ホーム >Blog > 真っ白な歯で笑顔に自信を持ちたいのですが、費用が心配です

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

真っ白な歯で笑顔に自信を持ちたいのですが、費用が心配です

歯が変色している人は、人前で堂々と笑顔を見せられないと言うコンプレックスを抱えています。
“白い歯を手に入れて笑顔に自信が持ちたい”と願う人が多い今、審美治療が注目されています。
しかし、こうした治療は費用が高額であるため、それがネックで治療に迷うケースがあるのです。
そこでホワイトニングやセラミックの治療費の目安と、少しでも安い費用で白い歯を手に入れる方法を考えてみます。

1. ホワイトニングには種類がある

多くの人が「歯を白くする治療=ホワイトニング」のイメージがあると思いますが、実際にホワイトニングにはいくつかの種類があるのです。
つまり、単にホワイトニング治療と言ってもその方法には複数の種類があるわけです。
この事実を知っているだけでも、治療費を抑えることに役立ちます。

もちろんそれぞれの方法ごとに特徴は異なり、それぞれ独自のメリットとデメリットを持っています。
そして実際の治療費とそれぞれのメリットとデメリットを比較して考えることで、トータル的にお得に感じるホワイトニングの方法が見つかることもあります。
要するにホワイトニングの種類を知ることで、コスパ的に優れている方法が見つかることもあるのです。

2. オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングで、これも最も一般的な方法になります。
効果が出るのが早いため、少しでも早く白くしたいならこの方法しかありません。
効果の持ちは半年ほどで、費用の相場はおよそ5万円になります。
費用を抑えるアドバイスとしては、歯1本ごとに費用がカウントされるケースが多いことです。

つまり、前歯だけを白くしたいなら、奥歯の分の費用が節約できると言うわけです。
白くしたいところだけを白くする、この発想だけでオフィスホワイトニングは格段に安くなります。
ちなみに歯1本あたりの費用は2000円~3000円ほどになっており、これは歯科医院ごとで異なります。
安いに越したことはないものの、格安のホワイトニングは質が保証できないのでおすすめできません。

3. ホームホワイトニング

自宅で行うホワイトニングで、オフィスホワイトニングよりも費用が安いのが特徴です。
マウスピースと薬剤を使って行う方法ですが、全て自身で行うと言う手間が掛かります。
逆に言えば、その手間を不自由に感じないなら、確実に安くホワイトニングできることになります。
初回で3万円ほど必要になりますが、後は薬剤を購入して継続していきます。

薬剤は1週間~2週間分処方され、この時の費用は5000円~1万円ほどになっています。
効果が出るまでに時間が掛かるのがネックですが、1年ほど持続する効果が魅力です。
薬剤の追加購入が積み重なれば当然トータル費用が高くなりますが、一度に大きな金額が発生するのは初回のみと言う点がメリットです。

4. セラミックにも種類がある

被せ物においても、美しく白い歯を実現する方法があります。
セラミックは被せ物の中でも天然の歯と変わらない見た目を誇っており、銀歯のように被せ物だと見分けること自体が困難です。
また、そんなセラミック治療においても種類があり、その中から好きなタイプを選ぶことができます。

美しさを最優先するならオールセラミックで、美しい分費用も高く、1本10万円ほどになります。
また、ハイブリッドセラミックやメタルボンドなど、美しさを維持しつつランクを下げることで、オールセラミックよりも費用を抑え、さらに美しい白い歯を手に入れることができるのです。
このように、セラミックもホワイトニング同様に、いくつかの種類が存在するのです。

5. お手軽な方法の紹介

歯を白くする方法は上記で説明してきたように、ホワイトニングとセラミックが主になります。
それ以外にもいくつかある歯を白くする方法を、ここで簡単に紹介していきます。
まずホワイトコートと言って、歯にマニキュアを塗って一時的に白くする方法もあります。

また、セラミック治療でも特殊なタイプになるのがラミネートベニアです。
これは前歯に貼り付けるタイプのもので、爪で例えるなら付け爪のようなものです。
マニキュアもラミネートベニアも一時的に歯を白く見せるだけですが、結婚式など特定の行事のためだけに白くしたいなら、こういうお手軽な方法もおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯を白くするための方法と費用についてまとめます。

  1. ホワイトニングには種類がある :歯を白くする方法の一つがホワイトニング。種類も複数ある
  2. オフィスホワイトニング :歯科医院で行うホワイトニング。短期間で効果が出るが高額
  3. ホームホワイトニング :自宅で行うホワイトニング。安い分、自身で行うという手間が掛かる
  4. セラミックにも種類がある :歯を白くするもう一つの方法がセラミック。種類も複数ある
  5. お手軽な方法の紹介 :一時的なものなら、ホワイトコートやラミネートベニアも効果的

これら5つのことから、歯を白くするための方法と費用について分かります。
歯を白く方法として主なのはホワイトニングとセラミック治療です。
特にセラミック治療は銀歯にあった欠点を完全に克服していますし、確実に白い歯が手に入ります。
審美を求めると費用が高くなるのは確かですし、それが気になるのは当然です。
しかし現在の審美歯科治療では、その費用に見合う満足度を得られるのも確かなのです。

PAGE TOP