ホーム >Blog > 生活習慣を見直すことが歯周病予防に繋がると聞きますが、それは本当ですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

生活習慣を見直すことが歯周病予防に繋がると聞きますが、それは本当ですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「歯周病を予防するために必要な生活習慣の見直し」です。
歯周病は歯肉の病気とは言え、生活習慣病としての一面も持っています。

つまり、毎日の生活の中にも歯周病の要因になることが潜んでおり、
歯周病を予防するためには生活習慣の見直しが必要だということです。
さて、今回のテーマについて先に回答すると、生活習慣の見直しが歯周病予防に繋がるのは事実です。
では何をどう見直せばいいのか?…ここでは見直すべき具体的なポイントとその理由を説明していきます。

1. 禁煙する

タバコが身体に害があることは周知の事実ですが、身体だけでなくお口にも害をもたらします。
タバコを吸うとタールが歯に付着しますが、それによってプラークや歯石もつきやすくなるのです。
そして、これらはいずれも歯周病の発生、悪化の要因になるのです。

また、タバコを吸っている人は傷の治りも遅いため、歯周病治療が長引くという特徴もあります。
さらにタバコを吸うことで歯肉の腫れが見た目抑えられるため、歯周病にも気付きにくくなるのです。
ちなみに数値で表すと、タバコを吸う人は吸わない人に比べて歯周病になるリスクが5倍以上高まります。

2. 適度な運動をする

成人の場合、運動不足に陥ると糖尿病を引き起こしやすくなります。
そして、糖尿病になってしまうことで歯周病にも掛かりやすくなるのです。
糖尿病と歯周病は一見無関係に思えますが、どちらも生活習慣病であり、関連性も報告されています。

このため、適度に運動して糖尿病の予防を心掛ければ、それが歯周病の予防にも繋がるのです。
最も、運動といっても激しい筋トレまではする必要ありません。
日常生活の中で歩く機会を増やすなど、ちょっとした工夫で身体を動かす習慣を身につければいいのです。

3. バランスのとれた食生活を心掛ける

最初に言っておくと、歯周病を予防する効果のある食べ物はありません。
しかし歯周病は細菌に感染して起こる病気であり、感染のリスクは身体の免疫力で変動します。
つまり、身体の免疫力を高めれば歯周病に掛かりにくくなるのです。

その点、バランスのとれた食生活で栄養を摂取すれば身体の免疫力が高まります。
また、プラークの増加を防ぐために糖の過剰な摂取を防ぐことも大切です。
ビタミン、カルシウム、タンパク質など、バランスよく栄養を摂取して身体の免疫力を高めましょう。

4. 疲労やストレスを溜めない

上記の食生活の項目でも触れましたが、歯周病を予防には身体の免疫力がポイントです。
免疫力を高める意識を持つことも大切ですが、免疫力を低下させない意識を持つことも大切です。
さて、身体の免疫力を低下させる要因として最も一般的な要因が疲労やストレスです。

これらが蓄積されると身体の免疫力は低下し、そうなると細菌に感染しやすくなってしまいます。
そして歯周病が細菌の感染で起こる以上、
細菌に感染しやすくなることは歯周病に掛かりやすくなることを意味するのです。
このため、疲労やストレスを睡眠や趣味などで適度に解消させ、身体の免疫力低下を防ぎましょう。

5. 丁寧に歯磨きする

普段の生活の中で歯磨きを欠かす人はいないでしょうが、
その歯磨きが歯周病予防になっているかどうかは磨き次第です。
歯周病を予防するにはできるだけ多くのプラークを除去する必要があり、
そのためには精度の高い歯磨きが必要です。

ちなみに歯磨きの時にブラッシングしか行っていない人の場合、プラークの除去率は6割ほどになります。
つまり、磨き残しが4割もあるのです。そこで取り入れてほしいのが、デンタルフロスや歯間ブラシの使用です。
これらはいずれもプラークの除去率を2割高められますし、
歯間ブラシに至っては歯と歯肉の間を綺麗にできるため、歯周病予防に最適と言われているのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周病を予防するために必要な生活習慣の見直しについてまとめます。

  1. 禁煙する :喫煙は歯周病になるリスクを5倍以上高め、さらに歯周病になった時に重症化しやすくなる
  2. 適度な運動をする :適度な運動は糖尿病の予防に繋がり、糖尿病の予防は歯周病の予防に繋がる
  3. バランスのとれた食生活を心掛ける :栄養バランスのとれた食事で免疫力を高めて歯周病を予防する
  4. 疲労やストレスを溜めない :疲労やストレスで免疫力が低下すると、歯周病に掛かりやすくなる
  5. 丁寧に歯磨きする :歯磨きの際はデンタルフロスや歯間ブラシも使うようにする

これら5つのことから、歯周病を予防するために必要な生活習慣の見直しが分かります。
歯周病は歯周病菌に感染することで起こるため、細菌に感染しにくい身体作りが予防に繋がります。
そのためには生活習慣を見直し、身体の免疫力高めることを目指してください。

また、免疫力を高めるだけでなく、免疫力を低下させない意識を持つことも大切です。
最も、免疫力の高さだけでは歯周病は予防できないため、
予防のメインはあくまで「精度の高い歯磨き」と「歯科医院の定期検診を受けること」にあります。

PAGE TOP