ホーム >Blog > 初期段階だろうと進行していようと、虫歯の治療方法は基本的に同じですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

初期段階だろうと進行していようと、虫歯の治療方法は基本的に同じですか?

虫歯の治療方法はどんなものなのか、それは一定ではなく一言で答えることはできません。
と言うのも、虫歯がどれくらい進行しているかによって治療内容は全く異なるからです。
初期段階から簡単な治療ですみますし、進行していればそれだけ大掛かりな治療になるのです。
では実際にどんな治療内容になるのか?虫歯の進行度ごとに治療内容を説明していきます。

1. 虫歯の進行度

虫歯の進行度はC0、C1、C2、C3、C4の5段階に分けられています。
C0はまだ穴は開いていないですが、歯の表面のエナメル質が透明感をなくして濁った状態になっています。
C1はエナメル質が溶けて浅い穴が開きますが、痛みやしみなどの自覚症状まではありません。
C2は虫歯菌が象牙質にまで達しているため、冷たいものを食べるとしみるようになります。

C3は歯の神経まで虫歯菌に侵された状態です。激しい痛みを感じ、やがて神経は死んでしまいます。
C4は歯の根まで虫歯菌に侵されており、ここまでくると歯はほとんど失われた状態になっています。
虫歯はこの5段階に分かれており、段階ごとで治療内容が異なります。
言うまでもなく、症状が重くなるにしたがって大掛かりでつらい治療になります。

2. C0段階の治療

虫歯と言うよりは正確には虫歯になりかけの状態なので、本格的な治療は必要ありません。
正しい歯磨きさえ怠らなければ、それで健康な状態に戻すことが可能です。
フッ素入りの歯磨き粉やうがい薬などを積極的に利用して、口内を徹底的に清潔に保ちましょう。

また、治療ではなく定期検診の意味で歯科医院に通い、
その都度虫歯の状態をチェックしてもらってください。正しい歯磨きの方法を教わることもできるため、
それを毎日のブラッシングに活かしてください。

3. C1段階の治療

虫歯になっている箇所を削りますが、歯の奥にある象牙質までは削らないので痛みはありません。
削った箇所は詰め物をして対処します。虫歯の進行度としては完全に初期段階ですが、
複数の箇所にこうした虫歯がある際には注意が必要です。

この場合、口内が細菌にまみれた状態になっているため、そのための対処をすることになります。
まず、歯科医院で正しい歯磨きの方法を教わり、それを実践してください。
また、歯科医院で定期検診を受けてその都度口内の状態をチェックしてもらってください。

4. C2段階の治療

虫歯が象牙質にまで達しているため、治療で削る時に痛みを感じることがあります。
一般的に多くの人がイメージする虫歯治療は、おそらくこの段階の治療内容をさしています。
削って詰め物をするという流れはC1の時と同じですが、削る量と深さはこちらの方が大きくなります。

また、神経がどんな状態になっているかがこの段階の治療のポイントになります。
基本的には神経を保護するための薬を詰めますが、
その後も酷い痛みを感じるようなら神経を抜くかどうかを相談することになります。

5. C3段階の治療

神経まで虫歯に侵されているため、ここまでになると神経を抜く治療も必要になります。
この治療では神経の状態によっては激しい痛みを感じるため、
その際には麻酔をして治療を行うことになります。

神経を抜いた後は清掃と消毒をして、炎症が起きるのを予防します。
これは根管治療と呼ばれており、虫歯治療の中でも難しい方に分類されます。
このため、信頼できる歯科医院で治療を受けるようにしてください。

6. C4段階の治療

この段階になるともはや治療できないですし、歯自体もほとんど失われた状態になっています。
この段階で必要なのは抜歯です。抜歯して傷が癒えた後、その後の対処を考えることになります。
以前は銀歯で対応することが多かったのですが、今では見栄えや質の点からセラミックが主流です。

とは言え、セラミックは保険が適用できないので高額になります。
また、プラスチックで対応することもできるため、
この点は患者さんと担当の歯科医で相談して素材を決めることになります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、初期段階でも進行していても虫歯治療の方法は同じなのかについてまとめます。

  1. 虫歯の進行度 :C0からC4までの5段階で分けられている。数字が大きくなるほど進行度が増す
  2. C0段階の治療 :虫歯になりかけの状態。正しく歯磨きすれば健康な状態に戻せる
  3. C1段階の治療 :削って対処するものの痛みはない。削った箇所は詰め物で対処する
  4. C2段階の治療 :C1段階と同じような治療だが、削る量と深さが大きくなるため痛みを感じる
  5. C4段階の治療 :治療不可。抜歯してその後の対処を相談して決める。今はセラミック治療が主流

これら6つのことから、初期段階でも進行していても虫歯治療の方法は同じなのか分かります。
同じ虫歯でも進行度に応じて治療内容は全く異なり、虫歯が進行するほどつらい治療になってきます。
このため、虫歯に対してはいかに早期発見と早期治療が重要なのかが分かります。
少しでも異常を感じたらすぐに診てもらうべきですし、
さらに言うなら予防のために歯科医院で定期検診を受けるようにしてください。

PAGE TOP