ホーム >Blog > 歯を失う原因の1位が歯周病ってホント?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

歯を失う原因の1位が歯周病ってホント?

日本人が歯を失う原因として1位になっているのが歯周病です。
虫歯、老化による衰えなど、様々な原因があり得る中、なぜ歯周病がその原因として圧倒的なのでしょうか?
そこには、生活習慣や歯周病が持つ特徴など、いくつかの理由が重なってこの結果を招いています。
ここでは、歯周病が歯を失う最大の原因が、歯周病となっている背景を解説していきます。
歯周病を軽視する人が多いのが現状ですが、歯周病は実は怖い病気だということが分かります。

1. 歯周病は歯が抜け落ちる

歯周病は、初期段階こそ大した症状はないものの、最終的には歯が抜け落ちてしまう病気です。
プラークが元となる歯周病は、プラークが歯石化することで一層進行を早めます。
歯石は石灰化しているので、歯磨きで除去することは不可能ですし、こうなってしまえば、治療しない限り、歯周病は進行してしまうだけです。

歯周病が進行することで、歯を支えている骨を溶かしてしまい、やがて歯が抜け落ちてしまうのです。
歯茎が腫れるだけ、そう軽視されがちな歯周病ですが、このように、最終的には歯が抜け落ちてしまう怖い病気なのです。

2. 歯科医院に行く動機の問題

歯科医院は治療の時だけに行くという感覚を持っている人が、ほとんどです。
本来歯科医院は、治療はもちろん、予防のためにも行くことを歯科医はすすめています。

ちなみに歯周病は、プラークが原因で引き起こされますが、肝心のプラークは、ブラッシングだけで完全に除去することはまず不可能です。
このため、歯周病予防においては、歯科医院での定期健診、クリーニングが欠かせません。
しかし、予防のために歯科医院に行く人が少ない以上、結果的に大半の人が歯周病になってしまうのです。

3. 自覚症状がない

歯周病には自覚症状はなく、敢えて言うなら歯茎が腫れたり、変色する程度です。
虫歯のような痛みやしみがないため、歯周病になっていることすら気づきにくいのです。
ここで虫歯と比較すると、虫歯も症状が悪化すると、最終的には抜歯を迫られる可能性があります。

しかし、虫歯は痛みがあるため、進行の過程で患者は気づき、治療のために歯科医院を訪れます。
一方、自覚症状のない歯周病は患者が気づくことが少なく、初期段階での治療が困難です。
つまり、気づいた時にはもう手遅れで歯を失ってしまう、これが歯周病の現状なのです。

4. 日常生活は危険要素だらけ

現代の日本の日常生活を見る限り、歯周病を引き起こす、もしくは悪化させる要因で満たされています。
歯周病を引き起こしやすい、30代の成人の日常生活を考えてみてください。
まず、忙しい会社生活で時間の余裕が取れず、歯磨きに時間をかけることができません。

また、仕事による疲労やストレスも歯周病の要因になりますし、ストレスなどによる喫煙や飲酒も問題です。
さらに、ジャンクフードやファーストフードなどによる食生活の乱れも、歯周病の進行に関係しています。
このように、日常生活を振り返ってみると、歯周病を引き起こす機会や悪化させる機会だらけです。
当然、それだけ歯周病になる人が多いということにもなりますし、悪化させる人も多いことになるのです。

5. 軽視されがちな歯周病

歯周病には痛みやしみがないため、虫歯のような苦痛はありません。
このため、歯周病を軽視している人が多いのが現状です。
しかし、歯周病は虫歯同様に怖い病気ですし、むしろ虫歯以上に危険な要素も持っています。

そう考えると、歯周病に対して危機感を持つ必要がありますが、苦痛がない分、その危機感が持てないのです。
このため、歯周病予防はもちろん、例え歯茎の腫れなどに気づいても、日常生活に支障がないと判断して、治療せずに放置してしまう人が多いのです。

いかがでしたか?
最後に、歯を失う原因の1位が歯周病であることについてまとめます。

  1. 歯周病は歯が抜け落ちる :歯周病は歯茎が腫れるだけでなく、進行すると歯が抜け落ちてしまう
  2. 歯科医院に行く動機 :予防のために歯科医院に行く人が少ないため、歯周病を防ぐのは難しい
  3. 自覚症状がない :自覚症状がないため、気づいた時には進行してしまっているケースが大半
  4. 日常生活は危険要素だらけ :ストレス、食生活、喫煙など、日常生活は歯周病を招く要因で溢れている
  5. 軽視されがちな歯周病 :虫歯のような痛みがないため、放置する人が多く、結果的に歯を失わせている

これら5つのことから、歯を失う原因の1位が歯周病であることが分かります。
症状の軽視、気づきにくさ、引き起こしやすさ、歯周病はこれらの点が関係して、歯を失う結果を招いています。
患者それぞれが歯周病に対してもっと危機感をもち、予防に努めることができれば、この現状は変えられます。
歯周病は怖い病気である、予防には歯科医院の力は欠かせない、まずはこの2つを念頭に置くことで、歯周病にかかる、進行させるリスクを大幅に減らすことができるのです。

PAGE TOP