ホーム >Blog > 詰め物が割れることや取れることはありますか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

詰め物が割れることや取れることはありますか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「詰め物が割れたり取れたりする可能性」です。
詰め物が割れる、取れるといった事故が起こる可能性はゼロではありません。

ぶつけるなどの衝撃による破損はもちろんのこと、そうでなくても割れたり取れたりすることはあります。
そうなると重要になってくるのは3つです。1つ目は「何が原因で割れたり取れたりするのか」、
2つ目は「割れたり取れたりするとどんな問題が起こるのか」、3つ目は「対処方法は何か」です。

1. 詰め物が割れたり取れたりする原因

詰め物が割れたり取れたりする原因としては、主に3つの可能性が考えられます。
まず詰め物の劣化で、詰め物は劣化することでセメントの接着力が弱まってくるのです。
このため、ずっと同じ詰め物を使用し続けることでいずれは詰め物が取れてしまうのです

また、噛み合わせの悪さが原因で割れてしまうこともあります。
噛み合わせが悪い場合、特定の歯に過剰な力が掛かるため、その負担で詰め物が割れてしまうのです。
さらに高さが合っていないことで噛んだ時に負担がかかり、それで割れてしまうこともあります。

2. 詰め物が割れたり取れたりして起こる問題

詰め物が割れたり取れたりすると様々な問題が起こります。まず詰め物をした歯が治療途中だった場合、
歯の質が弱っていることで無防備になった歯自体も割れてしまう可能性があります。
また、治療後であったとしても治療跡が剥き出しになることで細菌に感染しやすくなり、二次虫歯が起こります。

それ以外にも、詰め物が取れて溝が生じることで食べカスが詰まって歯肉が炎症を起こす、
さらにはその詰まった食べカスによって口臭がしてしまうこともあります。
そして詰め物が割れたり取れたりしたことで隣接する歯が影響を受け、歯が移動してズレる可能性もあります。

3. 詰め物が割れたり取れたりすることへの対処

割れたり取れたりした詰め物は歯科医院で新品のものと交換できますし、
それ自体は難しい治療ではないので簡単に元の状態に戻せます。
このため、詰め物が割れたり取れたりした場合はすぐに歯科医院に行けば問題は解決するでしょう。

しかし、そもそも詰め物が割れる、もしくは取れるといった事態の予防を考えることも大切です。
とは言え、自分で詰め物の状態をチェックするのは難しいですし、
仮にチェックしたとしても劣化や隙間の発生の有無を判断するのは困難です。

4. 定期検診を受ける

詰め物の劣化や隙間の発生の有無を確実に知るには、歯科医院で定期検診を受けることです。
定期検診ではお口の状態をチェックしますが、同様に詰め物をした歯もチェックします。
このため、詰め物に劣化や隙間が発生している場合はそこで歯科医が気付けるのです。

そうすれば、実際に割れたり取れたりする前に新品のものに交換できますし、
噛み合わせが悪い場合も歯科医がそれに気付くことができるでしょう。
定期的に歯科医にお口の状態をチェックしてもらうことで、詰め物の異常がいち早く分かるのです。

5. セラミック治療を受ける

詰め物の劣化、隙間の発生、こうした事態を予防しやすいのがセラミックの詰め物です。
セラミックは寿命が長く、特にオールセラミックに至ってはケア次第で10年も20年も使用できます。
歯との接着の相性も良く劣化しにくい特徴があるため、隙間が生じにくいのです。

そして、隙間が生じにくいということは二次虫歯が起こりにくいということにもなります。
セラミックは陶器なので割れてしまう心配をする人がいますし、確かに割れることはあります。
しかし詰め物として使用する上では充分な強度を誇っていますし、
それでも心配というならセラミックの中で最も硬いジルコニアセラミックを選択する方法もあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、詰め物が割れたり取れたりする可能性についてまとめます。

1. 詰め物が割れたり取れたりする原因 :詰め物の劣化、噛み合わせの悪さ、高さが合っていないなど
2. 詰め物が割れたり取れたりして起こる問題 :歯が割れる、二次虫歯が起こる、口臭が起こるなど
3. 詰め物が割れたり取れたりすることへの対処 :歯科医院で簡単に治せるが、予防することも大切
4. 定期検診を受ける :予防方法の1つ。口の状態をチェックしてもらえるので詰め物の異常に気付ける
5. セラミック治療を受ける :予防方法の1つ。長持ちする上に隙間が生じにくく、二次虫歯を予防しやすい

これら5つのことから、詰め物が割れたり取れたりする可能性が分かります。
まず知っておかなければならないのは、詰め物を永久に使用するのは不可能だということです。
一度詰め物を入れると安心してしまいがちですが、その詰め物には寿命があるのです。

それを考えずに使用を続けていることで、劣化した詰め物が割れたり取れたりしてしまうのです。
そうならないためにも定期検診を受けて、他の歯同様に詰め物もしっかりとチェックしてもらってください。
また、二次虫歯予防の目的を兼ねるなら、詰め物の材質にこだわりセラミックにするのも効果的です。

PAGE TOP