ホーム >Blog > 神経は抜かないほうがいい?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

神経は抜かないほうがいい?

虫歯治療の際、虫歯の進行によっては神経を抜く治療を迫られることがありますが、最近では、本当に神経を抜いてもいいのか疑問に感じる人もいます。
と言うのも、神経には重要な役割があり、神経を抜くことでそれらの役割が失われてしまうからです。
ここでは、虫歯治療において、神経を抜くべきかどうかをテーマにして説明していきます。

1. 歯の神経の役割

そもそも虫歯でしみたり痛むのは、神経があるからであり、神経は歯の危険信号を送ってくれているのです。
また、虫歯の際、歯をかたくするなど、進行をくいとめる役割も果たしています。
つまり、神経を抜くことで虫歯に気づきにくくなり、歯を守る力も弱まるため、進行も早めてしまうのです。

さらに、虫歯に限らず、ヒビや削れた時にも、違和感やしみるといった方法で異常を伝えてくれます。
このように、神経は歯を守る役割を果たしており、神経を抜いてしまうことによって、これらの役割が全て失われてしまうのです。

2. なぜ虫歯で神経を抜くのか

根本的な要因となるのは、虫歯の進行です。
例えば、虫歯菌が神経まで侵した場合、常に激痛に襲われ、神経を抜かない限り痛みはおさまりません。
また、同じく虫歯が原因で、歯の根の先に膿みが出てしまっている場合も、神経を抜いて歯の消毒が必要です。

逆に言えば、虫歯がひどく進行さえしなければ、神経を抜くような治療には至りません。
ちなみに、神経を抜く必要があるほどの虫歯のレベルはC3と呼ばれ、末期のC4の一歩手前の状態です。
これ以前の段階で虫歯に気づくことはできるため、虫歯を放置さえしなければ、神経を抜く心配はありません。

3. 神経を抜かない治療

本来神経を抜かざるを得ないくらいの虫歯の進行、その治療において神経を抜かない治療も存在します。
例えば、虫歯を敢えて残し、その虫歯を無菌化することで治療する方法や、歯の削る範囲を最低限にして、虫歯のみを除去を狙うことで神経を残す治療方法もあります。

ただし、こうした神経を抜かない治療方法も、確実に神経を残せるとは限りません。
虫歯の進行や痛みの度合いによっては、どうしても神経を抜く必要がありますし、正確には、抜かなくていい「かもしれない」という表現が適切です。

4. 基本的には神経を残して治療する

歯の神経が大切なのは、プロの歯科医であれば誰でも知っていることです。
このため、神経を抜くか抜かないかで、理由もなしに前者を選択する医師はいません。
神経を抜くにはそれなりの進行が確認できるからであり、通常レベルの治療では抜くことはないのです。

ちなみに、神経を抜く必要があるかどうかの目安は、痛みがひどくないかどうか、神経が侵されて炎症を起こしていないかどうかになります。
基本的には神経を抜かずに治療する、歯科医は当然、この前提で治療を考えているのです。

5. 虫歯を放置しないのが最善策

気づいたら神経が虫歯に侵されて痛むようになった、これはまずあり得ません。
この段階に至るまでには必ず自覚症状があり、冷たい物がしみるなどの症状があります。
本来はここで虫歯に気づきますし、この段階で治療を受ければ、歯を削って詰めものをするだけの治療です。

神経を抜くかどうかの判断が必要になるほどの虫歯治療は、虫歯を放置したことで至る治療内容です。
ちなみに、虫歯は一度進行すると、治療しない限り虫歯菌を除去することはできません。
つまり、虫歯を放置してしまうと、いくら丁寧に歯磨きをしてしても、いずれ神経に関わる問題に発展します。

6. C3段階以上なら神経を抜くしかない

上記で虫歯の段階に少し触れましたが、虫歯の段階を専門用語で示すと、C0、C1、C2、C3、C4の計5段階で表されます。ちなみにC0は一切症状もなく、治療も必要ありません。
治療が必要なのは、進行が認められるC1からC4までであり、C3になると、神経を抜くしかありません。

これは、C3は虫歯菌に神経が侵された状態を示すレベルであることから、ここまで進行してしまうと、感染などのリスクを考慮して、神経を抜くしかなくなるのです。
問題はC2とC3の間の状態で、この状態に限り、神経を抜くべきかどうかの判断が必要になるのです。
抜くかどうかで言えば、当然抜かない方がいいので、可能であれば、神経は抜かない治療を希望してください。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、神経は抜かない方がいいかについてまとめます。

  1. 歯の神経の役割 :痛みという手段で歯の異常を伝え、虫歯から歯を守る役割も果たしている
  2. なぜ虫歯で神経を抜くのか :虫歯で神経が侵されると激痛に襲われ、治すには神経を抜くしかない
  3. 神経を抜かない治療 :虫歯を無菌化したり、最低限の部分だけを削るなど、神経を残す治療方法もある
  4. 基本的には神経を残して治療する :神経を抜く治療をするのは、基本的に抜かざるを得ない時だけ
  5. 虫歯を放置しないのが最善策 :虫歯に気づいた時にすぐ治療すれば、神経に関わる問題には発展しない
  6. C3段階以上なら神経を抜くしかない :虫歯の状態がC3段階以上になると、神経を抜くしかない

これら6つのことから、神経は抜かない方がいいかについて分かります。
まず神経を抜くかどうかの選択ができるのであれば、抜かない方を選択するべきです。
ただし、いくら選択できたとしても、虫歯の進行によっては神経を抜くしかなくなります。
その意味では、虫歯に気づいたらすぐに治療するのが、一番の解決策なのです。

PAGE TOP