ホーム >Blog > 虫歯予防にフッ素が効果的なのはなぜですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

虫歯予防にフッ素が効果的なのはなぜですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「なぜ虫歯予防にフッ素が効果的なのか」です。
近年では虫歯は減少傾向にあると言われており、その影響はフッ素によるものとされています。

歯科医院の予防治療で行うフッ素塗布、フッ素ジェルやフッ素洗口剤などの様々なフッ素製品、
そして何より大半の歯磨き粉にフッ素が配合されていることから、
虫歯は予防しやすくなったと言われているのです。さて、実際にフッ素は虫歯予防の効果があるのですが、
そもそもなぜフッ素が虫歯予防に効果的なのか?…そんなフッ素の効果について分かりやすく説明します。

1. 酸に溶けない丈夫な歯を作る

虫歯は虫歯菌の出す酸で歯が溶かされてしまうことで起こりますが、
フッ素の効果を得れば歯の表面が強化され、酸に溶けにくくさせることができるのです。
これについては、大人はもちろんのこと、特に子供に効果的とされています。

と言うのも、子供の歯は大人の歯に比べてやわらかく脆いという特徴があるからです。
特に、生えたて歯や乳歯の場合は非常にやわらかく、虫歯菌の出す酸に耐えるほどの力がないのです。
しかし、フッ素によってやわらかい歯は強化され、酸に溶かされにくくなるのです。

2. 歯の再石灰化が促進される

お口の中では脱灰と再石灰化が何度も行われています。
食事をした時お口の中の虫歯菌は酸を出し、歯の成分であるカルシウムやリンを溶かします。
これが脱灰であり、その後唾液によって酸を中和し、溶けたカルシウムやリンが歯に戻るのが再石灰化です。

脱灰と再石灰化のそれぞれの意味から分かるとおり、再石灰化が充分になると虫歯が発生してしまいます。
そして、フッ素にはその再石灰化を促進させる効果があるのです。
再石灰化が頻繁になれば虫歯になりにくくなりますし、それがフッ素の虫歯予防効果の一つでもあるのです。

3. 虫歯菌の働きを抑制する

虫歯菌は歯を虫歯にさせるため、せっせと酸を出して歯を溶かそうとします。
言ってみれば、酸を出すことが虫歯菌の仕事というわけです。
フッ素には、そんな虫歯菌の仕事を鈍くさせる効果があり、虫歯菌が出す酸の量を減らすことができるのです。

酸の量が減ればそれだけ歯が溶かされる可能性も低くなり、虫歯になるリスクの減少に繋がります。
最も、これについてはあくまでも虫歯菌の働きを抑制する効果であり、
虫歯菌の働きを完全に止めるだけの効果はありません。

4. 初期段階の虫歯が治る

これはついては完全な初期段階の虫歯に限って言えることです。
完全な初期段階の虫歯の場合、溶かされているのは歯の表面だけに留まります。
この状態なら、歯を削らなくてもフッ素塗布だけで虫歯が治ります。

これは、フッ素による効果で歯の再石灰化が促進されるのが理由です。
とは言え、一度でも進行した虫歯ではフッ素の力だけでは治らないですし、
削らずに治せるかどうかは実際に状態を診てみないと何とも言えません。
あくまでも「治せる可能性がある」という意味で解釈してください。

5. フッ素の注意点

歯科医院の予防治療ではフッ素塗布を行いますが、フッ素の種類は一つだけではありません。
取り扱っているフッ素の種類は歯科医院ごとで異なっており、
中には虫歯予防の効果が得られる反面、別の問題を引き起こしてしまうフッ素もあるのです。

例えば知覚過敏…元々知覚過敏の人はフッ素塗布によってそれが悪化してしまう可能性があります。
また、フッ素の種類によっては歯に変色や着色を起こさせてしまうものもあり、
歯科医院でフッ素塗布を行う場合はそれによって問題が起こることがないか、必ず確認してください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、なぜ虫歯予防にフッ素が効果的なのかについてまとめます。

  1. 酸に溶けない丈夫な歯を作る :歯質が強化され、歯が酸に溶けにくくなる。歯がやわらかい子供に効果的
  2. 歯の再石灰化が促進される :脱灰に対しての再石灰化が促進され、虫歯を起こりにくくさせる
  3. 虫歯菌の働きを抑制する :虫歯菌の出す酸の量を減らし、虫歯の発生や進行を抑えられる
  4. 初期段階の虫歯が治る :完全な初期段階の虫歯なら、フッ素塗布による再石灰化で虫歯を治せる
  5. フッ素の注意点 :種類によっては知覚過敏の悪化などを招くため、フッ素塗布の際は歯科医に確認する

これら5つのことから、なぜ虫歯予防にフッ素が効果的なのかが分かります。
フッ素の3大効果としてまとめれば、「丈夫な歯を作る」、「歯の再石灰化の促進」、「虫歯菌の働きの抑制」です。
フッ素が持つこれらの効果によって、お口の中を虫歯になりにくい環境にできるのです。

ただし、虫歯予防において最も重要なのは歯磨きによるプラークの除去…この点は変わりません。
いくらフッ素配合の歯磨き粉を使ったところで、適当な歯磨きをしていると確実に虫歯は起こります。
このため、フッ素の効果を利用するのはいいですが、フッ素だけに頼り過ぎてもいけないのです。

PAGE TOP