ホーム >Blog > 現在虫歯の治療で通院していますが、痛みはなくなりました。 もう通院をやめてもいいですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

現在虫歯の治療で通院していますが、痛みはなくなりました。 もう通院をやめてもいいですか?

虫歯が痛んで歯科医院に行く人の中には、
「虫歯を治すために行く」のではなく「痛みを治めるために行く」と考える人がいます。
そういった考えの人は、大抵は痛みがなくなると通院しなくなってしまうのです。
いわゆる治療途中で通院をやめてしまうわけですが、この場合にどんな問題があるかを考えていきます。

1. 虫歯が進行する

そもそも、治療途中で痛みがなくなるのは珍しいことではありません。
しかし、だからと言って虫歯が治っているわけではないのです。
このため、通院をやめることで虫歯はさらに進行していきます。

また痛くなったらまた治療すればいい、中にはそう思う人もいるかもしれません。
しかし、再治療は治療期間も長くなってそれだけ費用も高くなるのです。
治療も途中からとはいかず、また最初から行うことになるパターンがほとんどです。

2. 他の歯に影響する

治療途中で通院をやめる場合、治療中の歯は削りっぱなしの状態になっています。
そして、その状態が周囲の歯に影響を与えてしまうのです。
例えば、前歯を削りっぱなしの場合は噛み合わせが悪くなってしまいます。

噛み合わせが悪い状態が続けば顎が痛くなりますし、頭痛や肩こりの要因にもなり得ます。
また、奥歯の場合は隣の歯が傾いたり歯が削れてくることもあるのです。
こうした症状が起こるのは健康上よくないのはもちろん、見た目にも影響してきます。

3. 再び虫歯になりやすくなる

仮に虫歯菌を全て除去した状態であったとしても、
治療途中でやめてしまえば詰め物がすぐとれてしまい、そこから再び細菌が侵入していきます。
しかもこの場合、元の虫歯以上に症状が酷くなるケースが多いのです。

また、削りっぱなしの状態でやめてしまうと神経が近くに存在することになるため、
再び虫歯になった時には神経まで侵されてしまう可能性が高いのです。
そうなると、根管治療や抜歯が必要なってくることもあります。

4. その歯科医院に行きにくくなる

これは症状と言うよりは心理的な問題です。
治療途中で突然通院をやめてしまうと、どうしてもその歯科医院には行きにくくなるでしょう。
もちろん、後に来院した時に歯科医に断られることはないものの、
前回途中で通院をやめてしまったことでどうしても気まずさを感じます。

そうなるとその歯科医院には行きづらくなり、
それを繰り返してしまえば通える歯科医院がなくなってしまいます。
後のことを考えると、近くの歯科医院に行きづらくなるのは大きなデメリットになるのです。

5. 虫歯以外の症状がある可能性

いくら歯科医でも、いくつかの症状を同時に治療はできません。
例えば、虫歯と歯周病を患っている人なら先にどちらかの治療をすすめ、
後にもう一方の治療を行うのが普通です。

このパターンで言うなら、虫歯の治療途中で通院をやめてしまうことで歯周病治療は一切行われません。
そうなると、言うまでもなく歯周病はどんどん進行していきますし、
治療途中でやめてしまった虫歯もさらに進行してしまうのです。

6. 虫歯を放置するとどうなるか

虫歯治療の途中で通院をやめてしまえば、虫歯が完治しないのは言うまでもありません。
つまり、虫歯はどんどん進行していくわけです。
では、進行し続けることで実際にどうなるかを考えてみましょう。

虫歯が進行するとやがて神経まで虫歯に侵されます。
そうすると神経は死んでしまいますし、虫歯はここからさらに進行します。
やがて血管を通じて虫歯菌が全身に回り、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすこともあるのです。
これらは命に関わる病気ですし、実際に虫歯が元で死亡した事例もあるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、痛みがなくなれば虫歯の治療途中でも通院をやめていいのかについてまとめます。

  1. 虫歯が進行する :痛みがなくなっても完治したわけではないので、虫歯は再び進行する
  2. 他の歯に影響する :削りっぱなしになっていることで、噛み合わせが悪くなるなどの問題が起こる
  3. 再び虫歯になりやすくなる :治療途中の歯は虫歯になりやすく、症状も酷くなるケースが多い
  4. その歯科医院に行きにくくなる :途中でやめてしまうことで、その歯科医院には気まずくて行きづらい
  5. 虫歯以外の症状がある可能性 :歯周病なども患っていた場合、それらの治療はされていないことになる
  6. 虫歯を放置するとどうなるか :歯の神経が侵され、全身に虫歯菌が回ってしまう

これら6つのことから、痛みがなくなれば虫歯の治療途中でも通院をやめていいのかが分かります。
結論から言えば、途中で通院をやめてしまうのは厳禁です。
「痛みがなくなる=虫歯が治った」というわけではないため、虫歯菌が依然残ったままになっているのです。

このため、虫歯はまた進行していきますし、進行することで今以上に酷い症状を引き起こしてしまうのです。
いざ酷い症状になった時、一度通院をやめていることでその歯科医院には行きづらく、
その時困ってしまうのは何より自分自身なのです。

PAGE TOP