ホーム >Blog > 歯周病さえ予防すれば、歯を失うことはないですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4.6
神経を抜かない治療
週刊早稲田
求人情報
西永福歯科
講演依頼

歯周病さえ予防すれば、歯を失うことはないですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「虫歯で歯を失うケース」です。
歯を失う原因を考えた時、みなさんが真っ先に想像するのは歯周病ではないでしょうか。

と言うのも、「歯を失う=歯が抜ける」とイメージしますし、「歯が抜ける=歯周病」とイメージするからです。
しかし、歯は抜けて失うとは限らず、歯科治療の抜歯、もしくは溶けて失うこともあり、
つまり歯周病だけでなく虫歯で歯を失うこともあります。

虫歯の進行と症状

虫歯が進行すれば痛みが増しますが、それだけでなく歯も溶かされていきます。
そもそも、虫歯とは虫歯菌によって歯が溶かされる病気であり、痛みは自覚症状の一つでしかありません。
ですから、虫歯を放置すれば歯はどんどん溶かされていきますし、やがて歯はボロボロになってしまいます。

そうなると、歯はそこにあるのかも分からない状態になってしまい、治療しても抜歯の処置をするしかなく、
つまり虫歯が重症化してしまえば歯を失うことになるのです。
このため、虫歯を放置すれば例え若い人でも確実に歯を失ってしまいます。

二次虫歯の怖さ

「虫歯を放置すれば歯が完全に溶かされ、治療しても抜歯しなければならない」、
これが虫歯で歯を失う理由ですが、この理由から虫歯をきちんと治療すれば歯を失わないと考えられます。
確かにそのとおりで、虫歯になってもそれを早く治療すれば詰め物や被せ物で処置できるでしょう。

ただし、二次虫歯の場合は例外で、二次虫歯は例え早く治療しても歯を失うことがあります。
と言うのも、二次虫歯は何度でも繰り返される可能性があるからで、
「虫歯で歯が溶かされて治療で歯を削る」…これを繰り返せば少しずつ歯が失われてしまうのです。

虫歯で歯を失わないためには

虫歯で歯を失わないためには、次の3つのことを守る必要があります。

虫歯を予防する
虫歯を早期治療する
二次虫歯を予防する

虫歯を予防すれば歯を失うことにならないのは当然ですし、重症化する前に早期治療することも大切です。
また、二次虫歯を予防すれば虫歯の再発の繰り返しで歯を失う事態を防げます。
これら3つを守る上では、それぞれ次のことが効果的です。

虫歯を予防するには

デンタルフロスを使った磨き残しの少ない歯磨きと、食生活の改善がポイントです。
歯磨きにおいて大切なのは精度であり、その点でデンタルフロスの使用は大きな効果があります。
また、糖の摂取を控える、間食を控えるなど食生活の改善によって虫歯になるリスクを下げられます。

虫歯を早期治療するには

定期検診の受診がポイントです。歯に痛みを感じた時点でその虫歯は既に進行しており、
虫歯を早期治療するには痛みを感じる前の時点で虫歯を発見して治療しなければなりません。
ただそれだと自分で虫歯に気づくのは難しく、定期検診を受けて歯の健康状態をチェックしてもらいましょう。

二次虫歯を予防するには

詰め物や被せ物をセラミックにすることと、定期検診の受診がポイントです。
セラミックはプラークが付着しにくく、また接着が剥がれにくいメリットがあり、二次虫歯の予防に効果的です。
さらに定期検診を受ければ詰め物や被せ物の異常も発見できるため、これも二次虫歯の予防につながります。

歯を失う以上の虫歯の怖さ

歯周病だけでなく虫歯でも歯を失いますが、虫歯の本当の怖さは歯を失うことではありません。
虫歯は放置すれば歯をボロボロに溶かしてしまいますが、
治療しなければその後も虫歯の原因菌は生き続けています。

その虫歯の原因菌はやがて血液に入り込み、血管から全身に回ってしまうのです。
そして、脳に回ることで脳梗塞が、心臓に回ることで心筋梗塞が起きてしまう危険性があります。
実際にこれらが起こる確率は低いですが、事実これらの病気が起こって死亡した例もあるのです。

つまり、虫歯は「歯を失う病気」だけでなく「命を失う病気」としての一面もあり、
その意味で虫歯になった時には絶対に治療しなければなりません。
これが虫歯という病気が持つ本当の怖さと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯で歯を失うケースについてまとめます。

1. 虫歯の進行と症状 :虫歯が進行すると、虫歯の原因菌の出す酸によって歯がどんどん溶かされていく
2. 二次虫歯の怖さ :二次虫歯を繰り返すことで、歯を少しずつ確実に失われていく
3. 虫歯で歯を失わないためには :虫歯の予防、虫歯の早期治療、二次虫歯の予防の3つがポイント
4. 歯を失う以上の虫歯の怖さ :虫歯は「歯を失う病気」と同時に「命を失う病気」としての一面も持つ

これら4つのことから、虫歯で歯を失うケースについて分かります。
虫歯の怖さを歯の痛みと考える人が多いでしょうが、
それ以上に歯を失う怖さもあり、さらに命を失う怖さすらあります。
このため虫歯は絶対に予防すべきですし、発症してしまった場合も早期治療しなければなりません。

PAGE TOP