ホーム >Blog > セラミックは変色しませんか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

セラミックは変色しませんか?

セラミックは見た目が美しいのは確かですが、それを維持することができるかが気になりますね。
何しろ費用も高いわけですから、いくら美しくても短期間で変色してしまっては魅力も半減します。
しかし被せ物である以上、必ずいつかは劣化するわけですから、そんな時に変色が起こるかどうかについて説明していきます。

1. オールセラミック

100%セラミックでできたオールセラミックなら、長期間の使用を含めても変色は起こりません。
信じられないかもしれないですが、同じセラミックである陶器をイメージすれば納得できます。
例えば食事に際に使う茶碗、これは何年使っても汚れはあっても変色はしないですね。
セラミックも陶器と同じわけですから、茶碗と同じように変色しないのはある意味当然のことなのです。

もちろん汚れることはありますし、コーヒーなどで着色することはあるでしょう。
しかしその着色が残ってしまうことはないので、この場合あくまで一時的な汚れに過ぎません。
そもそもなぜセラミックは着色しないのか、これはセラミックが持つ水分を吸収しないという特徴がポイントになっているのです。

2. ハイブリッドセラミック

このタイプは長期間使用すると変色することがあります。
同じセラミックなのになぜ変色するのか?それは100%セラミックを使用したタイプではないからです。
ハイブリッドセラミックは名前のとおり、セラミックと金属やプラスチックなどが混合されたタイプです。
その分、オールセラミックより安いと言うのが利点ですが、オールセラミックほどの質は持っていないのです。

とは言え、変色すると言ってもコンポジットレジンのように短期間で変色することはありません。
また、あからさまな変色でもないため、変色はしても安定した白さは維持できます。
一切の変色が気に入らないと言うならオールセラミック一択になりますが、短期間での目立った変色が気になるなら、ハイブリッドセラミックでも充分役目は果たせます。

3. 美しさは見た目だけではない

オールセラミックは変色しない優れた被せ物ですが、その魅力は見た目だけではありません。
もちろん、見た目の白さや変色しないのはセラミックならではの大きな利点ですが、セラミックは清潔さにも長けており、プラークが付着しにくいと言う特徴も持っているのです。
特に銀歯を使った経験がある人は分かると思いますが、被せ物には二次虫歯のリスクがあります。

銀歯は隙間ができやすいために二次虫歯になりやすく、それで悩まされた人も多いはずです。
一方、セラミックはプラークが付着しにくい点から二次虫歯にもなりにくく、見た目どおりの清潔さを長期間維持することができるのです。
つまり、セラミックの美しさは見た目だけではないと言うことです。

4. 自然な白さならオールセラミック

変色するデメリットは何よりそこが目立ってしまうことで、言ってみれば見栄えが悪くなることです。
ちなみに同じ目立つことで考えれば、白すぎるのもまた問題なのです。
美しい被せ物は単に白いのではなく、天然の歯と変わらない色が再現できていることです。
しかし、各々で歯の白さの度合いは異なるため、単に白いだけだとそれもまた目立つ要因になるのです。

つまり、隣り合う天然の歯と変わらない白さが出せてこそ、初めて自然な美しさと言えるわけで、その点で考えるとやはりオールセラミックがおすすめです。
オールセラミックは色の調節が細かくできるため、違和感のない自然な白さが各々で再現できるのです。
つまりオールセラミックなら、自然な白さをずっと維持できると言うわけです。

5. セラミックと変色のまとめ

セラミックは基本的に変色しにくいですが、完全に変色をしないのはオールセラミックです。
ハイブリッドセラミックも変色しないですが、長期間使用することで変色する可能性はあります。
ただし、目立って気になるような変色ではないですし、短期間で変色することはありません。

また、同じ変色で言えば銀歯の場合、金属が溶けることで歯茎が黒くなります。
もちろんセラミックにそれはないですし、二次虫歯になりにくい特徴も持っています。
これらの点から、セラミックの美しさは長期間維持できますし、清潔さにおいても申し分ないのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックは変色しないのかについてまとめます。

  1. オールセラミック :変色しない。セラミックは陶器と同じなので、茶碗が変色しないのと同じ原理
  2. ハイブリッドセラミック :セラミック以外の材質が混ざっているため、長期間の使用で変色があり得る
  3. 美しさは見た目だけではない :見た目だけでなく中身も清潔。プラークが付着しにくい特徴がある
  4. 自然な白さならオールセラミック :白すぎるのも目立つ要因。自然な白さならオールセラミック一択
  5. セラミックと変色のまとめ :オールセラミックなら変色しないまま長期間使用でき、さらに清潔

これら5つのことから、セラミックは変色しないのか分かります。
セラミックの美しさは誰もが知っていることですが、オールセラミックならそれを維持できるわけです。
また、ハイブリッドセラミックもコンポジットレジンのように短期間での劣化はありません。
つまりセラミックは今だけでなく、被せ物として使っている間は美しさをずっとキープできるのです。

PAGE TOP