ホーム >Blog > インプラントは痛いのでしょうか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

インプラントは痛いのでしょうか?

インプラントを考えた時、大半の人が気になるのは痛みではないでしょうか。
手術を必要とする上、インプラントの仕組みを考えると、不安になる人が多いのも共感できます。
また、治療後の生活において、痛みを感じることがないかも気になるところです。
ここでは、そんなインプラント治療における痛みについて説明していきます。

手術の痛みは?

麻酔を使うため、手術自体にはほとんど痛みを感じることなく治療が可能です。
ちなみに、麻酔の種類は局所麻酔ですし、全身麻酔を必要とするような大掛かりなものではありません。
入院も必要ないですし、痛みの程度を表現するなら、歯茎を少し切ったときのような感じです。

最も、手術においては痛みよりも恐怖の方が大きいのが一般的です。
歯茎を切って、骨に穴を開けるわけですから、想像してしまうと怖くなってしまうのが本音です。
このため、現在ではできるだけ歯茎を切らずにフラップレス手術を導入している歯科医院もあります。

手術直後の痛みは?

インプラントで最も痛みを感じるのは、手術直後のこのタイミングになります。
麻酔が切れてしまうため、手術当日は痛むでしょうし、これは痛み止めを飲んで対処するしかありません。
一般的には、二日目からは痛みがなくなると言われているため、長期間痛みに悩まされることはないです。

また、あらかじめ早めのタイミングで痛み止めを飲んでおくことで、
麻酔が切れた後の痛みを大幅に和らげることができます。
どうしても歯茎が腫れてしまうこともありますが、それで大きく痛むという心配はありません。

日常生活での痛みは?

手術後の一定期間は、日常生活の中で出血することがあり、その際には痛みを感じてしまいます。
逆に言えば、出血するような事態を起こさなければ、痛みを感じる心配がないということになります。
出血しやすい行為を挙げると、勢いよくうがいをする、辛い物や硬い物を食べる、アルコールの摂取などです。

また、傷口がふさがるまでは、血行が良くなる行為や悪くなる行為をすることで出血を招きやすくなります。
これに該当する行為は、長時間の入浴、喫煙、運動などです。
以上、これらの行為は出血を伴う痛みを引き起こしたり、腫れや炎症を引き起こす原因にもなります。

痛みのない治療方法は?

単に切ることを嫌うのであれば、上記で説明したフラップレス手術という方法があります。
全く切らないというわけではないものの、歯肉を切ることなく治療することができます。
また、麻酔自体も嫌だと言う場合は、点滴を使って鎮静剤を入れる方法もあります。
この場合、全身麻酔に近い感覚に覆われるため、痛みはもちろん、恐怖や緊張を回避することができます。

もちろん、いずれの方法も安全性が考慮されているため、その点に関する心配はいりません。
ただし、フラップレス手術を行うには、インプラントを埋め込む周囲の歯肉が充分であることが前提です。
また、こういった治療方法は高い技術力を要するため、導入している歯科医院が少ないのが事実です。
このため、現状では“誰でもどこでも受けられる”というほどの万能さは、まだ叶っていないのです。

痛みを防ぐ様々な工夫

インプラント治療における痛みの有無は、多くの患者さんが抱く心配です。
このため、現在では痛みを回避するための様々な工夫がこなされています。
例えば、従来の注射器と異なり、痛みのない麻酔を採用している歯科医院もあります。

また、少量の笑気ガスを使い、恐怖心を和らげる工夫をしている歯科医院もあります。
このように、歯科医院ごとで痛みや恐怖への対処方法を色々と実践しているので、カウンセリングを受け、痛みへの対処方法や疑問を質問してみるのも、歯科医院選びの一つの方法です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントは痛いのかについてまとめます。

  1. 手術の痛みは? :麻酔を使用するため、痛みは少ない。どちらかというと恐怖を感じる人の方が多い
  2. 手術直後の痛みは? :麻酔がきれると痛みを感じるが、痛み止めで対処可能。早めに飲んでおくべき
  3. 日常生活での痛みは? :手術後の一定期間は、出血しやすく、出血を伴う行為をすることで痛みを感じる
  4. 痛みのない治療方法とは? :フラップレス手術などの方法があるが、導入している歯科医院は少なめ
  5. 痛みを防ぐ様々な工夫 :歯科医院ごとで様々な工夫をしている。カウンセリングで聞くのもおススメ

これら5つのことから、インプラントは痛いのかについて分かります。
結論から言うと、インプラント治療が痛いのは事実です。しかし、それを防ぐ方法が充実しているのも事実です。
このため、実際にはほとんど痛みを感じることなく治療ができますし、手術後においても同様です。
ただし、あまりにも痛む場合や、何日経っても痛みがおさまらない場合は、
単に痛み止めを飲んだり我慢するのではなく、必ず担当の歯科医に相談するようにしてください。

PAGE TOP