ホーム >Blog > 虫歯は絶対に治療しないとダメですか?

訪問診療をはじめました
削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

虫歯は絶対に治療しないとダメですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「虫歯の放置」です。
虫歯になった場合、歯の健康よりも痛みの解消を目的に治療を希望する人がいます。

そのような考えの人の中には、虫歯の痛みを我慢できれば治療は必要ないと思う人も少なくなく、
実際に虫歯を自覚しつつも放置してしまっている人がいるのです。
しかし、例え痛みを我慢できても虫歯は絶対に放置してはいけません。

虫歯は自然には治らない

まず知っておいてほしいのは、一度でも進行した虫歯は自然に治らないということです。
例えば、風邪の場合は安静にしていれば時間の経過で症状はおさまっていくでしょう。
しかし、虫歯の場合はいくら安静にしても治ることはなく、もちろんいくら歯磨きしても治りません。

もっとも、初期の虫歯ならケア次第で治る見込みがありますが、
進行した虫歯が自然に治ることはなく、痛みを感じた時点でその虫歯は既に進行しているのです。
そのため、治療しない限り虫歯の原因菌はずっと生き続けることになってしまいます。

痛みが激痛に変化する

虫歯で痛みを感じるのは、虫歯の穴が刺激に敏感な象牙質まで到達するためです。
虫歯の穴が象牙質に到達することで象牙質は露出した状態になり、
衝撃・温度差・風などを感じると刺激となって歯がしみてしまうのです。

このような症状を知覚過敏と呼び、つまり虫歯の痛みの正体は知覚過敏によるものです。
しかし、さらに虫歯が進行すれば今度は神経まで到達、そうなると神経が炎症を起こしてしまいます。
そうなると痛みは激痛へと変化、刺激の有無関係なく歯は常にズキズキと激しく痛むようになるのです。

神経を失う

痛みが激痛に変化した後、さらに虫歯が進行すると一変して全く痛みを感じなくなります。
中にはこれを虫歯が治ったと勘違いする人がいますが、実はそうではありません。
痛みを感じなくなったのは、虫歯の進行によって神経が死んでしまったことが理由です。

つまり、虫歯を放置すればいずれは神経を失うことになり、失った神経を再生させることは不可能です。
神経を失えば歯に栄養が行き届きにくくなるため、歯は脆くなりますし、
見た目も黒く変色して細菌にも感染しやすい状態になってしまいます。

歯を失う

神経を失い、さらに虫歯を放置すればその虫歯は重症化します。
ここまで虫歯が進行すると歯はボロボロに溶かされており、原形を留めていないでしょう。
残骸のように残った歯では、もはや歯としての役割を果たすことはできません。

そうなると抜歯の処置が必要となり、例え治療しても歯を残せなくなってしまうのです。
もっとも、歯を残せないなら治療する意味がないと思う人もいるでしょうが、
依然虫歯を放置し続けることで虫歯は本当の怖さを見せるのです。

深刻な病気を引き起こす

虫歯を放置し続ければいずれ歯を失いますが、歯を破壊した虫歯の原因菌はまだ生き続け、
今度は血液の中に入り込み、血管を通って身体の至るところにまわっていきます。
そして、場合によっては脳や心臓にまわってしまうこともあるのです。

この時、虫歯の原因菌が脳にまわることで脳梗塞、心臓にまわることで心筋梗塞が起こることがあり、
虫歯の放置は命にかかわる大きな病気が起こる要因になります。
確率的にはごく稀であるものの、実際に虫歯を放置して死に至った事例も世界で報告されています。

辛い治療が必要になる

虫歯の治療は大人でも嫌に感じるものですが、治療内容は虫歯の進行度によって大きく異なります。
例えば、完全な初期の虫歯なら歯を削らずに再石灰化を促進させれば治すことが可能です。
また、歯を削る場合も虫歯が浅ければ狭い範囲のみ削るだけで治療できるでしょう。

一方、虫歯を放置すればそれだけ虫歯が進行するため、歯を削る範囲も広くなりますし、
神経の除去・根管の清掃と消毒を目的にした根管治療が必要になるケースもあります。
つまり、虫歯を放置することは患者さんにとって辛い治療を行うことになるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯の放置についてまとめます。

1. 虫歯は自然には治らない :一度でも進行した虫歯は、治療しない限り治らない
2. 痛みが激痛に変化する :神経まで虫歯が進行することで、ズキズキと激痛を感じるようになる
3. 神経を失う :神経まで虫歯が進行することで、神経が失われてしまう
4. 歯を失う :虫歯が重症化した場合、歯はボロボロになって役割を果たせない状態になる
5. 深刻な病気を引き起こす :虫歯の原因菌が全身にまわることで、脳梗塞・心筋梗塞が起こる要因になる
6. 辛い治療が必要になる :虫歯を放置すればそれだけ虫歯は進行し、治すために大きな治療が必要になる

これら6つのことから、虫歯の放置について分かります。
進行した虫歯は自然には治らないため、放置すれば症状はどんどん酷くなっていきます。
痛みが増し、神経を失い、歯も失い、そして命にかかわる病気を招く危険性もあるのです。
これは怖い事実ですが、虫歯を放置さえしなければそのような事態になることはなく、
虫歯になった時にはすぐ歯科医院に行って治療を受けてください。

PAGE TOP