詰め物は目立って嫌なので、詰め物をなしにしてほしいです

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。

今回のテーマは「詰め物の悩みと必要性」です。

詰め物を嫌う人は多いですが、その理由は見た目の悪さにあります。

目立たない奥歯でさえ、金属の詰め物を入れている場合は口を開けるだけで目立ってしまいますからね。

このため、虫歯治療をした患者さんの中には「詰め物をなしにしてほしい」と言う人もいます。

しかしそれを受け入れることはできません。虫歯治療をする際には、どうしても詰め物が必要になるからです。

ただし、詰め物をなしにしてほしい理由が「目立って嫌」という点にあるなら、その悩みの解決は可能です。

ここでは詰め物が必要な理由、そして詰め物が目立ってしまうことへの対処について説明していきます。

1. 詰め物が必要な理由

虫歯治療で詰め物を入れるのは、治療跡を隠すためではなく治療跡を守るためです。

と言うのも、虫歯の治療跡は歯を削ったことでエナメル質に保護されていない状態にあるため、

細菌に感染しやすくなっているのです。詰め物がとれて放置すると再度虫歯になるのはそのせいです。

本来は歯の表面はエナメル質に覆われており、歯が保護された状態になっています。

それがない虫歯の治療跡は、人間の身体に例えるなら肌が剥き出しの状態と同じです。

また、強い力が掛かることで歯にヒビが入ることもあり、それを防ぐ意味でも詰め物は絶対に必要です。

このため、「詰め物をなしにしてほしい」という要望に応えることはできないのです。

ただし、「目立つのが嫌」という悩みを解決することは可能です。

「詰め物=銀歯」というイメージがありますが、材質にセラミックを選択することで目立たなくなります。

2. セラミック治療

詰め物の材質にセラミックを選択することをセラミック治療といいます。

ちなみに、既に銀歯の詰め物を使用している人がセラミック治療を行うことも可能です。

セラミックは銀歯のように目立たないですし、それどころか高い審美性を誇っています。

このため、最近では詰め物にセラミックを選択する人が増えているのです。

とは言え、何も考えずにセラミックを希望するのはおすすめできません。

セラミックにする際には、セラミックのメリットとデメリットを含めた特徴をしっかり抑えておく必要があります。

まとめると、セラミックについて知っておかなければならないのは3つです。

1つ目はセラミックのメリット、2つ目はセラミックのデメリット、3つ目はセラミックの種類です。

ではこれらについて以下の項目で説明していきます。

3. セラミックのメリット

セラミックの最大のメリットは見た目の美しさです。

ただ白いというだけでなく光沢のある白さを誇っており、天然の歯と見比べても遜色ないほどです。

また、見た目の良さだけが目立ちがちなセラミックですが、詰め物としての質も高いです。

まず銀歯と違って歯との接着の相性が良いため、長い期間使用しても隙間が生じにくいのです。

このため二次虫歯を予防しやすいですし、セラミックはプラークも付着しにくいのです。

さらにセラミックという材質上、金属アレルギーの心配がない点もメリットです。

4. セラミックのデメリット

一方デメリットを挙げると、最大のデメリットは費用が高額になることです。

セラミックは審美目的を兼ねた詰め物ですから、健康保険が適用されないのです。

またセラミックは陶器ですから、あまり強い力で噛んでしまうと割れることがあります。

このため、単純に強度だけで比較すれば銀歯の方が硬くなります。

ただし、最近登場したジルコニアセラミックはそんなセラミックの脆い欠点を克服しています。

ジルコニアはダイヤモンドの代わりに用いられるほどですから、奥歯でも安心して使用できる硬さを誇ります。

5. セラミックの種類

「セラミックの詰め物」と一言で表現しましたが、セラミックにはいくつかの種類があります。

100%セラミックを使用した最も美しいといわれるオールセラミック、

他の材質を混ぜた分、セラミックの中でも費用が安めのハイブリッドセラミックがあります。

他には、見える表側をセラミックで見えない裏側を金属で仕上げたメタルボンド、

上記でも説明したセラミックの中で最も硬いジルコニアセラミックがあります。

ちなみに、メタルボンドに関しては金属を使用しているため、金属アレルギーの対象になります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、詰め物の悩みと必要性についてまとめます。

  1. 詰め物が必要な理由 :虫歯の治療跡が剥き出しになっていると、すぐに細菌に感染してしまう
  2. セラミック治療 :詰め物の材質にセラミックを使用する治療で、セラミックは高い審美性を持っている
  3. セラミックのメリット :見た目が美しい、二次虫歯になりにくい、プラークが付着しにくいなど
  4. セラミックのデメリット :費用が高い、あまり強い力で噛むと割れてしまう
  5. セラミックの種類 :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック

これら5つのことから、詰め物の悩みと必要性が分かります。

詰め物は必要ですが、材質をセラミックにすることで見た目の悩みは解決します。

ただしセラミックにはいくつかの種類があるため、

歯科医と相談しながら自分の希望と最も合う種類のセラミックを選択してください。