歯が痛くないのに虫歯の可能性があるというのは本当ですか?

西早稲田の歯医者さん、西早稲田駅前歯科矯正歯科です。
今回のテーマは「虫歯による歯の痛みについて」です。
虫歯がない自信のある人に質問ですが、それは何を根拠に言えることなのでしょうか。

仮に歯が痛くないことを根拠にしているなら、それは虫歯のない根拠にはなりません。
確かに虫歯になると歯が痛みますが、痛まないケースの虫歯もあるのです。
つまり、歯が痛くないのに虫歯がある…そんな可能性もあるのです。

なぜ虫歯になると歯が痛むのか

そもそも、なぜ虫歯になると歯が痛むのでしょうか。
虫歯によって感じる歯の痛みは、主に知覚過敏と神経の炎症が原因です。
まず知覚過敏ですが、これは象牙質が刺激を受けることで歯が痛む症状のことです。

歯の表面のエナメル質が破損している、もしくは傷ついている場合、
歯に受けた刺激が象牙質に直接伝わるため、その刺激によって歯に痛みを感じます。
さて、虫歯が進行すれば象牙質まで虫歯の穴が届きますから、患部のエナメル質は失われてしまいます。

そうなると患部は象牙質が露出した状態に等しくなり、そのため知覚過敏が起きてしまうのです。
またズキズキと激しい痛みを感じる場合、虫歯がさらに進行して神経が炎症を起こしています。
感覚を伝える神経が炎症を起こすことで、ズキズキと眠れないほどの激痛を感じてしまうのです。

歯に痛みを感じない虫歯とは

「虫歯=歯が痛む」のイメージがありますが、必ずしもそうとは限りません。
まず初期の虫歯…虫歯は最初歯の表面で発症しますが、歯の表面はエナメル質で覆われています。
エナメル質は歯を刺激から守っていますから、歯の表面が虫歯になった状態では痛みを感じません。

また、虫歯が神経まで進行すると激痛を感じますが、そこからしばらく経つと一変して痛みを感じなくなります。
これは虫歯によって神経が死んでしまったことが原因であり、
感覚を伝える神経が死んでしまうことで痛みを感じなくなるのです。

さらに、二次虫歯においては虫歯の進行度関係なく歯が痛まないケースがあり、
これは最初の虫歯治療で神経を失っている場合に言えることです。
このようなケースがあることから、歯が痛くないのは虫歯がない根拠にはならないのです。

虫歯を自覚できない問題

虫歯治療を経験したことがある人は、そもそもなぜ自分が虫歯になっていることに気づいたのでしょうか。
おそらくですが、多くの人は歯に痛みを感じたことで虫歯に気づいたのだと思います。
歯が痛むことで虫歯の可能性を考えて歯科医院に行く…その結果虫歯が発覚したというパターンです。

ここで問題なのは、歯の痛みが虫歯を自覚したきっかけであるという点です。
歯が痛むことで虫歯を自覚できたのであれば、歯が痛くなければ虫歯を自覚できないことになり、
そう考えると歯が痛まない虫歯の場合、虫歯を自覚できずに進行を許してしまう可能性が高いのです。

特に神経を失った歯の二次虫歯の場合、虫歯による痛みを感じることもなければ、
詰め物や被せ物で覆われているため虫歯を目で見て確認することもできません。
痛みを感じないことで虫歯を自覚しにくくなり、虫歯を自覚できないことで進行させてしまうのです。

痛みを感じない虫歯を発見するには

痛みを感じない虫歯は自覚しにくく、そのため虫歯を発見するのが難しく思えますが、
定期検診を受けることでその問題は簡単に解消できます。
と言うのも、定期検診では歯科医が口の中の健康状態を確認するからです。

このため、痛みを感じないほど初期の虫歯はもちろん、
詰め物か被せ物の異常や二次虫歯の発見も可能です。
もちろん、虫歯を発見した時点で治療できるため、定期検診を受けることで虫歯の重症化を防げます。

また、定期検診の受診は虫歯を予防効果が高まるメリットもあります。
歯のクリーニング、ブラッシング指導、食生活を含めた生活習慣改善のアドバイスなど、
虫歯を治すためではなく予防するための充実した治療を受けられます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯による歯の痛みについてまとめます。

1. なぜ虫歯になると歯が痛むのか :虫歯の進行によって知覚過敏や神経の炎症が起こる
2. 歯に痛みを感じない虫歯とは :初期の虫歯、神経が死ぬほど進行した虫歯、神経を失った歯の二次虫歯
3. 虫歯を自覚できない問題 :歯に痛みを感じない虫歯は、負担はないが虫歯を自覚しにくく進行しやすい
4. 痛みを感じない虫歯を発見するには :定期検診を受診すれば確実な発見と治療が可能

これら4つのことから、虫歯による歯の痛みについて分かります。
ちなみに、口の中の代表的な病気として虫歯以外に歯周病がありますが、
歯周病もまた痛みがなく、それ以外の自覚症状もほとんどありません。

このため、歯が痛いのは口の中が健康な根拠にはならず、
気づかない間に虫歯や歯周病になっている可能性があるのです。
それを防ぐためにも、必ず定期的に検診を受けて予防や早期発見を心掛けてください。