ホーム >Blog > 自分が歯周病かどうかを知るための、簡単な自己診断の方法ってありますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

自分が歯周病かどうかを知るための、簡単な自己診断の方法ってありますか?

歯周病の厄介なところは、分かりやすい自覚症状がないことです。
このため、知らない間に歯周病になり、いつの間にか進行してしまっているというケースが多いのです。
そこで、自身が歯周病になっているかどうかを知るための自己診断をここに用意しました。
ここで挙げた項目に該当する場合はチェックをし、
チェックの数が多ければ多いほど歯周病になっている可能性があります。

1. 口臭がする

歯周病になると口内が不潔な状態になります。歯周病菌が繁殖するのはもちろんですし、
歯周病によって歯茎に膿みが出たり、出血しやすくなるのです。
そして、こうした細菌の増殖や膿みや出血は、いずれも口臭の原因になるのです。

また、例え歯磨きしたところで歯周病は簡単には治りません。
このため、毎朝歯磨きしても口臭がしたり、常に口臭が気になるという場合は歯周病の可能性があるのです。
「口臭=歯周病」とは限らないものの、実際に口臭がする以上は口内に何らかの問題があることは確かです。

2. タバコを吸う

タバコが身体に悪いのは言うまでもない事実ですが、口内にも悪影響を及ぼします。
例えば、タールが歯につくことでプラークが付着しやすくなりますし、
ニコチンによって身体の免疫力が低下すれば、口内の病気にもなりやすいのです。

そして、これらの事実は歯周病を引き起こしやすくなると言い換えることもできます。
実際に喫煙者と非喫煙者を比較した場合、
喫煙者が歯周病になる確率は非喫煙者のそれに比べて遥かに高くなるが証明されています。

3. 歯科医院にずっと行っていない

口内に何も問題がなければ歯科医院に行かないのは当然、そう思う人が多いかもしれません。
しかし、歯科医院は治療だけでなく、予防するためにも存在しているのです。
事実、自覚症状の乏しい歯周病を自身で完全に予防するのは困難です。

例えば、口内に歯石がある人は歯科医院でクリーニングをしない限り除去できないですし、
歯石にはプラークとは比較にならないほどたくさんの細菌が潜んでいるのです。
このため、歯科医院で定期検診を受けていない人はそれだけで歯周病になっている可能性があるのです。

4. 歯が長くなった

これは、歯が伸びたわけではありません。歯茎が下がったことで歯が長くなって見えるのです。
歯周病になると顎の骨が徐々に溶かされていきますが、
同時に顎の骨を覆っている歯茎も退縮する傾向があります。つまり、歯茎がどんどん下がってくるわけです。

そして、この歯茎の退縮が歯の見た目にも影響してきます。
本来なら歯茎に覆われている歯の根元が、歯茎が下がったことで露出してしまうのです。
これによって歯が長くなったように見え、この症状が起こるからには歯周病の可能性が高いのです。

5. 熱いものや冷たいものがしみる

例え歯周病でなくても虫歯の可能性があるため、この自覚症状があったらすぐに歯科医院に行くべきです。
ちなみに、歯周病で熱いものや冷たいものがしみるのは、
上記で説明した「歯が長くなること」に関係しています。

歯が長くなるのは、歯茎の退縮で歯の根元が露出したからだと説明しましたが、
実はこの歯の根の部分と言うのは刺激に対して敏感な特徴を持っているのです。
普段は歯茎に覆われていたので問題なかったものの、
露出することで熱いものや冷たいものが刺激となり、しみると感じるようになるのです。

6. 口内がネバネバする

歯周病になると、歯周病菌の影響で口内がネバつくようになります。
特に、唾液の少ない起床時にこの症状を感じることが多いです。
イメージとしては、ネバつきが大きいほど口内が細菌にまみれていると思ってください。

また、この場合も必ずしも歯周病とは限らないものの、
口内がネバつくと言うのは決して喜べる症状ではありません。
歯周病でないとしてもドライマウスの可能性があり、どちらにしてもすぐ歯科医院に行くべきです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、自分が歯周病かどうかを知るための自己診断の方法についてまとめます。

  1. 口臭がする :歯周病菌や、歯周病による歯茎の膿みや出血が口臭を引き起こしている可能性がある
  2. タバコを吸う :喫煙者は非喫煙者と比較して歯周病になる確率が格段に高い
  3. 歯科医院にずっと行っていない :定期検診を受けていなければ、歯周病を予防するのは難しい
  4. 歯が長くなった :歯周病で顎の骨が溶かされると歯茎が下がるため、歯が長くなって見える
  5. 熱いものや冷たいものがしみる :歯茎が下がり歯の根元が露出すると、熱いものや冷たいものがしみる
  6. 口内がネバネバする :口内が歯周病菌にまみれている可能性がある

これら6つのことから、自分が歯周病かどうかを知るための自己診断の方法が分かります。
ここで挙げた項目全て、いずれも絶対に歯周病と決めつけられるほどの根拠はないものの、
複数の項目に該当するとなると歯周病である可能性が高いです。
すぐに歯科医院に行って診察してもらうべきですし、このまま放置するのは明らかに危険です。

PAGE TOP