ホーム >Blog > 痛くもないのに、歯医者さんで「虫歯がある」と言われました。治療の必要はあるのですか?

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

痛くもないのに、歯医者さんで「虫歯がある」と言われました。治療の必要はあるのですか?

“歯が痛いと言えば虫歯、虫歯と言えば歯が痛い”、誰もがそんな常識を持っています。
このため、痛くないのに「虫歯がある」と歯科医と言われると、その診断を疑問に思う人もいるでしょう。
そして、そんな時には歯科医の言うとおり治療する必要があるのかどうかも考えてしまいます。
ここで問題なのは、“歯が痛いと言えば虫歯、虫歯と言えば歯が痛い”という間違った常識で、
虫歯だけど痛みがないと言うのは、実は何も不思議なことではないのです。

1. 虫歯には段階がある

虫歯は、進行状況によってC0~C4までの5段階に分けられています。
C0、C1、C2、C3、C4と数字が大きくなるほど虫歯が進行していることになり、
初期段階のC0やC1に至っては、歯科医でなければ虫歯とは気づかないでしょう。

と言うのも、虫歯の初期段階は自覚症状がないからです。
C0は見た目にも穴が空いていないですし、虫歯になりかけの状態で痛みはありません。
C1は冷たいものがしみたりするものの、虫歯ならではのあのズキズキした痛みはないのです。
つまり、これらの進行状況であれば“虫歯だけど痛くない”わけです。

2. 歯周病にも自覚症状がない

自覚症状がない歯の病気は何も珍しくありません。
例えば、日本人が歯を失くす要因のナンバーワンとも言われる歯周病にも自覚症状がないのです。
最も、自覚症状がないからこそ気づきにくく、気づいた時には深刻なほど進行してしまっているわけです。

だからこそ治療しても歯を失うことになり、歯周病が歯を失う要因のトップに君臨しているのは、
こうした自覚症状がなくて気づきにくいという点が大きな理由になっているのです。
その意味では、自覚症状がない時点で歯の異常が発覚するのは患者さんにとって幸運でもあるのです。

3. 虫歯は自然回復しない

一度虫歯になった以上、治療しない限りは治りません。
最も、C0の段階でよほど歯を清潔にしていれば別ですが、例外なのはそのパターンだけです。
このため、痛みがなくても虫歯が発覚した以上、治療しなければならないのです。

ちなみに、虫歯治療が嫌という理由で治療に抵抗があるならそれは心配いりません。
と言うのも、C0の段階なら削らずに治療することも可能ですし、
進行した虫歯の治療に比べ、治療も簡単で期間も短くて済むのです。
もしこれを放置してしまうと、虫歯が進行して治療も簡単ではなくなってしまうのです。

4. 以前痛かった場合は深刻

虫歯が進行すると痛みが増し、神経にまで達した時には激痛を感じるようになります。
その後はどうなるかと言うと、意外にも全く痛みを感じなくなるのです。
これは神経が死んでしまったのが原因で、言うまでもなく虫歯が治ったわけではありません。
この状態になると、虫歯菌が顎の骨や身体に回ってしまう可能性もあり、より危険な状態です。

このため、もし過去に虫歯で痛んだにも関わらず放置して、今では痛くないと言うのなら、
それは虫歯が相当深刻な状態まで進行していることになります。
この場合、神経が死んで痛くないだけなので、むしろ一刻も早い治療が必要になるのです。

5. 痛くなければ虫歯でないという認識は捨てる

ここで説明してきたように、虫歯は絶対に痛むとは限りません。
初期段階であれば痛みは感じないですし、逆に進行しすぎた虫歯にも痛みはないのです。
「虫歯=痛い」という認識をあまり持ちすぎると、こうした場合に危機感を持てなくなってしまいます。

例え痛みのない初期段階でも、虫歯である以上は治療が必要です。
また、神経が死んでしまっているほどの虫歯だと、治療しなければ命に関わる病気に発展しかねません。
このため、痛くなければ虫歯でないと認識は捨て、歯科医の勧めるとおり治療を受けてください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、痛くもないのに歯医者さんで「虫歯がある」と言われた時の対応についてまとめます。

  1. 虫歯には段階がある :初期段階のC0、C1では自覚症状がないため、痛くないこともあり得る
  2. 歯周病にも自覚症状がない :歯周病も自覚症状がなく、痛みがなくても歯が病気の可能性は充分ある
  3. 虫歯は自然回復しない :虫歯は自然に治らないため、発覚した以上は治療しなければ治らない
  4. 以前痛かった場合は深刻 :神経が死んで痛くないのは大問題。一刻も早い治療が必要
  5. 痛くなければ虫歯でないという認識は捨てる :痛くなくても虫歯の可能性がある事実を認識すべき

これら5つのことから、痛くもないのに歯医者さんで「虫歯がある」と言われた時の対応が分かります。
痛くないのに虫歯があると言われる、その時のパターンは2つしかありません。
1つは完全な初期段階であり、ここで虫歯が見つかったことをむしろ幸運に思うべきです。

もう1つは逆に虫歯が進行しすぎている場合で、痛くないのは神経が死んでいる証です。
この状態だと治療に迷っているどころではなく、一刻も早い治療が必要です。
どちらにしても、「痛くなければ虫歯ではない」と認識は捨てるべきでしょう。

PAGE TOP