ホーム >Blog > 甘いものを食べると虫歯になりやすいのはなぜですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

甘いものを食べると虫歯になりやすいのはなぜですか?

子供の頃、誰もが「甘いものを食べると虫歯になる」と教わった経験があると思います。
そして、誰もがその教えを知識にして大人になっていきます。
確かに、甘いものを食べると虫歯になりやすいというのは事実ですが、
ではなぜ甘いものを食べると虫歯になりやすいのか、ここではその理由を説明していきます。

1. 虫歯の要因

子供の絵本だと、バイ菌の形をした虫歯菌が道路工事のように歯に穴を空けて虫歯にしていますが、
実際の虫歯もそれと同じイメージになります。
虫歯を発生されるのはミュータンス菌という細菌で、いわば虫歯菌と呼ばれるものです。
この虫歯菌が酸を出し、その酸によって歯が溶かされて虫歯になるのです。

前述した絵本のイメージに合わせると「バイ菌=虫歯菌」であり、「道路工事」=「酸」になります。
ちなみに虫歯はどんどん進行し、放っておくと歯の奥の象牙質を破壊して神経にまで到達します。
虫歯が進行すると最終的には全身に虫歯菌が回ってしまい、
歯科とは一見無関係な脳梗塞や心筋梗塞、肺炎を招く恐れもあるので要注意です。

2. 虫歯菌は糖が好み

ミュータンス菌、いわゆる虫歯菌は糖が好みです。
上記で虫歯菌が酸を出すことで虫歯になると説明しましたが、
糖を吸収することで酸を出す働きが活発になるのです。
そしてこれが、甘いものを食べると虫歯になりやすい理由になります。

甘いものには糖が含まれており、虫歯菌はそれが大好物なのです。
このため、甘いものを食べることで虫歯菌は多くの糖を吸収し、その分大量の酸を出すのです。
酸を出す量が多ければ、それだけ虫歯になるリスクも当然高まります。
つまり、「甘いものを食べる=虫歯菌の酸を出す働きが活発になる=虫歯になりやすい」という流れです。

3. 歯磨きの効果

虫歯を予防するための基本が歯磨きです。
では、どうして歯磨きすると虫歯が予防できるのかも考えてみましょう。
虫歯菌が酸を出して虫歯を作ると説明しましたが、これはプラークの中で作られます。
また、実際には酸ができるまでには時間が掛かるのです。

と言うことは、酸ができるまでにプラークを除去できれば、虫歯は予防できることになります。
プラークは歯磨きで除去できるのですが、甘いものを食べても早めに歯磨きすることで、
酸が作られる前にプラークを除去して虫歯の要因を取り除くことができるのです。
この流れこそが、食べたら歯磨きすることが必要である理由です。

4. 虫歯の予防

虫歯予防の基本は毎日の歯磨きですが、実際にはそれだけでは不充分です。
ブラッシングでプラークを除去できなければ意味がないですし、
目に見えない口内のプラーク全てを除去するというのは難しいからです。
虫歯予防を徹底するなら、毎日の歯磨きに加えて歯科医院で定期検診を受けることです。

口内のクリーニングによってプラークが除去ですし、歯石も除去できることで歯周病予防にもなります。
また、毎日の歯磨きの効果を高めるため、正しい歯磨きの方法を指導してもらうこともできるのです。
そして何よりの利点が、もし虫歯になったとしても早期発見できることです。
早期発見できれば早期治療ができますし、初期段階の虫歯なら簡単な治療で治すことができるのです。

5. 唾液の効果

唾液には細菌を洗浄する効果があり、これが虫歯にも関わっています。
例えば、虫歯になりやすい人となりにくい人がいますが、これは唾液の質の違いによるものです。
そんな中、唾液の効果を半減させてしまう行為があります。
それは、食事の際によく噛まずに食べることです。

唾液は噛むことで出るため、よく噛まなければ食事中の唾液の量もそれだけ少なくなるのです。
食事は虫歯菌にとって絶好の活動の機会ですし、
その時に唾液の量が少ないのは虫歯になるリスクを高めます。
つまり、単に甘いものに注意するだけでなく、よく噛むという行為も意識しなければなりません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、甘いものを食べると虫歯になりやすいのはなぜかについてまとめます。

  1. 虫歯の要因 :虫歯菌が酸を出して歯を溶かして虫歯にする。放っておくとどんどん進行する
  2. 虫歯菌は糖が好み :虫歯菌は糖を吸収することでより酸を出す特徴を持っている
  3. 歯磨きの効果 :虫歯菌が酸を出すには時間が掛かる。それまでに歯磨きすれば虫歯を予防できる
  4. 虫歯の予防 :歯磨きだけでは不充分。歯科医院で定期検診を受けるのが確実
  5. 唾液の効果 :細菌の洗浄効果がある。よく噛まないと唾液の量が少なくなって虫歯になりやすい

これら5つのことから、甘いものを食べると虫歯になりやすいのはなぜかが分かります。
虫歯は虫歯菌の出す酸によって発生すること、虫歯菌は糖を吸収してたくさん酸を出すこと、
この二つの事実が甘いものを食べると虫歯になりやすい理由です。

ただし、これらの行為は目で見ることはできません。
目で見ることができない以上、歯磨きだけではどうしても虫歯予防として不充分になるのです。
虫歯を完全に予防するには、歯科医院で定期検診を受ける習慣を身につけることがポイントになります。

PAGE TOP