ホーム >Blog > 神経を抜くってどういうこと?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

神経を抜くってどういうこと?

虫歯の治療方法と聞くと、大抵の人が歯を削ることを想像します。
確かに、一般的な虫歯治療は、歯を削って詰めものを入れるものであり、さらに症状が末期の場合に限っては、やむをえず抜歯することもあります。

ちなみに、虫歯治療の方法の中で、神経を抜く治療というのも存在します。
ここでは、そんな聞き慣れない神経を抜く虫歯治療について説明していきます。

1. 虫歯を放置しなければ無関係

神経を抜くと聞くと、明らかに痛くてつらい治療だと想像できます。
しかし、虫歯を放置するという考えがない人は、こうした治療とは無縁になります。
神経を抜く必要があるのは、虫歯菌が神経にまで達した場合であり、ここに至るまでには、食事の際に歯がしみるといった自覚症状が必ず起こります。

ある日突然に激痛を感じるほど歯が痛み、調べた結果、神経まで侵されているということはあり得ません。
神経が侵されるほど虫歯が進行しているのは、虫歯放置によって起こり得ることであり、虫歯に気づいても放置するという行動をとらなければ、ここまでの治療は必要ないのです。
逆に、虫歯に気づいても放置してしまうと、いずれ必ずここまでの進行に至ってしまいます。

2. 抜髄

歯の神経を抜くことを抜髄と言います。
これは虫歯治療と言うよりは、救急処置と言った方がふさわしく、虫歯菌に神経を侵され、常に我慢できないほどの激痛に襲われた時、その痛みをおさめるために行います。

そもそも痛みを感じるのは神経があるからで、神経が痛みを伝達しているのです。
その伝達手段を絶ち切ることで、痛みを感じさせなくするというのが抜髄です。
最も、神経を抜いても虫歯菌が除去できるわけではないので、実際には虫歯菌を除去する治療も必要です。

3. 抜髄の流れ

まずレントゲンを撮り、その後麻酔を行います。
この後、歯の根に細菌が入らないよう、唾液が入らないためのマスクをします。
そして、先に全て虫歯を取り除いた後、神経を抜きます。歯の箇所によって、抜くための時間が異なります。
奥歯の方が多くの神経を抜くため、必然的に奥歯の方が、時間がかかります。

その後、根の部分の治療に入ります。ここではまず消毒を行い、薬を塗った後に蓋をかぶせます。
この蓋は土台としての役割と、菌を侵入させない役割の、二つの役割を果たします。
最後はレントゲンで状態を確認し、問題なければ、蓋の上に本当の土台を乗せ、被せものをつけます。
これで虫歯菌は完全に除去され、さらに被せものをしていることで、新たな菌の侵入も防げます。

4. 歯の神経の役割

ここでは神経を抜くことをテーマに解説しているものの、歯の神経は大切な役割を持っています。
そもそも痛みを感じるのも神経の役割で、これがなければ虫歯にすら気づかなくなってしまいます。
また、歯をかたくしたり、割れるのを防いだりと、見えない部分で歯を守り、虫歯対策も行ってくれています。

さらに温度も感じてくれており、この役割があるからこそ、食事を楽しむことができるのです。
これらの点から分かるとおり、歯の神経は日常生活、虫歯対策において重要な役割を持っており、それを抜くということは、この場合、それだけ虫歯が深刻なほど進行してしまっているということになります。

5. 神経を抜く必要がある症状

大切な神経でありながらも抜かざるを得ない、その症状としては下記のような症状が該当します。
まず、歯に激痛を感じるときで、患者さんもこれが理由で歯科医院に駆けつけることが大半です。
また、噛んだ時に痛みを感じるのも対象となり、これは虫歯菌が神経全体を侵しているからです。

さらに、歯の根の先から膿みが出てしまっている時です。
これも虫歯が相当進行している証であり、既に神経が虫歯菌に侵された状態になります。
こうなると歯の中まで消毒をする必要があり、やむを得ず神経を抜くことになります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、神経を抜くのはどういうことかについてまとめます。

  1. 虫歯を放置しなければ無関係 :痛みに気づいてすぐ治療すれば、神経を抜くほどの治療にはならない
  2. 抜髄 :歯の神経を抜く治療を抜髄と言う。救急処置的な意味でも行われ、神経を抜いて激痛をおさめる
  3. 抜髄の流れ :レントゲンを行い、先に虫歯菌を除去してから神経を抜く。その後、歯の中を治療する
  4. 歯の神経の役割 :痛みを伝えることで虫歯に気づかせてくれる。熱を伝えることで食事を楽しめる
  5. 神経を抜く必要がある症状 :歯に激痛を感じる、噛んだ時に痛い、歯の根の先から膿みが出ている場合

これら5つのことから、神経を抜くのはどういうことかについて分かります。
口内で重要な役割を果たす神経、それを抜かざるを得ないということは、それだけ虫歯が深刻な証です。
このため、実際に一番問題なのは、ここまで虫歯を放置しておいてことにあります。
神経を抜くのはつらい治療ですし、神経が失われることで、今後の生活に支障をきたす面もあります。
こうした神経を抜く治療を知るよりも、ここまでの治療が必要ないように虫歯はすぐに治療する、実際にはこの考えを持つことが一番大切なのです。

PAGE TOP