ホーム >Blog > 被せ物は、歯茎が黒く変色するとお聞きしたのですが…

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

被せ物は、歯茎が黒く変色するとお聞きしたのですが…

虫歯を治療した際の被せ物、これに悪いイメージを持っている人も多く、その理由を聞くと「歯茎が黒く変色したから」と答える人がいます。
確かに被せ物を使うと歯茎が黒くなることがありますが、被せ物全てに言えることではありません。
問題となるのは被せ物の材質であり、ここでは被せ物と歯茎の変色との関連性を説明していきます。

1. なぜ被せ物で歯茎が変色する?

被せ物で歯茎が黒く変色するのは、その被せ物が金属でできている場合です。
金属は水分のある環境ではイオン化する特徴があり、唾液で満たされる口内はその環境に該当するのです。
金属がイオン化され、それが歯茎を覆うことでやがて歯茎は黒く変色してしまいます。
また、歯茎ではなく歯を覆ってしまうと、当然歯茎だけでなく歯も黒く変色してしまうのです。

つまり被せ物に使用されている金属が影響しているわけで、それを考えると銀歯が対象になります。
銀歯は見た目が悪いと言う意見がありますが、この特徴を考えると歯としての見た目だけでなく、歯茎の見た目も悪くしてしまうことが分かります。
いくら清潔さを心掛けても銀歯は劣化しますし、銀歯のある箇所に水分が存在する以上、歯茎の変色を防ぐことはまず不可能に近いです。

2. 変色しない被せ物はある?

これは簡単で、金属が歯茎の変色に影響している以上、金属を使わない被せ物にすればいいだけです。
そこで候補になってくるのがプラスチックやセラミックです。
ただし、そこに見た目の良さを条件に加えるなら、プラスチックよりもセラミックがおすすめです。
見た目の良さを考慮しつつ歯茎の変色を防ぐ、それに該当するのはオールセラミックになります。

プラスチックの方が費用は安いですし、確かにレジンは銀歯ほど目立ちません。
しかし強度に問題があるため、奥歯の被せ物として使うのは不安ですし、定期的なメンテナンスも必要です。
このため、レジンは歯茎の変色を防ぐことはできるものの、それ以外のデメリットが生まれてくるのです。
その点で考えても、最もおすすめの被せ物はオールセラミックと言うことになります。

3. なぜオールセラミックがおすすめ?

セラミックと言っても種類はいくつかありますが、歯茎の変色を防ぐにはオールセラミックが一番です。
なぜなら、他のセラミックでは金属を使用しているものもあるからです。
例えば、メタルボンドは見えない箇所には金属を使用していますし、ハイブリッドセラミックにはセラミックと金属が混合されているタイプのものがあります。

銀歯のように金属オンリーではないものの、実際に金属を使用している以上、歯茎の変色は起こり得ます。
つまり、例えセラミックでも100%セラミックの被せ物でなければ、同じ症状を招く恐れがあるのです。
これに該当するのはオールセラミックであり、オールセラミックなら歯茎の変色を防ぐことができます。
もちろん被せ物としても美しいため、これなら歯と歯茎の両方の見た目を綺麗に維持できるのです。

4. 黒く変色したらどうすればいい?

実際に黒く変色してしまった場合は、まず歯科医院に行って診察を受けてください。
人によっては歯茎が黒くても、見た目として気にしないと言う人がいるかもしれません。
確かに、歯茎の変色がここで挙げた原因によるものなら、見た目を気にしないなら治療も不要です。
しかし、全く別のことが原因で歯茎が黒くなることもあるのです。

虫歯の可能性だってありますし、歯周病の可能性だってあります。
特に銀歯を使用してそうなったのなら、銀歯の中で二次虫歯を引き起こしている可能性もあります。
つまり、単に歯茎が黒いと言うだけでは、その理由が断定できないわけです。
これが危険信号の可能性だってありますし、まずは診察を受けて原因を知ってください。

5. 具体的にどうやって治療する?

実際に被せ物の影響による変色だったとして、それをどうやって治療するのかを説明します。
基本的には被せ物を変更することで、非金属のものに変えることで改善できます。
上記で説明したように、この場合はオールセラミックがおすすめです。

また、変色してから期間が経っている場合は、被せ物を変更してもすぐには改善されません。
もちろん被せ物の変更は必要ですが、現状の変色を改善するにはレーザー治療が必要です。
歯科用のレーザーを用いるため、この治療も当然歯科医院で行うことができます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、被せ物で歯茎が黒く変色するのかについてまとめます。

  1. なぜ被せ物で歯茎が変色する? :金属を使用している場合、金属のイオン化によって変色が起こる
  2. 変色しない被せ物はある? :非金属製の被せ物を使えばいい。オールセラミックがおすすめ
  3. なぜオールセラミックがおすすめ? :他のセラミックだと、中には金属を使っているものがある
  4. 黒く変色したらどうすればいい? :被せ物が原因とは限らない。まず診察を受けて原因を知るべき
  5. 具体的にどうやって治療する? :被せ物をオールセラミックに変更。度合いによってはレーザー治療

これら5つのことから、被せ物で歯茎が黒く変色するのか分かります。
オールセラミックが優れているのは、単に被せ物としての見た目が美しいことだけではありません。
こうした変色のリスクがない以上、歯を美しく見せると同時に歯茎も美しく見せることができるのです。
このため、後のことを考えると現在銀歯を使っている人は、オールセラミックへの変更をおすすめします。

PAGE TOP