ホーム >Blog > セラミックは普通の銀歯と比べてどんなメリットがあるのですか?

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

セラミックは普通の銀歯と比べてどんなメリットがあるのですか?

虫歯治療などでの被せ物としては銀歯が一般的でしたが、最近はセラミックを希望する人が増えています。
セラミックは保険が適用されないため、銀歯に比べて高額なのですが、それでもセラミックを希望する人が多い以上、それだけの魅力があることになります。
そこでセラミックのメリットを実際に挙げ、銀歯と比較しながら説明していきます。

1. 見た目が美しい

これが最大のメリットです。最も、セラミックが美しいというのは誰もが聞いたことがあるでしょうから、実際にどれくらい綺麗かが重要ですが、一言で言うなら天然の歯と変わらない美しさになります。
オールセラミックは天然の歯と遜色ないため、被せ物かどうかもパッと見では判別できないほどです。

単に白いと言うだけでなく透明感があり、さらに患者さんの歯の色に合わせることができるため、それが天然の歯と変わらないクオリティを実現している要因なのです。
セラミックを希望する患者さんのほぼ全員が、この見た目の美しさのメリットに惹かれて決断しています。

2. 金属を使用していない

オールセラミックはその名のとおり全てセラミックでできており、金属を一切使用していません。
この特徴自体も銀歯と比較した上でのメリットになるのです。
例えば金属アレルギーの患者さんでも、オールセラミックなら安心して使えますね。

また、銀歯の場合は金属成分が流出してしまうことで、歯茎が黒ずむ特徴があります。
オールセラミックならもちろんそんな心配もないですし、歯だけでなく歯茎の美しさも保てるのです。
さらに金属を使用した場合は口内で金属の味がする違和感がありますが、それも感じなくて済むのです。

3. 長持ちする

セラミックの魅力は見た目だけではなく、単に被せ物の質としても優秀です。
まず純粋に被せ物としての寿命が長く、銀歯に比べて遥かに長持ちします。
セラミックと言う材質上、耐久性を心配する人も多いですがセラミックは銀歯よりも丈夫です。

単純に硬さだけで言えば銀歯の方が上ですが、金属には劣化があるもののセラミックにそれはありません。
老朽化による頻繁な交換は必要なく、特にジルコニアを使用すれば強度自体も相当なものになります。
清潔で長持ちする、これもまたセラミックが持つ銀歯に勝るメリットの一つなのです。

4. 虫歯になりにくい

銀歯の欠点として虫歯になりやすいと言うのが有名ですが、セラミックはその欠点も克服しています。
その要因は二つあり、一つは隙間ができにくいということです。
金属と歯はくっつけると言う点では相性が悪く、銀歯にするとどうしても隙間ができやすくなります。
このため、その隙間から虫歯が発生することが多いですし、劣化によって隙間ができることもあります。

一方セラミックはくっつきやすいため、こうした隙間が発生するリスクが激減するのです。
もう一つの要因はセラミックにはプラークが付着しにくく、清潔さを維持できることです。
銀歯は傷などに細菌が溜まったり、プラークが付着しやすいため、二次虫歯になりやすいのです。
その点セラミックにはそう言った欠点がないため、虫歯になりにくいメリットを持っているのです。

5. 精度が高い

歯科の世界にも最新のコンピューターが導入されており、セラミックはコンピューター上で設計されます。
このため、患者さんごとにピッタリと合う高い精度を誇っています。
これは歯並びと言った見た目の美しさにも関係しますし、隙間が生じにくいという衛生面にも関係します。

つまりセラミックは単に色だけでなく、歯並びや隙間の無さと言った点での見た目も美しいのです。
それが実現できるのは、銀歯に比べて精度が高い特徴を持っているからなのです。
特に隙間の生じにくさは単に見た目の美しさだけでなく、虫歯になりにくいと言う利点も生んでいます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックは銀歯と比べてどんなメリットがあるのかについてまとめます。

  1. 見た目が美しい :これが最大のメリット。天然の歯を変わらない美しさで被せ物だと分かりにくい
  2. 金属を使用していない :金属アレルギーでも安心して使える。金属が原因での歯茎の黒ずみも回避
  3. 長持ちする :被せ物としての寿命も長い。特にジルコニアなら硬さ自体も相当なものになる
  4. 虫歯になりにくい :隙間が生じにくくプラークも付着しにくいため、虫歯になりにくい
  5. 精度が高い :コンピューターで設計、製作できるため、患者さんにピッタリ合った精度に仕上げられる

これら5つのことから、セラミックは銀歯と比べてどんなメリットがあるのか分かります。
高額な点がネックですが、こうやって銀歯と比較したメリットを挙げるとそれだけの価値を感じます。
また、セラミックには種類があるため、選ぶ種類によっては今回挙げた事実と相違することがあります。
例えば、ハイブリッドセラミックでは金属を使用するケースがあります。
ここで挙げたことはオールセラミックを基準に説明しているので、その点だけ注意してください。

PAGE TOP