ホーム >Blog > 歯周病と虫歯の違いって何ですか

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

歯周病と虫歯の違いって何ですか

実は歯周病も虫歯も同じ感染病ですが原因菌がことなります。

虫歯には虫歯の、歯周病には歯周病の原因菌が存在し、それが何かの経路を介在して口腔内に入り感染病として発症する病気です。
虫歯を引き起こす原因菌はミュースタンス菌、歯周病を引き起こす原因菌は主にアクチノバチルス・アクチノマイセテムコミタンス(A.A菌)、プロフィロモナス・ジンジバリス(P.G菌)、プレボテーラ・インテルメディア(P.I菌)、スピロヘータなどです。

皆さんには虫歯や歯周病は病気として認識されることが少ない印象を受けますが、風邪やインフルエンザなど皆さんが日常生活でかかる可能性のある病気と同じです。

虫歯も歯周病も歯を失う原因になります。

虫歯は、虫歯菌が歯を侵食していき、神経まで達すると痛みを発症させ歯の根っこまで感染して歯をダメにします。
小さい虫歯ならばその部分を削り取るだけで済みますが、神経まで達すると神経を抜かなければならず、最悪の場合歯を抜かなければならなくなります。
実は歯周病も同じです。歯周病と聞くと、歯茎の病気だということはお分かり頂けると思います。
しかし、なぜ歯茎の病気が歯を失う原因になるのでしょうか?

歯周病になると、まず歯茎が赤く腫れあがったり、常に出血が見られたりします。
そして、少しずつ歯茎が退縮していきます。
そうすると、歯を支えている歯槽骨という骨も同時に退縮していき、歯がぐらつきだします。
そして、もっと病状が進行すると歯が抜けてしまいます。
実は、虫歯で歯を失うのと同じくらいの頻度で歯周病によって歯を失ってしまうことがあります。

治療方法が違います。

虫歯ですと、軽度の場合は虫歯菌によって浸食された部分を削り取るだけで済むこともありますし、重度の場合は神経を取って金属やプラスチックで土台を作り、その上に被せ物をして虫歯に侵されて削り取った部分を歯科補綴物で修復させます。
歯は自然治癒能力がなく、一度削ったり失った部分は決して元に戻ることはありません。
つまり、削ったら、抜いたら最後なのです。

では歯周病はどうでしょうか?
歯周病は、まずは、口腔内を綺麗に保つことができれば病状は改善されます。
歯科医院でクリーニングや歯石取りを行っただけで改善される場合もあります。
そのほかには、歯内療法といって薬で歯周病菌を抑えて歯周病を治療する方法もあります。
歯茎は歯と違い自然治癒能力があるので、一度歯周病になってしまっても、しっかりした治療を受けられれば元の状態に戻ることができます。

実は怖い歯周病

虫歯と歯周病、どちらが深刻かと問われたら、もしかしたら虫歯と答える方が多いと思います。
虫歯は痛みを伴いますし、まずみなさんは歯科医院に歯が痛くなってから来院されると思います。
つまり、歯周病に悩まされて歯科医院に来られる方はもしかしたら少ないのかも知れません。
しかし、歯周病は日本人成人の約80%の人がかかっているとされています。
何より、歯周病菌が原因で体に悪影響を与える可能性もあります。
ここで、何個か触れてみたいと思います。

1)糖尿病との関係

糖尿病は歯周病を重症化させやすいと同時に,歯周病が糖尿病を重症化させる因子にもなっていると言われています。
重度の歯周病患者では炎症細胞から作られるサイトカインがインスリン抵抗性を惹き起こし,血糖値のコントロールが出来なくなります。

2)誤嚥性肺炎との関係

嚥下機能低下により歯周病原因菌などが肺に誤嚥されると肺炎の原因になります。
通常では誤嚥された細菌は速やかに肺胞のマクロファージなどによって排除されますが,免疫力の低下により肺炎になります。

3)早産・低体重児出産との関係

歯周病から発せられる物質が,血流を介して胎盤に流入しそれが原因で早産を引き起こします。
また、歯周病に罹患している妊婦は,早産に対し4倍,低体重出産に対し5倍のリスクがあると報告されています。

4)心臓疾患・動脈硬化との関係

歯周病原因菌による炎症から血の固まりができやすくなり,動脈硬化や心筋梗塞や狭心症などを引き起こす原因となります。
また,心臓の内側にある心内膜の炎症を引き起こし,細菌性心内膜炎も起こしやすくします。

虫歯予防も歯周病予防もケアが大切です。

まずは虫歯や歯周病にならないようにするために、毎日しっかりセルフケアを行うことが望ましいです。
皆さんが毎日できることは歯磨きです。
そして、虫歯や歯周病は体質的なことも関係しますが、口腔内のバランスが崩れた時になりやすいものです。
口腔内は何百種類という細菌が共存しています。皆さん、絶対に虫歯菌も歯周病菌も持っています。
しかし、すべての人が虫歯や歯周病になるわけではありません。
ですので、やはり歯科医院で定期検診を受け、虫歯・歯周病予防を行うことで、清潔で健康な口腔内を保つことができます。
もし、虫歯や歯周病になってしまっても、きちんとした治療を行えば治すことができるので、まずは歯科医院で自分の口腔内を診てもらいましょう。

PAGE TOP