ホーム >Blog > 見た目が気になりますが、銀歯を白くできますか?

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

見た目が気になりますが、銀歯を白くできますか?

  西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。 今回のテーマは「審美性の高い人工物の素材」です。 銀歯は目立つ素材のため、使用していると人前で口を開けることに抵抗がある人もいるでしょう。   これが天然の歯ならホワイトニングという解説方法がありますが、 人工物である銀歯をホワイトニングすることは不可能です。 この場合、セラミック治療をすることで審美性の問題を解決できます。  

セラミック治療とは

セラミック治療とは、人工物の素材をセラミックにすることです。 「銀」「金」「レジン」「チタン」など、人工物にはさまざまな素材がありますが、 その中で最も美しいのが「セラミック」であり、近年では希望する人が増加しています。   初めて人工物を使用する人はもちろん、既に他の素材の人工物を使用している人もセラミックへの交換があり、 このようにセラミックの人工物を入れることをセラミック治療と呼びます。 人工物を白くしたいのであれば、このセラミック治療で対応することになります。

セラミックの希望者が多い理由

以前まで、人工物の素材といえば銀歯やレジンが一般的でしたが、 なぜ現在ではセラミックを希望する人が多いのでしょうか。 それは、セラミックには他の素材にはない以下のメリットがあるからです。

見た目が美しい

審美性の高さがセラミックの最大のメリットです。 白さは天然の歯に近い自然な白さを再現しており、さらに色の調節も可能です。 そのため、セラミックだけ極端に白くなるなど、不自然な見た目になる心配もありません。

二次虫歯を予防しやすい

セラミックにすることで、虫歯の再発を予防しやすくなります。 陶器の素材は表面がツルツルしているので汚れが付着しにくいですし、 歯とピッタリ接着することで隙間が生じにくく、細菌が入り込みにくいのです。

長く使える

銀歯の場合は2年ほどで劣化が見られますし、長く使えても5年ほどでしょう。 その点、自由診療のセラミックは素材としての耐久性が高く、 ケアさえしっかりしていれば10年や15年使用できるケースも珍しくありません。

金属を使用していない

金属アレルギーの人は、それ自体が理由で銀歯を使用できません。 陶器であるセラミックは身体に優しい素材であり、金属アレルギーの人でも安心して使用可能です。 ただし、メタルボンドと呼ばれるタイプは金属を使用しています。

セラミックの種類

セラミックにする場合、次の4つの種類の中から選択することになります。

オールセラミック

100%セラミックでできているため、セラミックの中で最も高い審美性を持っています。 さらに年数経過による変色も起こらず、使用している間はずっと美しさを維持できます。 費用の高さは欠点ですが、性能を重視する人におすすめのセラミックです。

ハイブリッドセラミック

レジンにセラミックの微粒子を練り込んであるので、素材的にはレジンとセラミックの中間に位置します。 もちろんレジンよりも美しく、セラミックの効果を充分実感できる素材です。 レジンを使用しているので変色しますが、費用が安いのでお手軽なセラミックです。

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けたタイプです。 フレームが金属なのでセラミックでありながら強度が高く、奥歯にも安心して使えます。 ただし、見る角度によっては金属が見えてしまうことと、金属アレルギーの対象になるのが欠点です。

ジルコニアセラミック

人工ダイヤモンドを使用したタイプで、メタルボンド同様に強度の高さが特徴のタイプです。 ただし、メタルボンドよりも審美性が高く、さらに金属も使用していません。 タイプとしてはメタルボンドの上位モデルであり、その分費用は高くなります。

保険診療のセラミック

セラミックは基本的に自由診療ですが、一定の基準を満たしている場合は健康保険適用が可能です。 ただし、上記の中から種類を選べるわけではなく、以下のような制限があります。  
  • 被せ物に限られる
  • 素材はハイブリッドセラミックに限られる
  • 従来のハイブリッドセラミックに比べて審美性・耐久性で劣る
  • 治療対象となる歯の部位が限られる
  さらに、これらに加えて歯科医院側にも基準が定められています。 これらは患者さん自身で判断するのが難しいため、 保険診療でセラミック治療を希望する人は歯科医に相談してみると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 最後に、審美性の高い人工物の素材についてまとめます。   1. セラミック治療とは :被せ物など、人工物の素材をセラミックのものにする治療 2. セラミックの希望者が多い理由 :見た目の美しさ、二次虫歯の予防しやすさ、寿命の長さなど 3. セラミックの種類 :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミック 4. 保険診療のセラミック :ハイブリッドセラミックに限り、健康保険を適用させることができる   これら4つのことから、審美性の高い人工物の素材について分かります。 費用の安さだけで選択するなら、人工物の素材は銀歯やレジンにするべきでしょうが、 人工物に審美性や機能性を求めるなら、おすすめの素材はセラミックです。 メリットとデメリットを把握して、自分に一番合ったセラミックを選びましょう。

PAGE TOP