ホーム >Blog > 虫歯の治療はやっぱり痛いのですか?

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

虫歯の治療はやっぱり痛いのですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「虫歯の治療と痛み」です。
虫歯の治療を受ける時、おそらくほとんどの人が治療の痛みが気になると思います。
やはり「虫歯の治療=痛い」というイメージを持っている人は多いですし、 実際にそのことを理由に虫歯の治療を受けない人もいるほどです。
確かに、患者さんによっては治療で痛みを感じることもあるでしょうが、対処方法が充実しているのも事実です。

最大の対処法は虫歯を予防すること

虫歯の治療の痛みにおける最大の対処法は、虫歯を予防することです。
虫歯さえ予防できれば治療する必要がなく、また虫歯による痛みを感じることもありません。
そこで、虫歯予防の基本となる歯磨きの精度を高めることを意識しましょう。  

デンタルフロスの使用

ブラッシングだけで歯磨きした場合、プラークの除去率は一般的に60%ほどしかありません。
一方、デンタルフロスを使えばプラークの除去率が80%ほどまで高まります。  

プラークテスターを使う

プラークを染色できるため、磨き残したプラークを目で確認しながら除去できます。
そうすれば磨き残しを確実に減らすことができますし、自分の歯磨きの仕方の弱点も分かります。  

ブラッシング指導を受ける

定期検診を受けることで、予防治療としてブラッシングの指導を受けることができます。
正しい歯磨きの方法を知ることで、効率良くプラークを除去できるようになります。  

虫歯は早期治療する

例えば、虫歯治療と聞くと「歯を削って詰め物で処置する」と想像する人がいますが、
あくまでそれは虫歯治療の一例であり、全ての虫歯治療に該当するわけではありません。
なぜなら、虫歯の治療方法は虫歯の進行度に応じて変化するからです。
当然、虫歯が進行している場合ほど大きな治療が必要になり、 重症化している場合は根管治療、状態によって抜歯の処置が必要になるかもしれません。
一方、発症したての虫歯なら歯を削らず、再石灰化の促進で治すことも可能です。 つまり、虫歯を早期治療することで治療内容は簡単なものになり、痛みを感じにくくなるのです。
 

麻酔の痛みを軽減する

無痛治療を導入している歯科医院の場合、麻酔の痛みを軽減するための対処をしています。
 

表面麻酔を使用する

いわゆる「麻酔の痛みを軽減するための麻酔」であり、歯肉に麻酔薬を塗ってから麻酔を行います。
そうすることで、麻酔時の注射の痛みを軽減できますし、もちろん麻酔としても効果も得られます。  

極細の麻酔針を使う

麻酔の注射針を細くすることで、注射時の痛みを軽減することができます。
同様の効果を得る意味で、手動ではなく電動の麻酔を使用している歯科医院もあります。  

痛み止めの処方

虫歯治療は麻酔の効果によって痛みを軽減することができますが、麻酔は時間の経過で切れます。
そのため、治療時よりもむしろ治療後の方が痛みを感じるという人も少なくなく、 そこで歯科医院では治療内容に応じて痛み止めを処方しています。
痛み止めを飲むことで、麻酔が切れた後の痛みにも対処できますし、 治療後の痛みはあくまで一時的なものですから、次第におさまっていくでしょう。
ちなみに、痛み止めは市販のものを使用しても問題ありません。  

定期的に検診を受けておく

定期的に検診を受けるということは、定期的に虫歯の有無を確認できるということであり、 例えば3ヶ月に1回の割合で受診すれば、少なくとも虫歯を3ヶ月以上放置することはなくなります。
つまり、定期的に検診を受けることで虫歯の重症化を防ぐことができるのです。 そうすれば、例え虫歯が発症しても重症化に対する治療を行うことはなく、 患者さんによって負担の小さい治療で虫歯を治すことができます。
さらに、定期的に検診を受けていれば虫歯の予防もしやすくなるでしょう。  

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯の治療と痛みについてまとめます。

1. 最大の対処法は虫歯を予防すること :デンタルフロスやプラークテスターを使えばプラークの除去率が高まる
2. 虫歯は早期治療する :早期治療すれば大きな治療を必要としないため、簡単な治療で虫歯を治すことができる
3. 麻酔の痛みを軽減する :無痛治療を導入している歯科医院だと、表面麻酔などを使用して対処している
4. 痛み止めの処方 :治療中ではなく治療後の痛みへの対処。市販の痛み止めを使用しても問題ない
5. 定期的に検診を受けておく :定期的に検診を受けることで、虫歯の重症化を防ぐことができる

これら5つのことから、虫歯の治療と痛みについて分かります。
治療時の痛みの感じ方には個人差がありますし、歯科医の腕も関係することから、 ハッキリと痛みの程度を明言することはできません。

しかし、治療時の痛みに対してこのような対処方法があることは事実であり、 虫歯治療の痛みが気になる人は無痛治療を導入している歯科医院を探してみると良いでしょう。
最も、最近では多くの歯科医院で無痛治療を導入しており、痛みを軽減しやすくなっています。

PAGE TOP