ホーム >Blog > 歯が黒ずんで虫歯っぽいのですが痛くありません。今はまだ歯医者に行かなくても大丈夫ですか?

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

歯が黒ずんで虫歯っぽいのですが痛くありません。今はまだ歯医者に行かなくても大丈夫ですか?

みなさんは、どのタイミングで歯科医院に行くことを決意するでしょうか?
そして、多くの人がこの質問に対して「歯が痛くなった時」と答えます。
例えば、歯が黒ずんで虫歯のように思えても、痛くなければ歯科医院に行かないという人もいるのです。
しかし、その決断は思わぬ事態を招いてしまうきっかけになるのです。

1. 歯が黒ずんでいる理由

虫歯で歯が黒ずんでいる場合、進行度としては初期段階ですから特に痛むこともないでしょう。
しかし、虫歯はそこから進行していきます。
このため、歯の黒ずみを発見したらできるだけ早く歯科医院に行って診察を受けてください。
初期段階の虫歯なら大きな治療にならないですし、症状次第では削らずに虫歯治療することが可能です。

ちなみに、「歯が黒ずんでいる=虫歯」と100パーセント断言することはできませんが、
詰め物の劣化など何らかの問題が起こっていることは間違いありません。
原因を知るためにも、例え痛くなくても歯が黒ずんでいる以上、必ず歯科医院に行ってください。

2. 痛みを感じた時は虫歯が進行している

虫歯で歯が黒ずんでいる場合、初期段階である可能性が高いです。
初期段階の虫歯は痛みがないため、この程度なら歯科医院に行かなくていいと思う人もいるかもしれません。
しかしそれは大きな間違いです。まず、虫歯は基本的に自然に治ることはありません。
このため、初期段階だろうと中期段階だろうと治療しない限り虫歯菌は除去できないのです。

そもそも、痛みを感じた時には虫歯はある程度進行していることが予想できるため、
初期段階で発見できたことをむしろ幸運に思うべきでしょう。
歯が黒ずんでいるだけの初期段階の虫歯なら、歯をたくさん削ることなく治療も可能ですし、
治療期間も重度の虫歯に比べれば格段に短くてすみます。

3. 虫歯は自然には治らない

「虫歯は自然には治らない」、これは絶対に知っておいてください。
歯の黒ずみに限らず、虫歯の予感がした時は必ず歯科医院に行って治療を受けてください。
そうしなければ虫歯が治ることはないですし、進行して症状が悪化する一方です。

特に、歯の神経まで侵されてしまうと根管治療という大掛かりな治療が必要になってきますし、
虫歯が進行すればするほどつらくて長い治療を受けなければなりません。
少しでも早く、簡単な治療で虫歯を治すためには、少しでも早く歯科医院に行くことが絶対条件なのです。

4. 既に神経が死んでいる可能性

歯の神経が死ぬと歯が黒ずむため、既に虫歯が進行して神経が死んでしまっている可能性もあります。
最も、この場合は神経が死ぬ以前に激痛に襲われるため、本人も神経が死んだ自覚があると思います。
もし本当に神経が死んでいるなら、既に痛みを感じることはないでしょう。

しかし、虫歯はこれで終わりではなく、むしろここからが本当の怖いところです。
神経が死んでしまうと顎の骨まで虫歯菌が到達し、膿みを出して再び痛むようになります。
さらも血液に虫歯菌が侵入すると全身に菌が回り、脳梗塞や心筋梗塞の引き金になるのです。
つまり、治療しなければ命に関わる病気を引き起こす可能性があるのです。

5. 虫歯を放置するとどうなるか

上記でも虫歯の怖さに少し触れましたが、虫歯を放置するとどうなるかを説明していきます。
今回のテーマでもある歯の黒ずみは、虫歯の初期段階の可能性があります。
では、この時点で治療しなければどうなっていくのでしょうか。
まず歯に穴が空き、それが象牙質にまで達すると痛みを感じるようになります。

さらに進行すると歯の神経まで侵され、歯の神経が死ぬことには歯もボロボロになっているでしょう。
歯の神経が死ぬことで今度は虫歯菌が全身に回り、大きな病気を引き起こしてしまうのです。
この流れで虫歯は進行していきますが、治療しない限り進行がとまることはないのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯が黒ずんで虫歯っぽくても、痛くなければ歯科医院に行かなくていいかについてまとめます。

  1. 歯が黒ずんでいる理由 :初期段階の虫歯の可能性。虫歯とは限らないものの、異常があるのは確実
  2. 痛みを感じた時は虫歯が進行している :初期段階の痛くないうちなら、早くて楽な治療ですむ
  3. 虫歯は自然には治らない :虫歯は治療しない限り治らない。この事実を知っておかなければならない
  4. 既に神経が死んでいる可能性 :直前に激痛があったなら、神経が死んで黒ずんでいる可能性がある
  5. 虫歯を放置するとどうなるか :進行し、最終的には全身に虫歯菌が回って大きな病気を引き起こす

これら5つのことから、歯が黒ずんで虫歯っぽくても、痛くなければ歯科医院に行かなくていいか分かります。
まず、「痛くなければ歯科医院に行かなくてもいい」という考えは間違っています。
例え痛くなくても、虫歯を予感したらその時点で歯科医院に行くべきです。
虫歯は自然には治らないのですから、いずれ治療しなければなりません。
だったら早く治療を受けた方が、患者さんにとっても負担の少ない治療ですむのです。

PAGE TOP