ホーム >Blog > 熱いものがしみる場合は、どんな歯の病気が考えられる?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

熱いものがしみる場合は、どんな歯の病気が考えられる?

熱いものがしみる時、多くの人が真っ先に想像するのが虫歯です。
確かにその可能性が高いですが、歯の病気は虫歯だけではないのです。
つまり、全く別の病気の可能性もあるわけで、ここでは、虫歯以外の可能性について考えていきます。
また、単に可能性がある歯の病気を知るだけでなく、その後は歯科医院できちんと治療を受けてください。

1. 歯髄炎

聞き慣れない病名ですが、歯髄炎は誰にでもなり得る歯の病気です。
歯髄とは歯の神経のことで、炎は炎症を示しています。つまり、歯の神経が炎症を起こす病気です。
熱いものに触れることで炎症を起こした神経が反応するため、それがしみるという自覚症状になるのです。

また、熱いものに限らず、冷たいものに対しても反応することもあります。
また、歯髄炎は進行する病気ですし、自然に治ることはありません。
放置してしまうと、眠れないほどの激痛を感じたり、顎の骨に膿みが溜まってしまうのです。

2. 歯髄炎が起きる原因

最も多いのが、虫歯が進行して歯髄炎に至るケースです。
他にも、歯が欠けたり割れるなど、いわゆる外傷がきっかけで引き起こすこともあります。
また、歯髄炎が起きる以上、そこには炎症を引き起こす細菌が潜んでいることになります。

ちなみに、全く箇所にこうした細菌が潜み、血管を通じて歯髄に運ばれることもあります。
その場合、元々健康だった歯が歯髄炎になってしまうことになります。
つまり、虫歯のない健康な歯であったとしても、歯髄炎は起こり得るのです。

3. 治療方法について

進行の度合いによりますが、歯髄、つまり歯の神経を残せるかどうかによって治療方法が変わります。
歯髄が残せると判断された場合は、歯を削って薬剤を詰め、最後に被せ物や詰め物で覆います。
この薬剤が刺激から守る役割を果たしており、熱いものがしみるという症状を改善します。

一方、歯髄が残せないと判断された場合、症状に関わる歯髄を除去し、さらに洗浄や消毒も行います。
こうした歯髄に関わる治療は根管治療と呼ばれており、最終的に被せ物や詰め物を使用します。
また、歯そのものも残せないと判断されるケースもあり、その際は抜歯することになります。

4. 応急処置

歯髄炎は進行しますし、熱いものがしみるというのはまだ初期段階です。
これが進行すると、我慢できないほどの痛みに襲われることになり、突然痛みだすこともあります。
そんな時、どうしてもすぐに歯科医院に行けない場合は、応急処置で痛みを和らげてください。

応急処置と言っても特別な方法ではなく、一般的には痛み止めを飲むか冷やすかです。
また、歯に刺激を与えることで痛みを感じるため、必要以上に噛まないことも大切です。
こうした応急処置で痛みは治まるものの、歯髄炎を治すには歯科医院での治療が必須になります。

5. その他の可能性

虫歯、歯髄炎、これら以外にも、熱いものがしみた時に考えられる要因はあります。
例えば、虫歯治療をして既に被せ物を使っている場合、その被せ物が要因のケースもあるのです。
ここで考えられるのは銀歯で、銀歯は金属を素材にしているため、熱を伝えやすい特性を持っています。
このため、歯の神経が生きたまま銀歯をかぶせてあると、銀歯が熱を神経に伝えてしまうことがあります。

つまり、銀歯の素材である金属の特性と、その下に残った神経が影響して、熱いものがしみるという症状を引き起こしているわけです。
また、虫歯や歯髄炎、こうした被せ物による可能性を全て考えた時、熱いものがしみるという症状において最も可能性が高いのは、やはり虫歯になります。

6. 熱いものがしみるのは深刻

脅すわけではないですが、熱いものがしみる時は、どの病気や原因であったとしても深刻です。
ここで重点的に挙げた歯髄炎はもちろんですし、虫歯の場合も、熱いものがしみるという時にはかなり進行している可能性が高いです。

また、銀歯のような被せ物が原因だった場合も、熱いものがしみる症状を改善するには、歯科医院で治療を受けるしかありません。
このため、熱いものがしみるという自覚症状があるイコール、歯が深刻な状態にあるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、熱いものがしみる場合はどんな歯の病気が考えられるかについてまとめます。

  1. 歯髄炎 :歯の神経が炎症を起こす病気で、誰でも起こり得る。悪化すると常に激痛に襲われる
  2. 歯髄炎が起こる原因 :重度の虫歯、歯の割れや欠けの外傷。血管を通じて健康な歯でもなり得る
  3. 治療方法について :神経が残せるかどうかで治療方法が異なる。歯すら残せない場合は抜歯
  4. 応急処置 :痛み止めや冷やすことで対処。歯に刺激を与えてもダメなので、不用意に噛まないこと
  5. その他の可能性 :被せ物が要因の可能性もある。ただし、可能性として最も高いのは虫歯
  6. 熱いものがしみるのは深刻 :何が要因でも、熱いものがしみるのは、歯が深刻な状態にある証拠

これら6つのことから、熱いものがしみる場合はどんな歯の病気が考えられるかが分かります。
可能性としては虫歯が最も高いですが、今回説明した歯髄炎の可能性も充分あります。
また、重要なのは、何が原因であったとしても、歯が深刻な状態になっているということです。
このため、熱いものがしみる自覚症状があった時は、早急に歯科医院に行って診察を受けてください。

PAGE TOP