歯磨きを欠かさなければ虫歯は予防できますか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「歯磨きだけで虫歯を予防することはできるのか」です。
1日3回、歯磨きを欠かさなければ虫歯は予防できるのでしょうか。

全く予防できないわけではないものの、歯磨きだけで確実に虫歯を予防するのは難しいでしょう。
また、「歯磨きをした」というだけでは、その歯磨きにどこまでの効果があるのかも判断できません。
そこで、ここでは歯磨きと虫歯予防をテーマにした説明をしていきます。

1. 精度の高い歯磨きができているか

歯磨きは、ただ歯を磨けばいいというものではありません。
歯磨きの効果を得るためには、歯磨きにおいて重要なポイントを把握して実践する必要があるのです。
冒頭の言葉を例にすると、まず1日3回という歯磨きの回数はそれほど重要ではありません。
なぜなら、歯磨きにおいて重要なのは回数ではなく精密さだからです。

つまり、例え1日5回歯磨きしたとしても、それらが全て適当な歯磨きなら高い予防効果はないのです。
逆に1日1回の歯磨きでも精密で精度の高い歯磨きができれば、その方が虫歯予防になるのです。
と言うことは、最低でも1日1回は時間を掛けて歯磨きする必要があるのです。
ただし、いくら時間を掛けたとしても精度の高い歯磨きができなければ意味がありません。

2. 精度の高い歯磨きをするためには

では精度の高い歯磨きというのはどうやってするのでしょうか?…そのポイントをお教えします。
まず、デンタルフロスを使用することです。デンタルフロスは歯ブラシが届かない歯と歯の間を綺麗にできます。
実はこの歯と歯の間というのは、最も虫歯が発生しやすい箇所なのです。
つまり、デンタルフロスを使用することで最も虫歯が発生しやすい箇所の汚れを除去できるのです。

もう1つポイントを挙げると、正しい歯磨きの方法を知ることです。
正しい歯磨きの方法とは歯ブラシの持ち方まで関係しており、
これは歯科医院の定期検診や予防歯科の治療の中で指導を受けられます。
デンタルフロスと正しい歯磨き…これら2つを実践することではじめて精度の高い歯磨きができるのです。

3. 二次虫歯の問題

虫歯の中には、一度虫歯治療をして詰め物や被せ物の処置をした歯が再度虫歯になるケースがあります。
これは二次虫歯と呼ばれるもので、成人の虫歯治療のほとんどがこの二次虫歯によるものです。
さて二次虫歯の要因ですが、これは詰め物や被せ物に隙間が生じることがきっかけになります。
詰め物や被せ物が長年の使用で劣化し、それによって生じた隙間から虫歯菌が侵入するのです。

そして、この二次虫歯は歯磨きだけで予防するのは難しいのです。
何しろ虫歯菌が詰め物や被せ物に生じた隙間から侵入するわけですから、
予防するには隙間の奥を磨くしかありません。しかし外見は詰め物や被せ物で覆われているため、
歯磨きしようにも磨くことができないのです。ちなみに、デンタルフロスでもここを磨くことは不可能です。

4. 定期検診を受けて予防する

歯磨きだけでは虫歯予防は難しく、それは磨き残しが出てしまうからです。
デンタルフロスを使用すればそんな磨き残しを減らすことができますが、
上記で説明した二次虫歯に至ってはデンタルフロスを使用しても予防することはできません。
つまり、これが歯磨きだけでは虫歯の予防が難しい理由です。

では虫歯を予防するには他に何をすべきなのか?それは歯科医院で定期検診を受けることです。
定期検診ではお口の中のクリーニングを行い、プラークや歯石を綺麗に除去できます。
さらに正しい歯磨きの方法の指導も受けられるため、それによって歯磨きの精度も高まります。
また、お口の状態をチェックすることで詰め物や被せ物の劣化も分かり、二次虫歯も予防できるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯磨きだけで虫歯を予防することはできるのかについてまとめます。

  1. 精度の高い歯磨きができているか :歯磨きで重要なのは回数ではなく精度。1日1回は時間を掛けて磨く
  2. 精度の高い歯磨きをするためには :デンタルフロスを使用する。これによって歯と歯の間も綺麗に磨ける
  3. 二次虫歯の問題 :二次虫歯の要因上、デンタルフロスを使っても予防は難しい
  4. 定期検診を受けて予防する :虫歯を予防するには歯磨きだけでなく、歯科医院で定期検診を受けるべき

これら4つのことから、歯磨きだけで虫歯を予防することはできるのかが分かります。
精度の高い歯磨きができていなければ、歯磨きだけで虫歯を予防するのは難しいでしょう。
また、精度の高い歯磨きができたとしても、二次虫歯に至っては予防が困難です。

つまり二次虫歯を含めて考えれば、やはり歯磨きだけで虫歯を予防することはできないのです。
そこでおすすめなのが、上記でも説明した歯科医院で受けられる定期検診です。
デンタルフロスの使用、それに合わせて定期検診を受けることで、はじめて効果的な虫歯予防ができるのです。