ホーム >Blog > 金属よりもセラミックの詰め物を希望する人が多いのはなぜ?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

金属よりもセラミックの詰め物を希望する人が多いのはなぜ?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「セラミックの詰め物を希望する人が多い理由」です。
虫歯治療を行った際の詰め物、この材質はいくつかの種類から選ぶことができます。

そして、近年詰め物の材質に最も選ばれているのがセラミックなのです。
「詰め物=銀歯」、以前はそれが半ば常識にすらなっていましたが、
なぜセラミックを希望する人が増えてきたのでしょうか。ここではその理由について説明していきます。

1. 審美性が高い

詰め物や被せ物というのは虫歯の治療跡を覆うためのものであり、本来人に見せたくない部分です。
目立つ銀歯は口を開けるだけで他人に見えますし、それがコンプレックスになる人もいるほどです。
その点、セラミックは高い審美性を誇っており、天然の歯と比べても遜色ありません。

そして、この審美性の高さこそセラミックを希望する人が多い理由の1つです。
今までは詰め物や被せ物は人に見られたくないものという常識がありましたが、
セラミックの登場によってその常識が変わり、天然の歯と同じように見せることができるようになったのです。

2. 二次虫歯になりにくい

詰め物や被せ物を使用している人にとって深刻とも言える悩みが二次虫歯です。
そもそも二次虫歯は、詰め物や被せ物に生じた隙間から虫歯菌が侵入することで起こります。
そして銀歯の場合は隙間が生じやすいため、二次虫歯になりリスクが非常に高いのが欠点とされています。

一方セラミックの場合はそういった隙間が生じにくく、さらにプラークが付着しにくい特徴も持っています。
このためセラミックは二次虫歯を予防しやすく、いつまでも残った歯を健康に保てるのです。
見た目の良さだけでなく、二次虫歯になりにくい点もセラミックを希望する人が多い理由の1つです。

3. 金属アレルギーにならない

アレルギーには金属アレルギーというものがあり、これを持つ人は銀歯の詰め物や被せ物は使用できません。
使用しているうちに金属イオンが溶け出すことで金属アレルギーが起こりますが、
セラミックなら文字どおり材質がセラミックですから、金属アレルギーの人でも安心して使用できるのです。

ただし、同じセラミックでもメタルボンドは例外です。メタルボンドは見えない裏側に金属を使用しているため、
金属アレルギーの人にとってはアレルギー対象になってしまうのです。
最も、あらかじめ金属アレルギーの旨を歯科医に伝えていれば、
歯科医も敢えてメタルボンドをすすめることはありません。

4. 長持ちする

詰め物や被せ物は人工物ですから、永遠に使用できるわけではありません。
現に銀歯は長年使用すると金属が溶け出してくるため、その影響で歯肉も変色してしまいます。
また、上記で説明したとおり詰め物や被せ物の劣化は接着を剥がし、二次虫歯を招いてしまいます。

その点、セラミックは長持ちする特徴があり、長年使用しても変色することはありません。
多少欠けたとしても詰め物や被せ物全てを取り替える必要はなく、
該当する箇所を磨くことで元どおりにすることができます。この寿命の長さもセラミックが人気の要因です。

5. セラミックのデメリット

一見万能に思えるセラミックにもデメリットはあります。
セラミックを希望する際はメリットだけに捉われるのではなく、デメリットも知っておかなければなりません。
そこでセラミックのデメリットを挙げると、まず最大のデメリットは費用が高額になることです。

セラミックは審美目的を兼ねているため、例え詰め物や被せ物であったとしても保険が適用されません。
また、単純に強度だけで考えれば陶器のセラミックは金属よりも強度で劣ります。
ただし、近年登場したジルコニアセラミックは硬く、割れるというセラミックの欠点が克服されています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックの詰め物を希望する人が多い理由についてまとめます。

  1. 審美性が高い :天然の歯と変わらない白さや光沢を誇り、見た目が美しい
  2. 二次虫歯になりにくい :プラークが付着しにくく、隙間も生じにくいので二次虫歯を予防できる
  3. 金属アレルギーにならない :金属アレルギーの人でも使用できるが、メタルボンドは対象外なので注意
  4. 長持ちする :セラミックは寿命が長く、変色や劣化による隙間が発生しにくい
  5. セラミックのデメリット :費用が高い、金属よりも強度は劣る(ジルコニアセラミックなら強度も高い)

これら5つのことから、セラミックの詰め物を希望する人が多い理由が分かります。
セラミックを希望する人が多い理由をまとめると、その理由は主に2つです。
1つは審美性の高さであり、歯を綺麗に見せたい人にとってセラミックを選ぶことは大変効果的です。

もう1つは、二次虫歯が予防できることです。二次虫歯の繰り返しで悩んでいる人は多いので、
それを予防できる点でセラミックを希望する人も多いのです。
つまりセラミックは審美性、機能性、実用性、全てにおいて優れているのです。

PAGE TOP