。
特に銀歯の詰め物は費用が安い反面、二次虫歯が起こりやすいという問題があります。

最近では詰め物の材質にセラミックを希望する人が増えていますが、
それは単に審美性が高いことだけが理由ではありません。
詰め物の劣化、二次虫歯、これらが起こりにくいという理由でセラミックを希望する人もいるのです。

PAGE TOP