ホーム >Blog > セラミックの詰め物は金属の詰め物を比較した時、金属の詰め物が優れていることはありますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

セラミックの詰め物は金属の詰め物を比較した時、金属の詰め物が優れていることはありますか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「金属の詰め物がセラミックの詰め物より優れている点」です。
詰め物の材質は、ここ最近ではセラミックが主流になりつつあります。
審美性の高さは天然の歯と遜色ないほどですし、その美しさからセラミックを希望する人が増えているのです。

しかし、だからと言ってセラミックが全ての人に言い切ることまではできません。
確かにセラミックには魅力的なメリットが多々ありますが、同時にデメリットも存在するからです。
そこで、ここではセラミックと金属の詰め物を比較して、
むしろ金属の詰め物の方が優れている点について説明していきます。

1. 費用の安さ

銀歯は詰め物の材質の中でも健康保険が適用されるため、費用が安いのがメリットです。
確かに銀歯は審美性が低いですし、二次虫歯が起こりやすいという欠点を持っています。
しかしその分費用が安いため、逆に審美性が高く二次虫歯を予防できるセラミックは高額です。

詰め物の特徴だけ比較すれば、ほとんどの点でセラミックが銀歯を上回っているのは確かです。
しかし、費用に注目するとセラミックは保険が適用されないことで費用が高額になるのです。
このため、費用のお手軽さを考えればセラミックよりも銀歯の方が優れています。

2. 硬さ

誰もが詰め物に強度を求めると思いますが、硬さにおいては金属である銀歯がセラミックを上回ります。
セラミックも脆くはないですが、材質が陶器である以上強い力や衝撃で割れてしまうことがあるのです。
このため、噛む力が強い人は目立たない奥歯においては銀歯を希望する人も多いのです。
ただし、セラミックの中でもジルコニアセラミックの場合は別です。

ジルコニアはダイヤモンドの代わりに用いられるほど硬いため、
ジルコニアセラミックは銀歯に匹敵、もしくはそれ以上の硬さを誇っているのです。
とは言え、ジルコニアセラミックはセラミックの中でも高額に設定されているのが欠点です。

3. 交換の周期の短さ

詰め物を永遠に使用することはできないですし、詰め物にはいずれ寿命が訪れます。
結論から言うと銀歯とセラミックでは後者の方が寿命は長く、銀歯は短い周期で交換しなければなりません。
一般論で言えば、これは銀歯のデメリットと言えるでしょう。しかし、見方によっては逆にメリットになります。

なぜなら、交換の周期が短いということは頻繁に新品にできると言い換えることもできるからです。
その気になればセラミックも頻繁に新品にすることはできますが、費用の高さから現実的には難しいでしょう。
その点銀歯は費用が安いですから、大きな負担なく新品のものに交換することができるのです。

4. 治療の手軽さ

仮にセラミックを希望したとして、その患者さんが即セラミック治療を受けられるとは限りません。
と言うのも、セラミック治療の内容によっては対応していない歯科医院もあるからです。
例えば上記でも話に出たジルコニアセラミックは比較的新しい種類のセラミックのため、
取り扱っていない歯科医院もまだ多いでしょう。

このため行く歯科医院によっては、ジルコニアセラミックにしたいけどできないという事態が起こるのです。
一方、銀歯を希望する際にその心配はありません。いくらセラミックが主流でも銀歯は詰め物の基本ですから、
「当院は銀歯を取り扱っていません」という歯科医院はまずないからです。
つまり費用の点だけでなく、治療内容そのものも銀歯にはお手軽さがあるのです。

5. 金歯とチタンの存在

「金属の詰め物=銀歯」のイメージがありますが、実際には銀歯だけではありません。
正確には、金歯やチタンの詰め物も存在するのです。まず金歯は銀歯と違って二次虫歯になりにくく、
金属イオンが溶け出さないことで金属アレルギーになりにくい特徴があります。

さらにチタンは金属の中でも生体親和性が高いため、やはり金属アレルギー対策に効果的なのです。
金歯はセラミック同様に保険が適用されないため、希望する人が減少傾向にあるのは事実です。
しかし少なくとも金属アレルギーにおいては、
セラミック以外にも対処できる詰め物があるということになります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、金属の詰め物がセラミックの詰め物より優れている点についてまとめます。

  1. 費用の安さ :健康保険適用の有無の違いがあるため、銀歯の方が格段に安い
  2. 硬さ :強度は銀歯の方が優れているが、ジルコニアセラミックはそれに匹敵する硬さを誇っている
  3. 交換の周期の短さ :費用が安い分、銀歯は短い周期で大きな負担なく新品にできる
  4. 治療の手軽さ :セラミックは種類によっては取り扱っていない歯科医院もある
  5. 金歯とチタンの存在 :金属の詰め物は銀歯だけではない。金歯やチタンの詰め物もある

これら5つのことから、金属の詰め物がセラミックの詰め物より優れている点が分かります。
いくつか挙げましたが、金属の詰め物の最大の利点は費用の安さにあります。
セラミックは審美性にも機能性にも優れているものの、銀歯に比べて費用は高くなり、
この費用の差をどう捉えるかによって銀歯かセラミックのどちらがおすすめかが決まります。

最近では詰め物の材質にセラミックを希望する人が増えていますが、
それは単に審美性が高いことだけが理由ではありません。
詰め物の劣化、二次虫歯、これらが起こりにくいという理由でセラミックを希望する人もいるのです。

PAGE TOP