ホーム >Blog > 詰め物が取れてしまいました。
今やるべきこととやってはいけないことを教えてください

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

詰め物が取れてしまいました。
今やるべきこととやってはいけないことを教えてください

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「詰め物が取れた時の対処」です。
虫歯治療の際に処置した詰め物、これは何らかの理由で取れてしまうことがあります。

ぶつけた際の衝撃や詰め物の劣化など、詰め物が取れた原因にはいくつかの可能性がありますが、
ここでお伝えするのはそういった原因ではなく、詰め物が取れた時にどうすればいいかの対処方法です。
そんな時にやるべきこと、逆にやってはいけないこと…これらについて説明していきます。

1. 詰め物が取れた歯で噛まない

詰め物が取れた歯は非常に脆い状態にあり、成人の咬合力から判断すれば強く噛むと割れてしまいます。
本来、取れた詰め物を戻す治療はそれほど難しくなく、歯科医院に行けばすぐに対処してもらえます。
しかし歯が割れてしまったとなると話は別で、神経の除去や抜歯が必要になる可能性があるのです。

最も、他の歯だけで噛むようにすれば今度はその歯に負担が掛かるため、ダメージが蓄積されていくでしょう。
だからこそ、早く歯科医院で治療を受けて普段どおりの噛み方ができるようにしなければなりません。
また、歯が割れないにしてもヒビが入る可能性もあるため、詰め物が取れた歯では噛まないでください。

2. 熱いものや冷たいものの飲食を控える

詰め物が取れた歯は象牙質が剥き出しになっています。そして、この象牙質は刺激に対して非常に敏感です。
本来私達が熱いものや冷たいものの飲食が刺激にならないのは、
歯の表面のエナメル質が象牙質を刺激から保護してくれているからです。

しかし、詰め物が取れた歯はエナメル質に覆われていないため、象牙質が刺激を直接受けてしまいます。
このため、熱いものや冷たいものを飲食するとしみや痛みを感じてしまうのです。
できるだけこうしたものの飲食は控えるべきですし、飲食の際は反対側の歯を使うようにしましょう。

3. 詰め物を自分で接着しない

実際にある例を紹介すると、詰め物が取れた時に接着剤で応急処置する患者さんがいます。
確かに詰め物を入れる際には接着剤を使用しますが、それは歯科医院で扱う専用のものであり、
市販されている接着剤とは全くの別物です。

市販の接着剤で応急処置してしまうと、接着の状況によっては詰め物を削らなければ対処できないですし、
それどころか歯を削らなければならないケースもあるのです。
接着剤に限らず取れた詰め物を自分で治すことは厳禁で、必ず歯科医院に行って処置してもらってください。

4. 丁寧に歯磨きをする

詰め物が取れた歯は象牙質が剥き出しになっていると説明しましたが、
エナメル質の保護がないと刺激を受けやすいだけでなく細菌にも感染しやすいのです。
仮に詰め物をした歯が虫歯治療を終えていたとしても、すぐに二次虫歯になってしまうでしょう。

このため、詰め物が取れた歯は他の歯以上に綺麗にするつもりで歯磨きしてください。
ちなみに今回は詰め物が取れたケースを前提で説明していますが、
歯と詰め物との間に隙間が生じるだけでも二次虫歯は起こってしまうのです。

5. 取れた詰め物は保管する

詰め物が取れた場合、それを保管しておけば状態次第では消毒して再び使用できることがあります。
最も、知らない間に詰め物が取れるケースもありますし、保管が必須というわけではありません。
あくまで取れた詰め物が目の前にあったら場合の話であり、その際は保管しておきましょう。

また、ティッシュにくるんだだけの状態だと誤って捨ててしまう可能性がありますし、
ただ置いておくだけだと破損や変形してしまうことがあります。
このため何か容器を準備してその中に入れ、歯科医院に行く際に一緒に持っていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、詰め物が取れた時の対処についてまとめます。

1詰め物が取れた歯では噛まない :詰め物が取れた歯は脆い状態なので、噛むことで割れる可能性がある
2. 熱いものや冷たいものの飲食を避ける :象牙質が剥き出しのため、熱いものや冷たいものがしみる
3. 詰め物を自分で接着しない :接着剤の応急処置は厳禁。詰め物、もしくは歯を削ることになってしまう
4. 丁寧に歯磨きする :詰め物が取れた歯は細菌に感染しやすいため、普段以上に丁寧に歯磨きする
5. 取れた詰め物は保管する :状態次第では消毒して再利用できるため、手元にあれば取っておくべき

これら5つのことから、詰め物が取れた時の対処が分かります。
詰め物が取れた歯では噛まない、熱いものや冷たいものの飲食を避けるなど、
詰め物が取れてしまうことで食事において不自由なことが多々あります。

また、二次虫歯になりやすい状態にあることから、お口の中の衛生面においても問題が出るのです。
つまり、詰め物が取れるというのはそれだけ歯が危険な状態になっているということです。
ただし歯科医院に行けばその問題はすぐ解決できるため、すぐにでも歯科医院に行って治療を受けましょう。

PAGE TOP