ホーム >Blog > 見えない矯正があると聞いたのですが、どんなものですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

見えない矯正があると聞いたのですが、どんなものですか?

歯の矯正を行う場合、最もネックになるのが矯正装置の装着です。
見栄えが悪い上に目立ってしまいますし、さらに長期間の装着が必要になるため、いくら矯正の効果が魅力的でも、矯正装置の使用に抵抗を感じて矯正を断念する人もいるでしょう。
しかし、実際には矯正装置には種類があり、見栄えの悪さを克服した、見えない矯正装置もあるのです。
ここでは、そんな見えない矯正装置の紹介と、それぞれにおけるメリットとデメリットも解説していきます。

リンガル矯正

舌側矯正と呼ばれるもので、歯の裏側に矯正装置を装着します。
裏側なので、当然外側からは見えないですし、人前で堂々と笑顔を見せることもできます。
舌側に矯正装置があるため、慣れないうちは発音のしづらさや、違和感があるのが欠点です。

もし、これらの欠点の解消を優先するなら、上の歯は裏側に、下の歯は外側にと、上の歯と下の歯で装着位置が異なる、ハーフリンガル法という矯正方法も存在します。
ちなみに、上下とも裏側に装着する完全に見えないタイプは、フルリンガル法と呼ばれています。

リンガル矯正のメリット

まず、ここでテーマにしているように、外から矯正装置が見えないのが最大のメリットです。
仕組みとしては、矯正装置自体を、歯の裏側に装着しているためです。
また、舌側に矯正装置があることで、唾液の洗浄効果が高く、虫歯になりにくい利点もあります。

さらに、装着位置から判断して、歯の表面のエナメル質を傷つけずに矯正することが可能です。
ちなみに、発音のしづらさ、費用の高さ、これらがネックである場合、下の歯だけ表側矯正を用いたハーフリンガル法が存在するため、装置の選択の幅がある点もメリットです。

リンガル矯正のデメリット

従来の矯正よりも費用が高く、若干発音がしづらくなるのがデメリットです。
しかし、これらにおいては、上記で解説したハーフリンガル法を選択することで、問題の解消が可能です。
また、リンガル矯正は高い技術を必要とする矯正方法です。

このため、実際にリンガル矯正を行える歯科医が少ないというのもネックです。
矯正治療は定期的に歯科医院に通う必要がありますし、仮にあなたの近くにリンガル矯正を行える歯科医院がなければ、遠方への通院が必要になってしまいます。

インビザライン矯正

新しい矯正方法なので名前を知らない人も多いですが、目立たない矯正方法として注目されています。
この矯正方法では、マウスピース型の矯正装置を使用します。
マウスピース自体が透明なので、装着しても気づかれにくいのはもちろん、自在に取り外すこともできます。

ブラケットを使用しない点で画期的ですし、ブラケット特有の違和感がない点でも、矯正期間中の日常生活が、より自然なものになります。
海外でスタートした矯正方法ですが、日本においての知名度も確実に上がりつつあります。

インビザライン矯正のメリット

目立たないのはもちろんですが、自在に取り外しできる点がメリットです。
これによって食事制限もなく、歯磨き時の違和感や磨きにくさなど、矯正装置特有の欠点が克服されています。
さらに、矯正装置に金属を使用していないため、金属アレルギーの人も安心して使えます。

また、ブラケットタイプは、装着によって口内に問題が起こるケースがあり、例えば口内炎になりやすいなどのリスクがあります。
その点、インビザライン矯正なら、マウスピースの使用によって、こうした口内のトラブルも防止できるのです。

インビザライン矯正のデメリット

自在に取り外しできる点をメリットとして紹介しましたが、人によってはこれが逆にデメリットになります。
と言うのも、取り外しをしたからには再び装着の必要があるため、それが手間になってしまうのです。
具体的には、食後や入浴、歯磨きなど、これらを行うたびに取り外し、そして装着するという手間が生まれます。

また、取り外しをした際の紛失にも注意する必要があるため、従来の矯正装置よりも手間や注意点が増えます。
ちなみに、取り外しができるといっても、1日20時間近くは装着する必要があるため、取り外したままにできる時間は、ごくわずかになります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、見えない矯正方法についてまとめます。

  1. リンガル矯正 :舌側矯正とも呼ばれ、歯の裏側に矯正装置を装着するため、外からは見えない
  2. リンガル矯正のメリット :外からは見えない、虫歯になりにくい、歯の表面のエナメル質を傷つけない
  3. リンガル矯正のデメリット :発音する時に違和感があり、リンガル矯正を行える歯科医自体が少ない
  4. インビザライン矯正 :マウスピース型の矯正装置。取り外しできる上に透明なので目立たない
  5. インビザライン矯正のメリット :取り外しできるため、食事制限や歯磨き時のやりにくさがない
  6. インビザライン矯正のデメリット :取り外しできる分、その都度装着するための手間がかかる

これら6つのことから、見えない矯正方法について分かります。
両方に共通する欠点が、従来の矯正方法よりも割高になってしまうことです。
このため、費用だけで考えれば従来の矯正方法の方がおススメですが、目立たなくさせることができるため、この点にどれだけ魅力を感じるかが、選択の判断基準になります。

PAGE TOP