ホーム >Blog > インプラントの手術後、お風呂は大丈夫ですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

インプラントの手術後、お風呂は大丈夫ですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「インプラントの手術後の入浴について」です。
インプラントの手術では入院は必要ないですし、全身麻酔を使うこともありません。

当日帰宅できるというのがインプラントの手術の利点であり、
当日帰宅できるという点から手術後も普段どおりに日常生活を過ごせると思ってしまいがちです。
しかし、手術してから数日間はいくつか注意点があり、入浴もその1つなのです。

1. 数日間はシャワーのみ

手術後の数日間はできるだけお風呂は控えた方がいいですが、そうはいかないという場合もあるでしょう。
夏なら汗をかきますし、お風呂に入っていない身体で仕事や遊びに行くのは誰だって抵抗を感じます。
そんな時は湯船に浸かるのを止め、シャワーだけで簡単にお風呂を済ませるようにしてください。

また、シャワーにしてもあまり熱いお湯にしたり長時間浴びたりするのはおすすめできないですし、
どうしても湯船に浸かりたい場合はぬるめのお湯にして短時間でサッと入ってください。
手術の腫れや痛みがおさまるまで、入浴はこういったスタイルでこなすことになります。

2. 血行がよくなると傷が悪化する

そもそもなぜ入浴がいけないのか、それはお風呂に入ると血行がよくなってしまうからです。
普段なら血行がよくなるというのは決して悪いことではないのですが、
インプラントの手術後に血行がよくなるのは傷の癒えが遅くなる事態を招くのです。

これは、血行がよくなることで腫れや痛みが悪化したり出血したりすることがあるからです。
このため、「入浴がダメ」と言うよりは「血行がよくなる行為がダメ」と表現した方が的確ですね。
今回テーマにしたお風呂を含め、血行がよくなる行為は全てインプラントの手術後は控えてください。

3. 血行がよくなる行為

上記で説明したように、血行がよくなる行為は手術の腫れや傷の痛みを悪化させる可能性があります。
それが理由で手術後の入浴を控えるわけですが、入浴以外にも血行がよくなる行為はいくつかあります。
具体的に挙げると、飲酒する、運動をする、サウナに行く、日焼けをする、これらの行為でも血行がよくなります。

手術後はお風呂に限らずこれらの行為全てを控えるべきですし、
控える期間の目安としては傷や腫れがおさまるまで…個人差を含めて1週間前後になります。
無理にやってしまうと傷が癒えるのが遅くなり、結果的に治療期間も長くなってしまいます。

4. 仕事に関して

上記の「運動」に注目してほしいのですが、仕事上運動が必要だという人もいます。
重たい荷物を運ぶなど、身体を動かしたり力を使ったりする仕事がこれに該当します。
本来、インプラントの手術後は翌日から仕事をすることが可能です。

しかしこうした仕事の場合はそうとも言えないので、その際は実際の仕事内容を話し、
問題ないかを歯科医に確認してください。もし問題があれば可能であれば仕事を休んだ方がいいですし、
無理なようなら傷が癒えるまでの期間は仕事内容を変える申請をするなどの工夫が必要です。

5. 不明な点は歯科医に質問する

実際の治療の際には、入浴を含めて手術後の注意点を歯科医がきちんと説明してくれます。
ただ、それでも不明な点はあるでしょうし不安な点だってあるでしょう。
そんな時は自身で判断せず、必ず歯科医に質問したり相談したりするようにしてください。

問題ないと思ってしたことが腫れや傷口や出血を招いてしまうこともありますし、
思わぬトラブルを避けるためにも不明な点は歯科医に質問するのが確実です。
また、歯科医院によってはHP内や電話でインプラントに関する質問を受け付けているところもあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントの手術後の入浴についてまとめます。

  1. 数日間はシャワーのみ :できるだけ入浴は控え、どうしても入りたいならシャワーで簡単に済ませる
  2. 血行がよくなると傷が悪化する :入浴すると血行がよくなり、傷や腫れが悪化してしまう
  3. 血行がよくなる行為 :運動、飲酒、サウナ、日焼けなども血行がよくなるため、これらも控えるべき
  4. 仕事に関して :運動が必要な仕事をしている人は、仕事をしても問題ないか歯科医に確認する
  5. 不明な点は歯科医に相談する :不明な点は歯科医に質問。HPなどで質問を受け付けているところもある

これら5つのことから、インプラントの手術後の入浴について分かります。
インプラントの手術では入院の必要はないですし、当日帰宅して普段どおりの生活が可能です。
しかし手術後の数日間はいくつかの制限があり、どうしても不自由なこともあるでしょう。

入浴もその中の1つですが、こうした制限をきちんと守ることが安全に繋がっていくのです。
インプラントは歯科治療の中でも大掛かりなものですし、長い治療期間を必要とします。
治療の安全性を高めて事故を招かないためにも、入浴を含めた全ての注意点を守るようにしてください。

PAGE TOP