ホーム >Blog > 虫歯だらけで歯医者さんに怒られる気がして中々行けないのですが…

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

虫歯だらけで歯医者さんに怒られる気がして中々行けないのですが…

虫歯だらけの患者さんを診察した時、歯科医が驚くのは虫歯の多さではありません。
なぜここまで虫歯を放置していたかと言うことです。
そして、その疑問に対して多くの患者さんは「虫歯だらけで怒られると思って来なかった」と答えます。
怒られることはないにしても、この理由で歯医者に行かないのは余りにも無謀です。
では、仮にずっと歯医者に行かずに虫歯を放置したらどうなるかを考えてみます。

1. 虫歯が進行する

虫歯は自然に回復することがないため、治療しなければ当然進行していきます。
進行すれば痛みが増すのはもちろんですし、治療内容にも影響してきます。
治療時間はより長くなり、長くなった分だけ治療費も高くなってしまいます。

つまり、虫歯で歯医者に行かないことは、より症状を悪化させるのはもちろん、
時間とお金の出費も大きなものにさせてしまうのです。
そして、歯医者に行かない限りこの状況は悪化する一方です。

2. 神経が侵される

虫歯の到達点は歯の奥ではありません。歯の奥に達した虫歯はさらに進行し続け、
今度は歯の神経まで虫歯菌が侵してしまうのです。
この時には激痛という自覚症状が起こり、その痛さは初期の虫歯とは比較にならないほどです。
この状態になると痛みを我慢できないため、さすがに歯医者に行く人がほとんどです。

しかし、怒られるという理由でこの状態になっても歯医者に行かない人もいるのです。
そうするとやがて神経は死んでしまいます。神経が死ぬと痛みは感じなくなるものの、
症状はより深刻なものになりますし、まだ虫歯菌は進行を続けます。
歯の神経にまで達した虫歯菌は、さらに顎の骨にまで侵入してきます。

3. 手術が必要な可能性

顎の骨に虫歯菌が侵入することで炎症を起こすと、その治療に手術が必要なケースがあります。
ここに溜まった膿みを除去するには、歯茎を切開するしかないのです。
削るだけで済んだはずの虫歯が、放置したことによって手術が必要になってしまうのです。

稀なパターンではあるものの、実際にこうした状況に陥った患者さんがいるのも事実です。
また、脅かすわけではないものの、手術となれば治療への恐怖や緊張もあるでしょう。
ここまで来ると、もう簡単な治療とはいかなくなってしまいます。

4. 歯を失う可能性

ここまで虫歯が進行した場合、歯もほとんど元の形を失っているでしょう。
そうなると、例え治療しても歯は元通りにならないですし、抜歯が必要な可能性も高くなります。
本来、歯の治療は歯を残す前提で治療を行いますし、虫歯治療においてもそれは同じです。
しかし、虫歯の進行度合いによっては歯が残せないこともあるのです。

と言うより、ここまでの状況になるとむしろ残せない可能性の方が高いです。
また、抜歯の後は代わりの歯を使って対応できるものの、ここでもまた大きな選択を迫られます。
銀歯は費用が安いものの見栄えが悪く、セラミックは美しいものの費用は大変高額です。
すぐには決められない二択でしょうが、実際にこの決断が必要になってくるのです。

5. 命に関わる病気に発展

歯が痛み、神経が死に、膿みすら放置する、この状況になってもまだ歯医者に行かないと、
その先に待っているのは命に関わる病気です。最も、必ずそうなると言うわけではないものの、
リスクが高まるのは事実ですし、実際にそんな病気になってしまった事例もあるのです。
具体的には、歯の神経や顎の骨まで虫歯菌に侵されることで、虫歯菌は血管を通じて身体中に回ります。

この時、脳に回ってしまえば脳梗塞を引き起こす危険性がありますし、
心臓に回ってしまえば心筋梗塞を引き起こす危険性があるのです。
虫歯を放置したために死亡した例もあり、最悪の場合、命を脅かすほどの問題になり得るのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯だらけで歯医者さんに怒られそうで行けない問題についてまとめます。

  1. 虫歯が進行する :虫歯は自然には治らない。歯医者に行って治療しない限り進行し続ける
  2. 神経が侵される :神経が侵されることで痛みは激痛に変わり、やがて神経も死んでしまう
  3. 手術が必要な可能性 :顎の骨が虫歯菌に侵されると、膿みが溜まって歯茎を切開しなければならない
  4. 歯を失う可能性 :進行の度合いによっては抜歯が必要になり、歯が残せない可能性も出てくる
  5. 命に関わる病気に発展 :心筋梗塞や脳梗塞、虫歯が原因でこれらの症状が起こることもある

これら5つのことから、虫歯だらけで歯医者さんに怒られそうで行けない問題が分かります。
確かに、症状次第で歯科医が患者さんに意見を言うことはあります。
しかしそれは、放置するとこうした事態を招くために警告しているのです。

それは怒るのではなく注意であって、何より患者さんのためなのです。
例え言い方がキツく感じるにしても、そのために虫歯を放置してこうした状態を招いては、
その時後悔するのは患者さん自身なのです。

虫歯は自然に治らない、放置すればどんどん悪くなる、
これらの事実を認識し、虫歯に気付いた時には一刻も早く治療を受けるようにしてください。

PAGE TOP