ホーム >Blog > マウスピースを使った矯正があると聞いたのですが、どんなものですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

マウスピースを使った矯正があると聞いたのですが、どんなものですか?

歯の矯正方法の中には、マウスピース型の矯正装置を使用する方法があります。
この矯正方法はインビザライン矯正と呼ばれており、従来のブラケット型の矯正装置を使用する矯正方法と全く異なります。
ここでは、このインビザライン矯正における、様々な特徴などについて解説していきます。

ブラケットタイプとの違いは?

アライナーというマウスピース型の矯正装置を使用して行います。
矯正方法自体はブラケットと同じで、装着することで徐々に矯正の効果を得ることができます。
ちなみに、マウスピースは取り外しすることができるため、完全に装着したままのブラケットタイプに比べ、ここが一番大きな違いになります。
また、装着の仕方がブラケットタイプと全く異なるものの、トータルの矯正期間にそこまで差はありません。

インビザライン矯正のメリットは?

矯正装置を取り外しできるため、食事制限がなく、歯磨きもしやすいメリットを持っています。
まとめて言うなら、日常生活への支障が少ない点が大きなメリットになります。
また、歯磨きがしやすい点から、矯正中にありがちな歯周病発生のリスクを大幅に減らすことができます。
マウスピース自体が透明なので、装着中していても目立ちにくく、さらにマウスピースの素材がプラスチックのため、金属アレルギーの人でも利用できる点もメリットです。

インビザライン矯正のデメリットは?

自由に取り外しできる点がメリットですが、その分、外すたびに自身で装着する必要があります。
それが手間になりますし、装着のし忘れや紛失を招く可能性があるため、ここがデメリットになります。
また、費用が従来の矯正方法よりも高額になるため、予算を考える必要もでてきます。
最も、目立ちにくい点や歯周病になりにくい点、さらには取り外しできる点など、高額になる分だけ、それに見合う特有のメリットを持っているのも事実です。

インビザライン矯正を受ける条件は?

子供は受けることができません。と言うのも、インビザライン矯正は、矯正後の状態を3Dでシミュレーションできるのが一つの特徴です。
このため、子供は成長の予測が難しいため、インビザライン矯正には不向きになるのです。
また、成人においては口内が健康であることが条件になります。
口内が健康でさえあれば、年齢制限などは特になく、誰でもインビザライン矯正を受けることができます。

マウスピースの装着時間は?

1日20時間ほどの装着時間が必要になるため、取り外しができるのは食事の際のみになります。
このため、自在に取り外し可能とは言え、取り外しを行うのは、あくまで取り外し必須の場面のみになります。
ちなみに、飲食時には取り外しが必須であり、そのままの状態で飲食してしまうと、糖分などが歯に密着してしまうため、虫歯などを招きやすくなってしまいます。
もし、そのままの状態で飲食できるとすれば、それは水くらいになります。

マウスピースのみで矯正可能なのか?

基本的には可能ですが、歯の状態によって不可能なケースもあります。
しかし、その場合は補助装置を用いて対処できるため、治療の断念が必要までには至りません。
また、矯正時に多い質問で、どの矯正方法においても抜歯が必要かどうかという質問がよくあります。
もちろん、インビザライン矯正においても、基本的には抜歯をしない方向での矯正が行われますが、やはり歯の状態によっては、どうしても抜歯が必要なケースもあります。

矯正期間や通院の頻度は?

矯正期間はおよそ2年~3年で、これはブラケットタイプの矯正方法とほとんど差はありません。
また、通院の頻度は約2ヶ月おきになるため、通院の頻度は少なめになります。
しかし、治療後にも保定期間として、経過の確認の意味での通院が必要になります。
この際には保定装置を装着することになり、その期間においてはおよそ1年から2年、通院の頻度に関しては、2ヶ月~半年おきとなっています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、マウスピースを使った矯正方法についてまとめます。

  1. ブラケットタイプとの違いは? :自由に取り外しが可能である
  2. インビザライン矯正のメリットは? :食事制限や歯磨きのしづらさが解消され、金属アレルギーでも平気
  3. インビザライン矯正のデメリットは? :費用が高い。取り外しができる分、その都度装着する手間がかかる
  4. インビザライン矯正を受ける条件は? :子供は不可能。成人なら、口内が健康であれば受けられる
  5. マウスピースの装着時間は? :1日20時間ほどになるため、飲食時など以外は、装着したままになる
  6. マウスピースのみで矯正可能なのか? :歯の状態によっては補助装置が必要なこともある
  7. 矯正期間や通院の頻度は? :矯正期間は2年~3年。通院は約2ヶ月おき。矯正後は保定期間になる

これら7つのことから、マウスピースを使った矯正方法について分かります。
自在に取り外しができる点が特徴のインビザライン矯正ですが、マウスピース自体が透明なので、実は目立ちにくいという特徴も持っています。
このため、目立たない方法で矯正を行いたい人にも、インビザラインはおススメの矯正方法になります。

PAGE TOP