ホーム >Blog > 虫歯予防のガムが以前話題になりましたが、本当に効果はありますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

虫歯予防のガムが以前話題になりましたが、本当に効果はありますか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「虫歯予防のガムは本当に効果があるのか」です。
以前テレビや雑誌で、キシリトール配合のガムが話題になってことがあります。

話題の内容は、キシリトール配合のガムを摂取すると虫歯予防できるというものです。
最近では話題になることは少なくなりましたが、ガムで虫歯予防できるというのは本当なのでしょうか。
そこで、ここではキシリトール配合のガムの虫歯予防をテーマにして、その効果の有無についてお話しします。

1. キシリトールについて

そもそもキシリトールというのは、ガムだけに含まれているものではありません。
キシリトールは天然素材の甘味料であり、多くの野菜や果物にも含まれているのです。
最も、今回のテーマのようにガムに含まれるキシリトールは特定の木などから抽出されたものです。
このキシリトールが配合されているガムこそ、虫歯予防に効果的と言われているのです。

では、なぜキシリトール配合のガムの摂取が虫歯予防になるのでしょうか。
その理由は、キシリトールはお口の中で酸を作らない特徴があるからです。
さらにガムを噛むことで分泌される唾液が、お口の中の酸を中和して虫歯になりにくい環境にするのです。
また、キシリトールはプラークを付着しにくくさせるため、虫歯予防に加えて進行を防ぐ効果もあるのです。

2. キシリトール配合のガムの注意点

キシリトール配合のガムの摂取は、確かに虫歯予防の効果があります。
しかし、だからといってキシリトール配合のガムを適当に買ってしまうのは禁物です。
と言うのも、ガムによってキシリトールの配合率が異なるからです。
そして、虫歯予防の効果を得るためには2つのことに注意する必要があるのです。

1つはキシリトールの配合率が50%以上のものを選ぶこと、
もう1つはシュガーレスや糖類ゼロのものを選ぶことです。配合率が少なく、余計な糖類が含まれていては、
虫歯予防どころかむしろ虫歯になる危険性を高めてしまいますからね。
確実なのは歯科専売のキシリトール配合のガムを購入することで、歯科専売のものなら配合率は100%です。

3. キシリトール配合のガムの摂取方法

摂取方法といっても難しいことはなく、ただガムを噛めばいいだけで、重要なのは噛むタイミングと頻度です。
まず噛むタイミングですが、これは食後と就寝前がおすすめです。
食後がおすすめなのは、食後は食事によってお口の中が酸性に傾いているためです。
そんな酸性の状態を、キシリトール配合のガムを噛むことで中和させることができるのです。

また、就寝時は唾液の分泌量が低下するため、それを少しでも防ぐ意味で就寝前のタイミングがベストです。
次に頻度ですが、ガム噛む頻度は1日3回、それも3ヶ月以上継続することを意識してください。
キシリトール配合のガムは噛んだ瞬間効果が得られるわけでなく、継続することで効果が得られます。
その目安が3ヶ月であり、それ以内で止めてしまうと効果が得られにくくなってしまいます。

4. 虫歯予防のメインとなる効果はない

例えキシリトール配合率100%のガムでも、それだけで虫歯予防する力はありません。
キシリトール配合のガムが虫歯予防になるのは、お口の中を虫歯になりにくい環境にできるからであって、
虫歯の要因となるプラークや虫歯菌を除去するような効果はないのです。
あくまで予防のメインは歯磨きであり、キシリトール配合のガムはそのアシスト的な存在です。

また、虫歯予防において歯磨き同様に大切なのが歯科医院で定期検診を受けることです。
毎日の丁寧な歯磨きと定期的に通う検診、虫歯予防はあくまでこれら2つをベースにして、
キシリトール配合のガムの摂取はそれらの予防方法プラスαとして取り入れるべきでしょう。
もしくは、歯磨きする時間のないお昼などのタイミングに歯磨き代わりとして摂取すべきでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯予防のガムは本当に効果があるのかについてまとめます。

  1. キシリトールについて :キシリトールは口内で酸を作らず、さらに口内の酸性状態を中和する効果がある
  2. キシリトール配合のガムの注意点 :配合率に注目。キシリトール配合率50%以下のものだと効果がない
  3. キシリトール配合のガムの摂取方法 :摂取のタイミングは食後と就寝前、頻度は1日3回で3ヶ月以上継続

これら4つのことから、虫歯予防のガムは本当に効果があるのかが分かります。
キシリトール配合率50%以上のガムなら、虫歯予防の効果があるのは事実です。
ただし、ガムの摂取だけで虫歯予防はできないため、歯磨きと定期検診の重要性は依然変わりません。
丁寧な歯磨きと定期検診を受けることを前提として、
その上でキシリトール配合のガムを摂取してこそ、はじめて虫歯予防の効果があるのです。

PAGE TOP