ホーム >Blog > 急に虫歯が痛んだ時にできる応急処置の方法が知りたいです

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

急に虫歯が痛んだ時にできる応急処置の方法が知りたいです

虫歯の痛みは突然やってくるもので、時には真夜中に激痛に襲われることもあります。
そんな時はすぐ歯科医院に行くこともできないため、つらい思いをしなければなりません。
そこで、急な虫歯の痛みへの対処となる応急処置の方法をいくつか紹介しておきます。
もちろんそれで治ることはないものの、幾分か痛みをやわらげることができます。

1. 冷やす

患部を冷やすのは応急処置として基本ですが、冷やし方にコツがあります。
歯が痛む場合は直接ではなく、頬から冷やしてください。
氷枕や濡れタオルを当ててもいいですし、解熱用の湿布を貼るのも楽になります。

歯が痛んでいる時は血液が多くなって神経が圧迫しているので、
冷やすことによって血流を抑え、痛みをやわらげることができるのです。
余程痛い場合は、冷水を直接口に含むのも効果があります。

2. うがいをする

うがいをするのは冷やすためではなく、口内を清潔にするためです。
と言うのも、食べカスが神経を圧迫することで痛みを招いている可能性があるからです。
本来ならブラッシングで除去すればいいですが、痛む場合は患部を刺激してはいけません。

ゴシゴシと磨いたり、指で触れてしまうと余計に痛くなってしまうのです。
このため、うがいによって食べカスを除去するようにしてください。
もしあるなら、うがい薬を使用すれば殺菌作用もあるのでより効果的です。

3. 痛み止めを飲む

シンプルな方法ですが、痛み止めで歯の痛みを抑える方法もあります。
ちなみに、歯科医院で痛み止めを処方してもらうことができますが、
市販の痛み止めでも充分効果を得られます。

ただし、あくまで一時的な効果しか得られないため、
薬が切れると同時に再び痛みを感じるようになるでしょう。
痛み止めで痛みを軽減し、効果があるうちに歯科医院で治療してもらうのが理想です。

4. 正露丸を詰める

正露丸は歯の痛みにも効果があります。使用方法をよく読めば分かりますが、
正露丸で歯の痛みに対処する時には飲んではいけません。正露丸を直接患部に詰めるのです。
実際に触ってみると粘土のように柔らかいので、患部に押し込むことでしっかり詰めることができます。

また、虫歯の歯の痛みを抑える塗り薬も市販されているので、
もし持っているならそちらを使用した方がいいでしょう。
直接塗って痛みを抑えるため、痛み止めを飲むよりも早く効果が得られます。

5. 緊急歯科医療機関の利用

実は、歯科においても緊急医療機関が存在します。
子供の急病などで夜中に救急で病院に行った経験がある人もいるかと思いますが、
歯が痛んだ場合は緊急歯科医療機関を利用することができます。

問題はどこに病院があるかですが、
これは「緊急医療機関 歯科 地域名」などでネット検索することで調べることができます。
とは言え、実際に痛む時には調べる余裕はないでしょうから、
万一の事態に備えてあらかじめ病院と連絡先を調べておくことをおすすめします。

6. やってはいけないこと

逆に、歯が痛む時に絶対にやってはいけない行為も挙げておきます。
まず入浴や飲酒のように、血行をよくする行為をしてしまうと痛みが増してしまいます。
その意味では、運動することも厳禁ですし、まとめて言うなら身体を温める行為全てが禁止です。
また、患部に触れてしまうのも厳禁で、痛む歯をガリガリとこすったりしてはいけません。

刺激が伝わることで痛みが増すのですが、患部に触れることはそれに該当するのです。
さらに、タバコを吸うのも絶対にやめてください。
気持ちを落ち着かせるために吸いたくなる気持ちは分かりますが、
タバコを吸うことで神経が過敏になるため、むしろ痛みが増してしまうのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、急に虫歯で歯が痛んだ時にできる応急処置の方法についてまとめます。

  1. 冷やす :頬側から冷やすといい。氷枕や濡れタオルをあてたり、解熱用の湿布を貼る
  2. うがいをする :うがいで食べカスを落とすと痛みが引くこともある。ブラッシングするのはダメ
  3. 痛み止めを飲む :市販のものでも効果がある。ただし、効果はあくまで一時的
  4. 正露丸を詰める :使用方法に注意。飲むのではなく、患部に直接詰めて使う
  5. 緊急歯科医療機関の利用 :歯科の緊急医療機関も存在する。あらかじめ調べておくといい
  6. やってはいけないこと :入浴、飲酒、運動、喫煙、患部に触れるなどは全て厳禁

これら6つのことから、急に虫歯で歯が痛んだ時にできる応急処置の方法が分かります。
まず忘れてはならないのが、どれも応急処置であって治療とは違うということです。
つまり、どの方法でも痛みを抑えることはできるものの、歯の状態は何も変わらないのです。

このため、歯科医院で治療しない限り痛みは繰り返されますし、症状もどんどん悪化してしまいます。
夜中など、どうしても歯科医院に行けないタイミングで痛んだ時の対処として参考にしてください。
その意味では、最もやっていけないことは「そのまま歯科医院に行かずに放置すること」です。

PAGE TOP