ホーム >Blog > インプラント治療の代表的な流れを教えて下さい

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

インプラント治療の代表的な流れを教えて下さい

インプラント治療はいくつかの段階があり、トータルで半年以上もの治療期間を必要とします。
このため、全体の治療の流れが分かりにくいという欠点があるのです。
そこで、ここではインプラント治療の流れを段階ごとに分かりやすく説明します。
また、治療の流れだけでなく治療内容、要する期間も合わせて解説していきます。

精密検査

単に口内の状態を確認するだけでなく、インプラント治療できるかどうかの判断のために必要です。
例えば、全身に疾患がある、重度の歯周病が発見される、歯が抜けてからの期間が長すぎる、
こういった場合はインプラント治療ができないことがあります。
もちろん、虫歯チェックの時のような簡単な検査ではなく、CTやレントゲンを用いた本格的な検査です。

また、この時点で治療の流れや費用の説明、さらにはカウンセリングも行います。
骨の硬さや、インプラント治療を行う位置などによって治療方法が異なりますが、
全ては最初に行う精密検査によって治療方針が決まることになります。

一次手術

ここでの手術の目的は、人工の歯根、いわゆるインプラントを埋め込んで土台を作ることです。
インプラントは顎の骨に埋め込むため、その手段として手術が用いられています。
インプラントはネジのようなもので、これを埋め込むことで人工の歯を支えることができるのです。

手術自体は当日で終わるものの、手術後は次の段階まで3ヶ月から半年ほど期間を空けます。
期間を空ける意味としては、骨とインプラントが結合し、安定するのを待つためです。
これは治癒期間とも呼ばれており、場合によっては仮の歯を使用できるケースもあります。

二次手術

一次手術後の治癒期間によって、骨のインプラントが安定して結合したタイミングで行われます。
二次手術の目的はアバットメントの装着で、これはインプラントと人工の歯のジョイントの役割を果たします。
インプラントの頭の部分を露出させ、アバットメントを装着します。

インプラントと人工の歯は、直接装着させることができないため、アバットメントが連結部分となるのです。
手術後はやはり治癒期間が必要となり、期間としては1週間から6週間が一般的です。
これで、土台と連結部分が完成し、後は人工の歯を被せることで治療が完了します。

人工の歯の装着

これが最終段階になります。いよいよ人工の歯を装着するのですが、すぐに装着できるわけではありません。
と言うのも、患者さんごとに歯の色や形が異なるため、違和感ない仕上がりにする必要があるからです。
型取りを行うのはもちろんですが、歯の素材を選択することもできます。

素材によって費用や特徴が異なるため、担当歯科医と相談した上で決めていくことになります。
ちなみに、上部構造の種類としては、金属やセラミック、メタルボンドなどがあり、
これらは虫歯治療の際の被せ物としても使われている素材です。

メンテナンス

治療自体は完了しているものの、その後もメンテナンスのための通院が必要になります。
メンテナンスの目的は、噛み合わせや骨のチェックはもちろんですが、口内のクリーニングも兼ねています。
と言うのも、インプラントは人工物のため、歯槽膿漏などが発生しても、自覚症状がなくて気づきにくいのです。

特に、インプラントの安全性は歯茎の健康に大きく左右されるため、
歯周病を引き起こした場合は、早期発見と早期治療が必要になります。
このため、最低でも半年、できれば3ヶ月に一度はメンテナンスを受けることをおススメします。

注意点

ここまでインプラント治療の流れを説明してきましたが、二度も手術を必要とすることから、実際の治療の流れに不安を抱いた人もいるでしょう。
そこで、インプラント治療をより安全に受けられるための注意点を言っておきます。
最も大切なのは歯科医院選びです。

中には価格崩壊とも言えるような格安インプラントをアピールしている歯科医院もありますが、安全性を考えた場合、こういった歯科医院で治療を希望するのはおススメできません。
インプラントに必要なのは安さよりも安全性であり、しっかりと信頼できる歯科医院を選ぶことが大切なのです。
こうした歯科医院選びで参考になるのが、カウンセリングを受けてみることや、ネットの口コミの評判です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラント治療の代表的な流れについてまとめます。

  1. 精密検査 :CTやレントゲンを用いた本格的な検査。治療方針や費用の説明、カウンセリングも行われる
  2. 一次手術 :土台となるインプラントを埋め込む手術。術後は3ヶ月から半年ほどの治癒期間が必要
  3. 二次手術 :連結の役割を果たすアバットメントの装着を行う。術後は1週間から6週間の治癒期間が必要
  4. 人工の歯の装着 :素材や歯の色を慎重に選ぶ必要がある。これで治療は完了となる
  5. メンテナンス :治療後はメンテナンスのための通院が必要。最低でも半年に一度は通院するべき
  6. 注意点 :信頼できる歯科医院選びが、インプラント治療成功の秘訣。格安インプラントには要注意

これら6つのことから、インプラント治療の代表的な流れについて分かります。
ちなみに、代表的な流れとしては今回紹介したとおりになりますが、
一度の手術だけで治療を終える方法もあります。
この場合、従来のインプラント治療に比べて短期間で治療が可能ですが、
骨の丈夫さや硬さがしっかりしていることが必須条件となります。

PAGE TOP