歯科医院ではなく自宅でホワイトニングをしたいです

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「ホームホワイトニングの説明」です。
仕事があると通院するのが容易ではなく、スケジュール管理に苦労する人も多いでしょう。

それでも病気の場合は治療が必須ですから、何とか通院していち早く病気を治そうと考えますが、
病気ではない治療…すなわち審美治療の場合は、可能なら自宅で行いたいと思うものです。
そこで、歯科の審美治療であるホワイトニングを自宅で行うことについて説明します。

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは歯を白くするための治療です。最も、本当に歯が白くなるわけではなく、
薬剤の効果で歯の表層のエナメル質の構造を変化させ、
マスキング効果をもたらして変色した象牙質をうつらなくさせるのがホワイトニングの仕組みです。

例えるなら、浴室の透明ガラスを曇りガラスにかえることに等しく、
浴室が透けてしまう透明ガラスを曇りガラスにすることで、浴室を見えないようにさせています。
これが歯科治療のホワイトニングであり、基本的にホワイトニングは歯科医院で行います。

自宅でできるホワイトニング

実はホワイトニングには種類があり、その中には自宅で行えるものもあるのです。
それはホームホワイトニングと呼ばれる方法で、従来のホワイトニングと同じ薬剤を使用しています。
ただし濃度は薄くなっており、これは歯科医ではなく患者さんが薬剤を取り扱うことへの安全性の配慮です。

濃度が薄いことで歯が白くなるまでに時間がかかるのがデメリットですが、
その一方で薬剤が深く浸透して白さを長持ちさせられるというメリットもあります。
歯科医院で行うホワイトニングは早く白くなる一方で後戻りも早く、これと真逆の特徴だと考えてください。

ホームホワイトニングの注意点

自宅で行えるのが大きなメリットのホームホワイトニングですが、次の点には注意が必要です。

通院は必要

自宅で行えるという点から通院の必要性が一切ないように思えますが、
ホームホワイトニングにおいても通院は必要です。
これは、使用する薬剤やマウスピースの受け取りが歯科医院になるためです。

また、経過観察のために歯科医院に行かなければならないこともあり、
このため、「ホームホワイトニング=通院の必要がない」と思ってしまうと間違いになるでしょう。
最も、歯科医院で行うホワイトニングに比べると通院の回数は少なくてすみます。

1日2時間のマウスピース装着が必要

ホームホワイトニングでは、歯に薬剤を塗布する手段としてマウスピースを使用します。
薬剤を詰めたマウスピースを2時間装着する…これがホームホワイトニングの方法です。
逆に言えば、マウスピース装着の時間を確保できないのであれば、ホームホワイトニングはできません。

つまり、1日2時間のマウスピース装着が可能であることがホームホワイトニングを行う上での前提となり、
これができない人の場合は物理的にホームホワイトニングするのは不可能です。
このため、ホームホワイトニングを希望する際にはまずこの時間の確保をしてください。

その他のホワイトニングについて

ホワイトニングを希望する場合、選択肢は3つあります。
1つは今回説明したホームホワイトニング、後の2つはオフィスホワイトニングとデュアルホワイトニングです。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングで、みなさんが想像しているのはおそらくこの方法ではないでしょうか。
マウスピースは使いませんが使用する薬剤はホームホワイトニングと同じで、
薬剤の濃度が高いため早く歯が白くなりますが、一方で後戻りも早くなります。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用したホワイトニングで、
それぞれのメリットを活かしているため、ホワイトニングの中で最も効果の高い方法です。
このため効果だけで比較すれば最もおすすめの方法ですが、その分費用は高くなります。

…ホームホワイトニングを含め、いずれのホワイトニングも効果は永久ではありません。
ただしホワイトニングは重ねて行えるため、定期的に行うことで白さを維持できます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ホームホワイトニングの説明についてまとめます。

1. ホワイトニングとは :薬剤によって無色透明のエナメル質にマスキング効果をもたらし、歯を白く見せる
2. 自宅でできるホワイトニング :ホームホワイトニング。効果が出るまで時間がかかるが、白さが長持ちする
3. ホームホワイトニングの注意点 :通院は必要、1日2時間のマウスピース装着が必要
4. その他のホワイトニングについて :オフィスホワイトニングとデュアルホワイトニングがある

これら4つのことから、ホームホワイトニングの説明について分かります。
自宅で行えるのが便利なホームホワイトニングですが、イコール通院が必要ないというわけではありません。
ホワイトニングをするための薬剤やマウスピースの受け取り、経過観察、
これらの目的で歯科医院に行く必要があり、その点は紛らわしいので注意してください。