ホーム >Blog > インプラントも歯周病になると聞いたのですが、どういうことですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

インプラントも歯周病になると聞いたのですが、どういうことですか?

インプラントにとって、最も厄介なのが歯周病と言われています。
歯周病はインプラントの寿命を縮める上、悪化するとインプラントが抜け落ちてしまうこともあるのです。
しかし、そもそも人工の歯であるインプラントが、なぜ歯周病になってしまうのでしょうか?
ここでは、インプラントと歯周病の関係をテーマにして解説していきます。

インプラントも歯周病になる

人工の歯でもあるインプラントは、虫歯になることはありません。
しかし、歯周病は歯ではなく歯茎の病気なので、インプラントでも歯周病になることがあるのです。
これは、インプラント周囲炎とも言われており、「インプラント周囲炎=インプラントの歯周病」になります。

インプラントは骨に埋め込まれているわけですし、骨の周りには当然歯茎が存在します。
このため、この周囲にプラークが蓄積されてしまうことで、
従来の歯周病と全く同じ流れで、歯周病を引き起こしてしまうのです。
人工の歯と歯の根を使用している以上、実際に歯周病になった時の症状は深刻になります。

歯周病になった時の症状

インプラントは安定して支えられていますが、これはインプラントの周囲の骨がしっかりしているからです。
しかし、歯周病を引き起こしてしまうことで、この状態に大きな変化が起こります。
プラークによって細菌が侵入するポケットができてしまうと、インプラント周辺の骨が溶かされていきます。

骨が溶かされてしまうことで、インプラントから安定性が失われ、グラつくようになってしまいます。
要するに、インプラントが支えを失うことになるため、最終的に抜け落ちてしまうのです。
このため、歯周病はインプラントにとって最も厄介な病気とも言われているのです。

インプラントは細菌に感染しやすい

単なる強度を比較すれば別ですが、抵抗力という面では、インプラントはあまり高くありません。
天然の歯は血液供給されるため、栄養が送られて抵抗力に向上させます。
一方、人工の歯であるインプラントは栄養が供給されることはないため、
天然の歯よりも抵抗力が弱く、細菌に感染しやすいのです。

つまり、インプラントは天然の歯以上に口内を清潔に保つ必要があるのです。
インプラントに無縁なのはあくまで虫歯のみなので、
歯周病を引き起こすこともある上、細菌の感染率が高いことは知っておいてください。
感染率が高く、抵抗力が低いため、一度歯周病に感染すると急速に骨が破壊されていってしまうのです。

歯周病を予防するには

自覚症状のない歯周病は、気づくことさえ困難です。
しかし、インプラントの天敵である以上、歯周病の予防を最大限行う必要があります。
これには、丁寧なブラッシングでプラークを除去することが基本になります。
また、歯科医院でクリーニングを行い、口内をチェックしてもらうことも大切です。

実際、インプラント治療を行うなら、治療後も一定期間ごとにメンテナンスのための通院が必要になります。
このメンテナンスは、インプラントの調整や状態をチェックするのはもちろん、
歯周病予防や歯周病を引き起こしていないか、その確認も兼ねているのです。
ちなみに、メンテナンスに通院するペースは自己判断ですが、理想は三ヶ月に一度と言われています。

プラーク以外の原因で起こる歯周病

歯周病を引き起こす一番の要因はプラークですが、これ以外にも要因は存在します。
ちなみに、インプラント歯周炎を引き起こす要因として、プラーク以外に挙げられるのが、噛み合わせの悪さ、喫煙、糖尿病などの全身疾患です。

もしも、歯茎が腫れている、口臭がする、膿みや出血がある、痛みがあるなど、こうした症状が気になった場合は、歯周病に感染している可能性があります。
このため、これらの症状を自覚した時は、少しでも早く歯科医院へ行くようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントでも歯周病になるのかについてまとめます。

  1. インプラントでも歯周病になる :歯茎の病気なので起こり得る。インプラント歯周炎と言われている
  2. 歯周病になった時の症状 :骨が溶けることでインプラントが不安定になり、最終的には抜け落ちてしまう
  3. インプラントは細菌に感染しやすい :天然の歯に比べてインプラントは抵抗力が弱い
  4. 歯周病を予防するには :自身のブラッシングはもちろん、歯科医院でのクリーニングは必須
  5. プラーク以外の原因で起こる歯周病 :喫煙、全身疾患、噛み合わせの悪さによっても起こり得る

これら5つのことから、インプラントでも歯周病になるのかが分かります。
インプラントが安全に使用できるのは、しっかりと支えられていることが前提になります。
このため、その土台を壊してしまう歯周病は、インプラントの天敵でもあるのです。
つまり、天然の歯以上に歯周病には注意する必要があります。
人工の歯であるため、虫歯とは無縁ですが、歯周病は歯茎の病気のため、インプラントも起こり得るのです。

PAGE TOP