ホーム >Blog > 予防歯科という診療科目があるのですか?

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

予防歯科という診療科目があるのですか?

  西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。 今回のテーマは「診療科目:予防歯科」です。 歯科ではさまざまな診療科目があり、症状に応じて適切な診療科目の受診が必要です。   例えば、矯正を希望する場合は矯正歯科をはじめ、矯正に対応した歯科医院で治療を受ける必要があり、 そんな診療科目の中には予防歯科というものもあります。 そこで、ここでは予防歯科という診療科目について解説していきます。  

予防歯科の目的

予防歯科で行うことは、文字どおり虫歯を予防することです。 多くの人は日常生活の中で虫歯を予防していますが、時には発症することがあり、 そうなった時に歯科医院に行って虫歯を治します。   つまり、虫歯において歯科医院は症状を治すために来院する人がほとんどです。 しかし、歯科では虫歯を治すためだけでなく、予防するための治療にも対応しています。 予防歯科はそんな予防治療に対応した診療科目であり、その目的は虫歯を予防することにあります。  

予防歯科の必要性

予防治療とはいえ、治療は治療ですから受診すれば費用がかかります。 そのため、虫歯を予防するために敢えてお金を支払うのは、勿体ないと感じる人もいるでしょう。 確かに、自分だけで虫歯を予防できれば予防歯科を受診する必要はありません。 しかし実際には難しく、その理由として次のことが挙げられます。  

歯磨きの精度の問題

いくら綺麗に歯を磨いても、常に100%プラークを除去できる人はまずいません。 無色透明のプラークを除去しきることは難しいですし、プラークの付着した箇所によっては磨くことも困難です。 そのため、必ず磨き残しが発生して虫歯の原因菌が残ってしまうのです。  

虫歯になりかけの状態は自覚しづらい

歯が痛くなってすぐに歯科医院に行ったとしても、虫歯は既に進行しています。 というのも、虫歯になりかけの状態では痛みがなく、痛みを感じた時点でその虫歯は進行しているのです。 とはいえ、痛みのない状態で虫歯の可能性を疑うのは難しく、多くの人が進行させてしまいます。  

二次虫歯の予防は難しい

一度虫歯を治した歯が再度虫歯になることを二次虫歯と呼びます。 二次虫歯は劣化などが原因で詰め物の接着が弱まり、生じた隙間から細菌が入り込むことで起こります。 しかし、詰め物の劣化に気づくのは難しく、そのため最初の虫歯に比べて予防が難しいのです。  

予防歯科の治療内容

予防歯科では以下の治療を受けることができ、いずれも虫歯予防において高い効果を持っています。  

虫歯の有無を確認

虫歯を予防する治療に対応した予防歯科ですが、もちろん虫歯の有無もチェックします。 そのため、虫歯が発症しても早く発見することができ、そのまま治療を受けることができます。 定期的に予防歯科を受診していれば、例え虫歯になっても重症化を防ぐことができるでしょう。  

唾液の検査

唾液の質は人によって異なりますし、虫歯の発症しやすさとも深く関係しています。 そこで、唾液の検査を行って患者さんがどの程度虫歯が発症しやすいのかを確認します。 仮に虫歯が発症しやすいことが分かれば、唾液の質に応じた効果的な対処方法を提案します。  

フッ素塗布

フッ素を塗布することで、虫歯の原因菌が出す酸に溶かされにくい強い歯になります。 もっとも、フッ素は日常で使用する歯磨き粉の中にも含まれていますが、 フッ素塗布で使用するフッ素はより濃度が高いため、虫歯を予防しやすくなるのです。  

歯のクリーニング

PMTCとも呼ばれるもので、予防歯科では歯のクリーニングを行います。 歯を隅々まで綺麗にしてプラークを除去できる上に、歯磨きでは対処できない歯石も除去できます。 クリーニング後は、触れると実感できるほど歯がツルツルになります。  

ブラッシング指導

正しい歯磨きの方法を指導して、毎日の歯磨きの効果を高めます。 自分の歯並びに合った歯磨きの仕方を覚えることで、効率良くプラークを除去できるようになりますし、 プラークを除去しやすい歯ブラシの選び方なども分かるようになります。  

生活習慣改善のアドバイス

「糖の摂取が多い」「回数だけ重視して精度を無視した歯磨きをしている」など、 日常生活の過ごし方次第では虫歯が発症するリスクが大幅に高まります。 そこで、食生活を含めた患者さんの生活習慣をヒアリングして、改善すべき点を明確にしてアドバイスします。  

まとめ

いかがでしたか? 最後に、診療科目:予防歯科についてまとめます。   1. 予防歯科の目的 :虫歯を治すことではなく予防すること 2. 予防歯科の必要性 :自分だけで虫歯を予防するのは難しいため、受診の必要性は高い 3. 予防歯科の治療内容 :虫歯の有無の確認、唾液検査、フッ素塗布、歯のクリーニングなど   これらのことから、診療科目:予防歯科について分かります。 中には、虫歯を予防するための治療が存在することを知らなかった人もいるのではないでしょうか。 予防歯科を受診することで、虫歯だけでなく歯周病も予防しやすくなります。

PAGE TOP