詰め物の材質を選ぶ時は何を重視すればいいですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「詰め物の材質へのこだわり」です。
虫歯治療などでは詰め物で処置しますが、この詰め物にはいくつかの種類があります。

では種類ごとに何が違うのか?…それは材質です。材質には金属、プラスチック、陶器などの種類があり、
同じ詰め物でも材質によって特徴が大きく異なるのです。
そこで気になるのが、どの材質が一番おすすめなのかという点です。

1. 金属の銀歯

詰め物として一般的な銀歯の材質は文字どおり金属です。金属と聞くと頑丈なイメージがありますし、
確かに単純な強度においては大変優れているのが事実です。
しかし、詰め物として全体の機能性に注目すると銀歯はあまり質の良い詰め物とは言えません。
まず金属は歯と接着しづらいため、銀歯は長年使用することで接着が剥がれて隙間が生じてしまいます。

そうなると隙間から細菌が侵入してしまい、二次虫歯を招いてしまうのです。
実際に銀歯を使用している人の多くが二次虫歯に悩まされ、虫歯治療を繰り返す状況になっています。
また銀歯は見栄えが悪いため、審美性に関しては全くと言っていいほどありません。
頑丈で費用がやすいのがメリットですが、逆に言えばメリットはそれだけしかありません。 

2. プラスチックのレジン

レジンの材質はプラスチックですが、このプラスチックは歯科治療専用の柔らかいプラスチックです。
銀色でない時点で銀歯よりは見た目が良いものの、長年の使用で変色するため美しいとは言えません。
銀歯同様に健康保険が適用されるので費用が安い分、やはり詰め物の質としては正直低めです。
レジンは柔軟性に長けているため、割れたり欠けたりすることはあまりありません。

ただし柔らかいことによるデメリットもあり、それは噛む力が足りなくなることです。
何しろ歯のように硬くないわけですから、噛み切る力においては力不足になるのです。
ちなみに、詰め物は少しでも美しく見せたいと思うのが患者さんとして当然の心理ですが、
レジンの場合は見た目は歯科医の腕によって大きく異なるため、信頼できる医師の元で治療を受けましょう。

3. 陶器のセラミック

セラミックの材質は正確には陶器で、他の材質に比べて審美性と機能性に長けています。
まず審美性ですが、セラミックはただ白いだけでなく光沢もあるため、天然の歯と比べても見劣りしません。
本来人に見せたくない詰め物ですが、セラミックの場合は天然の歯と変わらない美しさを誇っているのです。
セラミックはこの審美性の高さだけが目立ちがちですが、実は機能性にも優れています。

と言うのも、セラミックは寿命が長く劣化しにくいため、ケア次第では詰め物として10年も20年も使えます。
さらにプラークが付着しにくい特徴がありますし、歯と接着しやすいことで隙間も生じにくいのです。
このため、セラミックは二次虫歯を予防しやすいという意外なメリットがあるのです。
ただし審美性にも機能性にも長けているため、その分費用が高額になるのがデメリットです。

4. おすすめの材質は何か

さて、「金属の銀歯」と「プラスチックのレジン」と「陶器のセラミック」の3つの材質を紹介してきました。
そしてこの中で何がおすすめかという点ですが、それは患者さんが何を求めるかによって異なります。
例えば、患者さんが費用の安さを求めるとなると銀歯かレジンの二択でしょう。
一方、患者さんが審美性の高さや機能性を求めるとなると、その場合はセラミックが最もおすすめです。

つまり費用、機能性、審美性、これらの中で患者さんが何を求めるかが材質選択のポイントになるのです。
ただ、歯科医の視点から意見するならおすすめなのはセラミックです。
やはり二次虫歯の繰り返しは患者さんも辛いでしょうし、
何度も二次虫歯になって最終的に歯を失ってしまった患者さんもいるからです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、詰め物の材質へのこだわりについてまとめます。

1. 金属の銀歯 :費用が安く、単純な強度の点では優れている。ただし見た目が悪く二次虫歯にもなりやすい
2. プラスチックのレジン :費用が安いものの、噛む力が弱い上に長年の使用で変色して見た目が悪くなる
3. 陶器のセラミック :費用は高額だが、審美性が高く二次虫歯にもなりにくい。さらに寿命も長い
4. おすすめの材質は何か :費用、機能性、審美性、患者さんがこれらの中で何を求めるかで決まる。

これら4つのことから、詰め物の材質へのこだわりが分かります。
以前は詰め物として銀歯が一般的でしたが、近年ではセラミックが主流になりつつあります。
やはり審美性の高さは魅力ですし、何より二次虫歯になりにくいというメリットも人気の理由でしょう。

費用が高いのが欠点であるものの、セラミックにはそれに見合う価値があるのも事実です。
このため、既に銀歯やレジンを使用している人がセラミックへの交換を希望するケースも多いのです。
詰め物を入れる際には今一度材質ごとの特徴を考え、本当に自分に合ったタイプのものを選択しましょう。