定期検診は受けた方がいいですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「定期検診を受けるメリット」です。
日本では、定期検診を受ける人はまだまだ少なく、むし歯の予防が充分ではありません。

というのも、歯科医院に対して「症状を治すために行く」と考えている人が多いからです。
「症状を治すために行くのも面倒なのに、予防するために行く気にならない」、
正直このように考えている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、定期検診を受けるメリットについて解説していきます。

1. むし歯や歯周病を予防しやすくなる

定期検診を受ければ、むし歯や歯周病を予防しやすくなります。
というのも、定期検診の中では、これらを予防するための治療を受けることができるからです。
例えば、歯のクリーニングではお口に存在するプラークをキレイに除去できます。

さらに、ブラッシング指導では自分の歯並びにあった歯磨きの仕方を学ぶことができ、歯磨きの精度が高まります。
また、生活習慣改善のアドバイスでは、現在の生活習慣におけるリスクを挙げ、
むし歯や歯周病を予防しやすくなるための、生活習慣改善のアドバイスを受けることができます。

2. むし歯や歯周病を早期発見できる

むし歯や歯周病は、進行前の段階で自覚することはまず不可能です。
事実、多くの人は歯の痛みをきっかけにむし歯を自覚しますが、
歯が痛む時点でむし歯は進行しており、進行前の段階で痛むことはありません。

そうなると、「歯も痛くないのにむし歯に気づけるはずがない」と思うかもしれませんが、そのとおりです。
目立つ自覚症状がないことで、初期のむし歯や歯周病は気づきにくく、だからこそ進行を許してしまいます。
しかし、定期検診を受けていれば、むし歯や歯周病が発症した場合に早期発見できるのです。

3. 定期検診を受けないデメリット

定期検診を受けないことには、いくつかのデメリットがあります。
1つ目に、むし歯や歯周病を予防しづらくなることです。例え毎日歯磨きをしていても、
必ず磨き残しが発生するため、歯磨きだけでむし歯や歯周病を予防するのは難しいのです。

2つ目に、むし歯や歯周病が重症化するリスクが高まることです。
定期検診を受けなければ、初期のむし歯や歯周病の発見が難しくなり、進行を許してしまいます。
そうすると、これらの病気はいずれ重症化してしまい、歯を失う要因になってしまいます。

4. 定期検診の費用は高いのか

定期検診の費用は、一般的に3000~4000円くらいが相場です。
むし歯や歯周病を予防するために、これだけの費用を支払うのは、高いといえるのかを考えてみます。
仮に6カ月に1回の頻度で定期検診を受けた場合、年間でかかる費用は6000~8000円になります。

一方、歯を失ってインプラントにした場合、費用の相場は1本につき30万円ほどになります。
定期検診の費用を年間6000円とした場合、30万円というのは、定期検診50年分の費用とイコールです。
つまり、50年間定期検診を受けた場合の費用は、インプラント1本分とさほど変わらないのです。

そう考えると、定期検診の費用は決して高いとはいえないですし、
歯を2本失ってしまえば、定期検診を受けていない人の方が、むしろ費用は高くなるのです。
そのため、歯を守るために定期検診を受けることは、費用の点で考えても高いとはいえません。

5. 予防歯科との違い

定期検診の受診は、むし歯や歯周病を予防するのが目的です。
さて、同じくむし歯や歯周病を予防するためのものとして、予防歯科という言葉があります。
では、定期検診と予防歯科は何が違うのでしょうか。

これについて説明すると、予防歯科は診療科ではなく、むし歯を予防するための取り組みをあらわす言葉です。
分かりやすく表現するなら、「みんなでむし歯を予防しましょう」という運動のようなものです。
つまり、むし歯を予防するための取り組みであれば、それは予防歯科ということになります。

例えば、毎日の歯磨き・糖の摂取を控える食生活、これらも予防歯科に含まれます。
そして、歯科医院で行う予防歯科をプロフェッショナルケアと呼び、
定期検診はプロフェッショナルケアの一つということになります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、定期検診を受けるメリットについてまとめます。

  1. むし歯や歯周病を予防しやすくなる :歯のクリーニングなどの予防治療を受けられるため
  2. むし歯や歯周病を早期発見できる :医師がお口の健康状態を確認してくれるため
  3. 定期検診を受けないデメリット :むし歯や歯周病を予防しづらくなり、発症時も進行を許しやすい
  4. 定期検診の費用は高いのか :歯を失ってインプラントにすることを考えると、費用が高いとはいえない
  5. 予防歯科との違い :予防歯科とは、むし歯や歯周病を予防するための取り組み

これらのことから、定期検診を受けるメリットについて分かります。
定期検診を受けることは、むし歯や歯周病を予防しやすくなるだけでなく、
これらの進行を防ぎやすくなるメリットもあるのです。
いずれも歯を守るために有効であり、そのため定期検診は全ての人におすすめできます。