ホーム >Blog > 金属アレルギーの人は詰め物が必要な時にどうすればいいの?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

金属アレルギーの人は詰め物が必要な時にどうすればいいの?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「金属アレルギーの人が使用できる詰め物について」です。
虫歯治療の詰め物として最も多く使用されているのは銀歯…すなわち金属です。

金属は頑丈さにおいては長けていますが、人によっては金属の詰め物には致命的な問題があります。
それは金属アレルギーで、金属アレルギーの人にとっては銀歯もアレルギー反応の対象になるのです。
さて、ここではそういった金属アレルギーの人が安全に使用できる詰め物について説明していきます。

1. 歯科金属アレルギーと対処

銀をはじめとして歯科金属には様々な種類がありますが、
使用して年数が経つことでそれらの金属イオンが溶け出していきます。
そして、溶け出した金属イオンが全身に広がることでかゆみや湿疹といった症状を引き起こしてしまうのです。

これが歯科金属によって金属アレルギーが起こるまでの流れですが、
こうした事態を防ぐためには2つの方法があります。
1つ目の方法は生体親和性が高く、イオン化しにくい金属を使用することです。

つまり、金属アレルギーが起こりにくい金属を使用するという方法です。
2つ目の方法は非金属、つまり金属以外の材質のもので対処する方法です。
金属アレルギーの人の詰め物は、これら2つの方法によって対処できます。

2. チタンを使用する

1つ目の方法である、「金属アレルギーが起こりにくい金属を使用する方法」です。
そもそもチタンは金属の中で最も生体親和性が高く、金属アレルギーが起こりにくいと言われています。
これは歯科金属に限ったことではなく、それが実感できるのがアクセサリーショップです。
アクセサリーショップに行った時、わざわざ「チタン製」と表記されたアクセサリーを見たことはないですか?

あれはチタンが金属アレルギーを起こしにくいという理由で、安全性の高さを示す意味で表記されています。
このため、金属アレルギーの人向けにチタンを材質とした詰め物も存在するのです。
とは言え、チタンも銀歯と同じ金属であるため、見た目においては決して美しいとは言えません。
「金属アレルギーが起こりにくい」…あくまでそれだけを特徴にした詰め物だと解釈してください。

3. 金を使用する

1つ目の方法である、「金属アレルギーが起こりにくい金属を使用する方法」です。
見た目は銀歯が金色になっただけですが、金歯にすることで金属アレルギーは起こりにくくなります。
ただし、金歯は銀歯と違って保険が適用されないので費用は高額になってしまいます。

以前は、詰め物にお金を掛けている象徴として金歯を希望する人もいますが、
最近では金歯にする人は減少傾向にあるため、人気の材質というわけではありません。
なぜなら、金歯は高価ではあるものの見た目は美しくないですし、
どのみち詰め物にお金を掛けるなら審美性の高いセラミックを選択する人が多くなったからです。

4. レジンを使用する

2つ目の方法である、「非金属の材質のものを使用する方法」です。
レジンとは歯科用のプラスチックですから、金属は一切使用されていません。
さらに保険適用によって費用も安くなるため、銀歯の代わりとしては最もお手軽な詰め物です。

2つ目の方法である、「非金属の材質のものを使用する方法」です。
レジンとは歯科用のプラスチックですから、金属は一切使用されていません。
さらに保険適用によって費用も安くなるため、銀歯の代わりとしては最もお手軽な詰め物です。

5. セラミックを使用する

2つ目の方法である、「非金属の材質のものを使用する方法」です。
金属アレルギー関係なく、詰め物の素材として最も人気なのがセラミックです。
その理由は審美性の高さにあり、オールセラミックは天然の歯と比べても見分けがつかないほどの美しさです。
変色も起こらないことから、いつまでも美しさを維持することができるのも利点です。

さらに二次虫歯にもなりにくいため、見た目だけでなく詰め物の質としても金属より優秀です。
唯一の欠点は費用が高いことで、審美目的を兼ねたセラミックは保険が適用されないのです。
また、セラミックの種類の中にはメタルボンドというものがありますが、
これは金属が使用されているため、金属アレルギーの人がメタルボンドを選ぶことはできません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、金属アレルギーの人が使用できる詰め物についてまとめます。

  1. 歯科金属アレルギーと対処 :イオン化しにくい金属を使用する、もしくは非金属の材質のものを使用する
  2. チタンを使用する :生体親和性が最も高いが、詰め物としての見た目は美しくない
  3. 金を使用する :保険が適用されない上に見た目も美しくないため、金よりもセラミックを選ぶ人が多い
  4. レジンを使用する :プラスチックの材質で保険も適用されるので安い。最もお手軽な選択肢
  5. セラミックを使用する :見た目も美しく、二次虫歯になりにくい。費用が高いのが欠点

これら5つのことから、金属アレルギーの人が使用できる詰め物について分かります。
この場合、一般的にはレジンかセラミックの二択になります。
費用の安さを最優先するならレジンですし、詰め物に審美性を求めるならセラミックです。
いずれにしても、金属アレルギーが理由で詰め物に困ってしまう事態にはならないので安心してください。

PAGE TOP