ホーム >Blog > そもそもインプラントとはどのような治療法ですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

そもそもインプラントとはどのような治療法ですか?

“失った歯を取り戻す”と言われているインプラント、その表現は確かに魅力的ですが、
実際にどういった治療法なのかが気になるという人も多くいます。
そこで、ここではインプラントの治療法について分かりやすく解説していきます。
特に、インプラントと入れ歯で迷っている人は、どちらにするかの判断材料として参考にしてください。

インプラントの特徴

失った歯を取り戻せるというのは、入れ歯のような装着ではなく、歯を実際に埋め込むからです。
もちろん人工の歯ですが、入れ歯のように取り外しの必要もないため、天然の歯と同じ生活ができるのです。
仕組みとしては、人工の歯の根を顎の骨に埋め込み、そこに被せ物として人工の歯を被せます。

手術を必要とする治療ですが、単に歯を埋め込む手術を行うだけでなく、
治療完了までにはいくつかの過程を経る必要がありますし、健康状態によっては治療できません。
また、治療完了後にも定期的にメンテナンスが必要ですし、費用も高額になるため、
画期的な治療でありながらもお手軽さがないのが難点です。

インプラントのメリット

治療内容の関係上、比較対象になるのは入れ歯やブリッジです。
これらと比較した場合の最大のメリットは、やはり天然の歯と同じ感覚を取り戻せることです。
顎の骨に歯の根を埋め込んでいるため、入れ歯のようにグラつくこともなければ違和感もありません。

歯科医院でのメンテナンスが必要になるものの、自身で取り外して洗浄を行う必要もないため、
私生活の面においても天然の歯と変わりない生活が実現します。
また、治療の際に周囲の歯を削ることもないため、健康な歯をそのまま維持できるのもメリットです。

インプラントのデメリット

最も挙げられるのが費用の高さです。インプラントは元々高額な上、保険適用外になっています。
今では格安インプラントを謳う歯科医院も目にしますが、それはそれで安全性が疑わしくなります。
そもそも手術を伴う治療のため、歯科医にも高い技術が求められます。

このため、実際にインプラント治療を行っている歯科医院は少なく、
患者さんの住む地域によっては、治療のみでなく、通院すら大きな手間となり得ます。
費用の高さ、治療や通院の手間などを含め、お手軽で簡単な治療でないことがデメリットと言えます。

治療の流れ

まず精密検査を行い、歯の状態を細かくチェックします。
この際、口内の状態や患者さんの持病、健康状態によっては治療不可と判断されることがあります。
さらにカウンセリングも行い、ここで費用も含めて治療方法や通院期間の説明をすることになります。

その後、本格的な治療がスタートとなりますが、治療方法のメインは手術で、手術は二回に分けられます。
これらはそれぞれ一次手術、二次手術と呼ばれ、二次手術が完了した後に人工の歯を被せて治療完了です。
また、治療完了後も定期的なメンテナンスが必要となるため、一定期間ごとに通院する必要があります。

天敵は歯周病

インプラント治療にとって天敵になるのが歯周病です。
と言うのも、インプラントは歯茎に人工の歯の根を埋め込んでいるわけですし、
歯周病は歯茎の病気なので、歯周病の悪化によって、インプラントが抜け落ちてしまうことがあるのです。

このため、治療後は口内の衛生に最大限注意する必要がありますし、
歯周病自体、自覚症状がないため、早期発見が難しいという特徴があります。
ちなみに、治療後の通院はインプラントのメンテナンスだけでなく、歯周病予防の意味も含んでいるのです。

費用における問題点

インプラントは保険適用外のため、費用が高額になります。
さらに費用自体も分かりにくいのが難点で、これが一つの問題点にもなっています。
インプラントは治療の段階がいくつもあり、そのたびに費用が必要ですし、治療後のメンテナンスも同様です。

例えば、格安インプラントを謳う歯科医院の中には、手術代しか記載されていないケースもあり、
トータルの治療費で算出すると実は高額になるという例もあるのです。
こうした治療の段階ごとに費用が発生するシステムは、患者さんにとって費用を把握しづらくなっています。
このため、治療を受ける際には、必ずトータルの費用を確認する必要があるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントとはどのような治療法なのかについてまとめます。

  1. インプラントの特徴 :手術によって人工の歯の根を埋め込み、天然の歯と変わらない感覚を実現できる
  2. インプラントのメリット :天然の歯と変わらない食生活が可能。入れ歯のような取り外しや違和感もない
  3. インプラントのデメリット :費用が高額な上に治療期間が長く、お手軽な治療とは言えない
  4. 治療の流れ :精密検査を行った後に手術。手術は二回に分けられ、術後にメンテナンスがある
  5. 天敵は歯周病 :歯周病によってインプラントが抜け落ちる事例もあり、歯周病には最大限の注意が必要
  6. 費用における問題点 :治療の段階が多い上にその都度費用が発生し、トータル費用が分かりづらい

これら6つのことから、インプラントとはどのような治療法なのかが分かります。
インプラントは画期的な治療方法ながらも、治療費の高さなどのデメリットがあるのも事実です。
このため、失った歯を取り戻せるというメリットだけに惹かれず、
しっかりとデメリットも把握した上で治療を検討するべきです。

PAGE TOP