むし歯ですが、痛くなければ治療は必要ないですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「むし歯の放置」です。
むし歯にかかった時、痛みの有無で治療の有無を判断する人がいます。

つまり、痛くなければ放置して、痛ければ治すという考えです。
この場合、「痛くないむし歯=放置」となってしまいますが、それは絶対にやってはいけないことです。
というのも、むし歯を放置すれば、それが原因でさまざまな問題を引き起こしてしまうからです。

むし歯の痛みがさらに増す

むし歯を放置した場合、感じていた痛みがさらに辛く増していきます。そもそも、むし歯で痛みを感じるのは、象牙質まで進行したことによってエナメル質が失われ、
温度や接触による刺激を直接感じてしまうのが理由であり、つまり知覚過敏と同じです。

この場合、言い換えれば、患部が刺激を受けなければ痛みを感じないことになりますし、痛みを感じたとしても一瞬でしかありません。しかし、むし歯がさらに進行すると神経に到達してしまい、そうすると常にズキズキした痛みを感じるようになり、夜も眠れないほどの辛さになってしまいます。

神経を失って歯が弱くなる

むし歯が神経まで進行した場合、むし歯菌に感染した神経は死んでしまいます。
神経が死ぬことで感覚が失われるため、激しい痛みも感じなくなり、その点はプラスに思えるかもしれません。
しかし、失われた神経が再生することはなく、神経を失うことで歯が弱くなるのです。

というのも、神経は歯に栄養を届ける役割を担っていますから、それが失われることで、歯に栄養が届かなくなってしまうのです。
そのため歯は弱くなり、衝撃などによって割れやすくなりますし、見た目も黒く変色してしまいます。

治療の負担が大きくなる

そもそも、むし歯を放置する人は、どのような理由で放置するのでしょうか。
中には、治療が怖くて放置する人もいると思いますが、だとすればむし歯の放置は逆効果であり、なぜならむし歯の治療法は、進行したむし歯の場合ほど、負担の大きなものになるからです。

例えば、むし歯が神経まで進行すれば、神経の除去などを目的とした根管治療が必要です。
さらに、重症化したむし歯では歯を残せない可能性もあり、そうなると抜歯が必要になってしまいます。
一方、本当に初期の段階でむし歯を発見すれば、歯を一切削ることなくむし歯を治せる可能性もあります。

歯が失われることになる

むし歯を放置すれば、確実に歯を失うことになります。むし歯の原因菌は歯を溶かすため、治療しなければ歯は溶かされ続けてしまい、最終的には元の形を失うほどボロボロになってしまうのです。

そうなると、歯としての機能は完全に失われますから、治療しても歯を残すことができません。
むし歯の原因菌を除去することはできても、歯は失われてしまうのです。
歯を失った場合、対処して可能なのは入れ歯・ブリッジ・インプラントの3つです。

脳梗塞や心筋梗塞の要因になる

むし歯の放置は、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす要因になります。
実際に起こる確率は稀ですが、むし歯を放置してもむし歯の原因菌は生き続けており、歯を完全に溶かした後は、血液の中に入り込んでくるのです。

そうすると、血管を通じて全身へとまわってしまい、ここで脳や心臓にまわってしまうことがあります。その場合、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす可能性があり、実際にむし歯を放置したことでこのような病気が起こり、死亡したケースもあるのです。

むし歯の放置には一切のメリットなし

むし歯を放置することには、一切のメリットがありません。放置すればむし歯は進行する一方ですし、進行すれば症状は深刻なものになり、症状が深刻なものになることで、それに応じた治療が必要になってきます。

だからといって治療しなければ、むし歯の原因菌は生き続けることになり、むし歯の原因菌が生き続けることで、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こすリスクが生まれます。
もっとも、むし歯を治療さえすれば、この流れを食い止めることができます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、むし歯の放置についてまとめます。

1. むし歯の痛みがさらに増す :むし歯が神経まで進行すれば、ズキズキとした辛い激痛を感じるようになる
2. 神経を失って歯が弱くなる :むし歯が神経まで進行すれば、神経を失って歯が弱くなる
3. 治療の負担が大きくなる :むし歯の治療法は、むし歯の進行度に応じたものになる
4. 歯が失われることになる :むし歯を放置すれば、むし歯菌によって歯は元の形を失うほど溶かされる
5. 脳梗塞や心筋梗塞の要因になる :確率的には稀だが、むし歯の放置が脳梗塞や心筋梗塞の要因となる
6. むし歯の放置には一切のメリットなし :むし歯を放置することは、デメリットしか生まない

これらのことから、むし歯の放置について分かります。むし歯を放置すれば、このような問題を引き起こします。いずれも怖い問題ばかりですが、放置さえしなければ問題が起こることはなく、定期的に検診を受けていれば、むし歯の重症化を防ぎやすくなりますし、何より予防しやすくなります。