ホーム >Blog > 歯周炎と歯肉炎は違うものですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

歯周炎と歯肉炎は違うものですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「歯周炎と歯肉炎は同じなの?」です。
歯肉の病名は複数あり、歯周病、歯槽膿漏、さらに歯周炎や歯肉炎が挙がります。

しかし、どれも病名が似ている上に歯肉の病気という共通点があることから、
これらの違いが分からない人も多いでしょう。
そこで、ここではこれらの中から歯周炎と歯肉炎をテーマにして、二つの病気の違いについて説明します。

1. 歯周病について

歯周炎と歯肉炎はイコールでもありイコールでもなく、
そんな漠然的な表現の意味を知るためにはまず歯周病を知ることが必要です。
歯周病は歯肉に炎症を起こし、進行することで歯槽骨を溶かして歯が抜け落ちてしまう病気です。

さて、前述したとおり歯周病は進行する病気であり、起きる症状は進行状況によって異なります。
そして、歯周病の進行状況は具体的に初期段階、中期段階、重度段階の三つに分けられます。
歯周病に関してこれらのことを知っておけば、歯周炎と歯肉炎の違いが分かりやすくなります。

2. 歯周炎と歯肉炎

次に歯周炎と歯肉炎の症状について説明していきます。
歯周炎は歯肉の炎症が悪化して歯槽骨が溶かされている状態を示しており、
言わばこれは中期段階の歯周病と全く同じです。
一方、歯肉炎は歯周ポケットが深くなって歯肉に炎症が起きている状態を示しています。

これは初期段階の歯周病と全く同じで、これら二つの症状を見比べて分かるとおり、
歯周炎と歯肉炎では引き起こされる症状が異なるため、その意味ではイコールではありません。
しかし、どちらも歯周病に含まれるという点ではイコールですから、
上記で「歯周炎と歯肉炎はイコールでもありイコールでもない」と表現したのはそのためです。

3. 歯槽膿漏

テーマとは若干それますが、歯槽膿漏を知ることで歯周炎と歯肉炎の関係がより分かりやすくなります。
上記で「歯周病の進行状況は初期段階、中期段階、重度段階の三つに分けられている」と説明しました。
そして、初期段階は歯肉炎のことであり、中期段階は歯周炎のことだと説明しました。

そうなると重度段階が残っているわけですが、この重度段階の歯周病とイコールになるのが歯槽膿漏です。
歯槽膿漏になると歯槽骨の大部分が溶け、いつ歯が抜けてもおかしくない状態になります。
さて、ここまでの説明から歯周病、歯周炎、歯肉炎、歯槽膿漏を以下のようにまとめることができます。

  • 初期段階の歯周病…歯周ポケットが深くなって歯肉に炎症が起きた状態(=歯肉炎)
  • 中期段階の歯周病…炎症が悪化して歯槽骨が溶けている状態(=歯周炎)
  • 重度段階の歯周病…歯槽骨が溶け、いつ歯が抜けてもおかしくない深刻な状態(=歯槽膿漏)

4. 歯周炎と歯肉炎はどちらが深刻か

歯周炎や歯肉炎と診断された時にどちらが深刻かですが、これは歯周炎の方になります。
歯肉炎も決して軽視してはならない病気ですが、
歯肉炎が初期段階の歯周病なのに対して歯周炎は中期段階の歯周病を示しているからです。

このため、歯周炎だと診断された時には自分の口の中が深刻な状態にあると理解するべきですし、
完治するまできちんと歯科医院に通って治療を続けなければなりません。
そうしなければやがて歯は酷くグラつくようになり、最終的には抜け落ちてしまいます。

5. 歯周炎や歯肉炎を予防するには

どちらも歯周病に含まれるため、これらを予防するには歯周病を予防すると考えればいいでしょう。
歯周病はプラークに存在する歯周病菌によって引き起こされますから、
細菌の棲み処でもあるプラークの除去が何よりも大切になってきます。

そのためには毎日の歯磨きはもちろん、歯科医院の検診でお口の中をクリーニングしてもらうのが理想です。
ちなみに、定期検診を受けていればお口の中の状態もチェックしてもらえるため、
初期段階の歯周病も発見して早期治療できるのです。
そうすれば、少なくとも歯周炎や歯槽膿漏のような深刻な状態を招くことはなくなります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯周炎と歯肉炎は同じなの?についてまとめます。

  1. 歯周病について :歯周病は進行に応じて三つの段階に分けられており、それが歯周炎や歯肉炎と関係する
  2. 歯周炎と歯肉炎 :歯周炎は歯周病の中期段階とイコール、歯肉炎は歯周病の初期段階とイコール
  3. 歯槽膿漏 :歯槽膿漏は歯周病の重度段階とイコールであり、歯周炎や歯肉炎と比べて深刻な状態にある
  4. 歯周炎と歯肉炎はどちらが深刻か :歯周病の段階から判断すると歯周炎の方が深刻な状態
  5. 歯周炎や歯肉炎を予防するには :毎日の歯磨きだけでなく、歯科医院で定期検診を受けるといい

これら5つのことから、歯周炎と歯肉炎は同じなの?についてまとめます。
テーマに対する回答をまとめとすると、どちらも歯周病に含まれるという点では同じです。
しかし、それぞれ起こる症状には違いがあり、歯周炎の方が状態としては深刻です。
「歯肉炎が悪化することで歯周炎になる」…こう表現すると分かりやすいでしょう。

PAGE TOP